2017年8月16日 (水)

立山黒部アルペンルート

今回の旅の目的は、黒部ダムの観光放水を見ること。黒部ダムには2回行っているけれど、未だ見たことがありません。さあどうでしょう〜三度目の正直となるか?朝一番に黒部アルペンルートに出発です。立山駅〜美女平まで立山ケーブルカー、美女平〜室堂まで高原バス、室堂〜大観峰まで立山トンネルトロリーバス、大観峰〜黒部平まで立山ロープウェイ、黒部平〜黒部湖まで黒部ケーブルカーと乗り継いで、やっと黒部ダムに到着。さて観光放水は?やっていました!念願が叶って嬉しい〜ダム展望台までの長い階段を上りながら、沢山写真を撮り大満足。黒部ダム〜扇沢まで関電トンネルトロリーバスに乗り、扇沢から東京に帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

黒部峡谷トロッコ電車

東京を朝早く出発して宇奈月駅へ。今日は、黒部峡谷トロッコ電車に乗車して宇奈月駅から鐘釣駅間を往復しました。都内を出る時は小雨が降っていたので心配していた天気は、こちらはどんよりとした曇り空。用意していた雨具の出番も無く、ホッとしました。トロッコ電車の車内のアナウンスは、女優の室井滋さん。明るい口調で、ときにはクイズや富山の方言を交え、楽しく観光案内していました。写真は黒薙駅に向かうトロッコ電車。車内から撮った一枚です。今夜は魚津に泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

札幌

午前中は、11時50分の集合時間までフリータイムなので北海道神宮へ行って来ました。札幌駅からタクシーで15分。ここも一の宮です。御祭神は、四柱の神様・大国魂神、大那牟遅神、少彦名神、明治天皇をお祀りしています。明治4年5月14日に「札幌神社」と社名が定められ、昭和39年10月5日、明治天皇が御増祀となり「北海道神宮」と改称されました。御朱印と御守りをいただき「北海道神宮」にお詣りするという念願が叶い嬉しい。
札幌駅発12時15分・特急北斗12号に乗車して新函館北斗駅へ。お昼は、札幌駅の「石狩鮭めし」駅弁。デザートは、車内販売の北華楼の「妖精の森」バウムクーヘンと「十勝アイスクリーム」。ちなみにJR北海道の車内販売が利用できる列車は、札幌ー函館間を走る「スーパー北斗」と「北斗」のみ。他の列車に車内販売はありません。16時17分・北海道新幹線はやぶさ30号に乗り換えて東京駅着は20時32分の予定です。
写真は北海道神宮。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

稚内

旭川駅発9時・特急宗谷に乗車。今日もよい天気。幌延を過ぎ、豊富から南稚内の間に利尻富士が見えました。日本最北端の駅・稚内に12時40分着。昼食後、バスに乗り換えて稚内から宗谷丘陵(黒牛やエゾシカが見えました)を通り、日本最北端の地碑のある宗谷岬へ。去年の11月に訪れたときは、氷点下の寒さに震えたけれど、今日も冷んやりした“やませ”が吹き肌寒い〜猿払村に寄り、ノシャップ岬にも立ち寄り、稚内駅に戻り、駅構内のコンビニ(Seico mart)で、バスガイドさんオススメの(秘密のケンミンSHOWでも紹介された)ちくわパンとようかんパンを買い込んで、17時46分発の特急宗谷に乗車。札幌駅着は22時57分の予定です。ちなみに今夜の夕食は、稚内の駅弁「宗谷黒牛×帆立弁当」。最北の黒牛「宗谷黒牛」と「バター醤油風味の帆立」のコラボです。
写真は日本最北端の駅・稚内駅構内にある「最北端の線路」の看板。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

旭川

今日は、一日中列車の旅で下車観光はありません。それでも毎日天気に恵まれるのは嬉しい。釧路駅発8時57分・釧網(せんもう)本線に乗り網走駅へ。一両編成の快速です。釧路ー網走間を走る釧網本線は、 知床斜里からはオホーツク海を右手に見ながら網走まで走行します。一両編成なので運転席の後ろに立ってずっと風景を眺めている人もいました。停車する無人の駅舎(有人駅は釧路・標茶・摩周・知床斜里・網走のみ)も風情があります。網走駅着11時53分。お昼は、網走駅の駅弁「かにめし弁当」。石北(せきほく)本線に乗り換え、12時35分発・特急大雪4号に乗車。途中、遠軽駅でスイッチバックして方向転換します。私たちもシートを回転させてスタート。旭川駅に着いたのが16時19分。乗り換え時間を除いて約7時間!今日も車窓からの眺めを満喫しました〜
写真は釧路駅ホームで発車を待つ一両編成の快速「しれとこ」。この電車で網走に向かいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

釧路

今朝の帯広駅前の温度計を見ると16℃。さすがに肌寒い〜。帯広駅9時26分発特急スーパーおおぞら1号に乗車して釧路駅へ。根室本線に乗り換え13時22分に根室駅に到着。気温は14℃。バスに乗って、今日唯一の見学個所、北海道本土最東端の納沙布岬へ。曇り空だったので北方四島は見えず残念。昼食は花咲ガニ御膳。日本最東端の駅・東根室駅(無人駅)までバスで送ってもらい、16時12分発の普通電車に乗車。途中、何度も線路近くに出没する鹿やキツネの姿が見えましたが、衝突することなく無事18時51分釧路駅着。今夜は釧路泊まりです。
写真は日本最東端の駅・東根室駅に到着した根室始発の一両編成の普通電車。この電車で釧路に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

帯広

今日から「北海道鉄道紀行5日間」ツアーに参加しています。東京駅8時20分発北海道新幹線はやぶさ5号に乗車。昼食は、仙台駅駅弁「網焼き牛タン弁当」。新函館北斗駅で12時34分発・特急スーパー北斗11号に乗り換え。函館は快晴‼️車窓から大沼公園の駒ケ岳がくっきり見えました。車内で列車限定販売(大沼公園積込み・札幌行下りのみ)の「大沼だんご」(小粒なみたらしと餡子の団子がぎっしり詰まっている)を買い、頬張っていたら、八雲駅到着前に列車が急停車。列車が鹿と衝突し、跳ね飛ばされた鹿は藪の中に落ちた模様。列車に影響がなかったので直ぐに発車。南千歳駅には5分遅れで15時時35分着。さらに特急スーパーとかち5号に乗り換えて帯広駅に着いたのが19時!駅での乗り換え時間を除いても約9時半、乗りっぱなし!でも念願の北海道鉄道紀行!明日からの旅が楽しみです。
写真は南千歳駅ホームで撮った「スーパーとかち5号」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

安倍文殊院

旅の最後の日。最初に安倍文殊院へ。御本尊は「三人寄れば文殊の知恵」の格言で有名な文殊菩薩。僧侶の法話をうかがいながら智恵のお抹茶とお菓子をいただき、日本最大(7m)快慶作の国宝を拝観して、桜が開き始めた境内を散策しました。次に奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺へ。こちらの桜も開き始めたところ。仁王門をくぐり399段、上中下の三廊にわかれている登廊を上り本堂へ着くと、素晴らしい景色が広がります。最後に樹齢300年のしだれ桜2本を見に大野寺へ。みごとにつぼみ!今日の暖かさに明日には開花しそうな予感(笑)
これから三河安城駅へ向かい、新幹線に乗車して帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

大神神社

快晴!朝一番に吉野山へ。バスに乗り込むと添乗員さんから「今日は桜鑑賞から歴史探訪の旅へと頭を切り替えて行きましょう」という声がけが(笑)桜が咲いていたら素晴らしい景色が見えたはずの吉野山。銅の鳥居、金峯山蔵王堂、吉水神社をめぐり、たっぷり3時間散策した後、飛鳥を代表する遺跡の石舞台古墳を見て、日本最古の神社である大神神社へ。大神神社はご祭神の大物主大神がお山に鎮まるために、古来本殿は設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居(明神型の鳥居を横一列に三つ組み合わせた独特の形式)を通し三輪山を拝するという原初の神祀りの様を伝える最古の神社です。参集殿に行き、お願いして拝殿の横から三ツ鳥居をそっと見せていただくことが出来ました。最後に郡山城跡に。城跡のしだれ桜は満開、ソメイヨシノは3分咲きといったところ。今夜も奈良市内に泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

氷室神社

今日から3日間奈良名桜めぐりツアーに参加しています。最初に高円山ドライブウェイを走り桜並木をドライブ。でもほとんど桜は咲いておらず、今回のツアーは桜を見るというより桜を探すツアーになりそうな予感(笑)。奈良市内に入り、氷室神社へ。氷室神社のしだれ桜は「奈良一番桜」と呼ばれ、奈良で最も早く開花する桜であると言われています。まさに満開!境内には様々なしだれ桜が植えられていますが、最も素晴らしいのは「四脚門」と呼ばれる門の前にある樹齢約百年のしだれ桜。このしだれ桜を見られて奈良に来た甲斐がありました。春日大社にお詣りして奈良公園を散策し、今夜は奈良市内に泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧