2010年6月13日 (日)

語りかける風景

Img_5590 このところ心がちょっと疲れ気味。絵画を鑑賞して心を癒そうと思っても、人気の美術館は長蛇の列。さらに疲れてしまいそう。そうしたら、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ストラスブール美術館所蔵「語りかける風景」コニー、モネ、シスレーからピカソまで」(5月18日~7月11日)のチケットをもらったので、行くことに。ふだん美術館のチケットをもらっても人にあげて、殆ど行かないのに、フランス・アルザス地方の都市ストラスブールの美術館から厳選された風景画というのに惹かれて。約80点の風景画は窓、人物、都市、水辺、田園、木の6つのテーマで構成され、絵画の知識のない私でも、どこか懐かしいような光景にじっと見入ってしまいました。

| | コメント (8)

2008年2月11日 (月)

六義園

Img_0184_2 駒込駅から歩いて7分のところにある「六義園」。小高い築山と広い池がある庭園。前を通ることはあっても中に入るのは初めて。正門そばの展示場では、冬牡丹が綺麗に咲いていました。庭園は、冬支度。雪吊りの周囲には、おとといの雪が少し残っていたけど、できれば雪が積もっているところがみたかったなぁ。梅やロウバイもほころび始め、 春も感じられます。次の楽しみは、3月末に咲くシダレザクラでしょうか。
Img_4757帰り道、和菓子屋さん「こうさぎ」を見つけました。この「こうさぎ最中」は、うさぎの形が可愛い最中。こしあん、粒あん、ゆずあんなど5種類の餡があって、それぞれ皮の色も違うみたい。他にもうさぎの形のお菓子がいっぱいあって、うさぎ好きには喜ばれそう。

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

日テレホワイトロード

Img_0645結局、イブも(3日連続!)イルミネーションを見におでかけ。昨夜は、汐留。まず「日テレホワイトロード」へ。シンボリックツリーをはじめ、真っ白なイルミネーションの上品で美しいこと!それから、道路を渡り「カレッタ汐留」の“海”のクリスマスイルミネーションへ。そこは、ブルーの光の粒が飛んでいる雄大な大海原「BLUE OCEAN」。Img_0709 真ん中の鐘の周りでは、クリスマスソングが流れ、まさにイブの雰囲気。3日間、イルミネーションを楽しめて(寒かったけど)、心に残る素敵なクリスマスになったのは確か。

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

Tokyo Midtown 1st Christmas

Img_0584昨夜も、イルミネーションを見に、東京ミッドタウンへ。玄関プラザのオーロラのイルミネーションを見ていたら、「別の場所の方がもっと綺麗だよ。」という声が聞こえたので、「ガレリア」を抜け、コードヤードに出たら、切子ガラスをイメージした「KIRIKO TREE」が目の前に!ツリーの中、周辺にもたくさんの人、人。次々変わる光と色がとても綺麗。そして道路を渡り「ミッドタウンガーデン」の芝生広場へ。Img_0595約2,000㎡の芝生の上、一面にブルーとホワイトのLEDが輝いて、幻想的な世界にうっとり。夜景モードで、フラッシュ禁止で撮影したけど、三脚を使わないのでどうしてもブレがち。それでも何枚かは綺麗に撮れてちょっと嬉しい。

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

TOKYO FANTASIA

Img_0551昨夜、雨降る中、日比谷公園に作られた日本最大級規模のイルミネーションツリー「TOKYO FANTASIA 2007」(12月21日~1月1日まで)を見て来ました。「東京に光の妖精が舞い降りる」というコピーのとおり、高さ42mのクリスマスツリーは、光と色彩が次々変化し、イルミネーション空間の光のアーチも素晴らしい!2ヶ所の公式グッズ売り場では、キラキラ光るラインストーンシールや、LEDランプで光るペンライト、エコカイロ、記念コインなどを販売していました。イブイブ、イブは相当混雑すると思い、わざわざ雨の中行って、確かに混雑もなく、ゆっくり園内のイルミネーションを見て回ることができましたが、寒くてシャッター押す手も震え、そのうえ傘を差しての撮影はぶれやすく、撮った写真の出来もイマイチ。ちょっと残念。

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

世田谷文学館

Img_0168世田谷文学館・春の企画展「向田邦子 果敢なる生涯」に行って来ました。世田谷文学館は、新宿から京王線に乗り、芦花公園で下車、徒歩5分のところにあります。世田谷は向田さんの生誕の地。チケットを買って2階の展示室に行くと、向田さんのパネルのそばに、久世光彦さんの「もし向田さんの作品に翳りを見てとる人がいたとしたら、それはこの目の色のせいかもしれない。暖かで、優しい目というのは、ときにたまらなく哀しい色に見えることがある。」との一文があり胸を打ちます。自筆の原稿をはじめ、N氏が撮影したという20代の向田さんのポートレートや愛蔵品の数々、実妹・向田和子さんと爆笑問題・太田光さんのビデオレター等を見ていると、向田さんが亡くなってもう25年経つというのが信じられない気がします。

| | コメント (2)

2006年12月13日 (水)

ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展

Img_0380本を開くと絵が飛び出すことから、「ポップアップ」とも呼ばれる「しかけ絵本」。その火付け役となった、アメリカの絵本作家ロバート・サブダさんの展覧会が、今日から池袋・西武ギャラリーで始まりました。数日前から池袋西武店内で、会場限定のしかけ絵本「クリスマス」を展示していたので、とても興味がありました。会場に入ると、入り口に巨大な不思議の国のアリスのPOP-UP!しかけ絵本の歴史や、サブダさんのアトリエの再現などを見てまわり、最後に絵本マーケットに着くと、しかけ絵本の洪水!あれもこれも楽しいPOP-UPを見て、迷った末に会場限定の「クリスマス」と、「不思議の国のアリス」の展覧会オリジナルポップアップカタログを買い、家で開いてみたところです。

| | コメント (0)