2016年8月26日 (金)

酢玉ねぎ

Img_1644_800x533お友達からご実家で作っている野菜を分けてもらい、その中に玉ねぎとレッドオニオンがあったので、雑誌に載っていたレシピを参考に「酢玉ねぎ」を作ることに。玉ねぎの根元を切り落として薄切りにして、保存容器に入れ、酢1カップ・砂糖大さじ4・塩小さじ2/3・水1/2カップを混ぜ合わせた漬け汁を注いで3時間以上置けば出来上がり。冷蔵で1か月保存可能とのこと。こんなに簡単なのに、ズボラな私はスライサーで薄切りして、漬け汁を作る代わりに市販の「お手間とらせ酢」を使い、あっという間に完成(笑)。一緒に「酢にんじん」も作り、酢のものやサラダに重宝しています。

| | コメント (2)

2016年1月20日 (水)

みかんジャム

Img_1254_800x533みかんを使って「みかんジャム」作ってみました。新聞に載っていたレシピを参考に、用意したのはみかんとグラニュー糖のみ。みかん10個を横から二つに切り、皮と種を取り除いて、フードプロセッサーにかけ、みかんの重さの1/3程度の砂糖と一緒に鍋に入れ、火にかけます。沸騰したらアクをすくい、中火で15分ほど煮詰めたら出来上がり。何度かに分けてフードプロセッサーにかけたので、部分的に白い筋の部分が残っていたり、かけすぎてつぶつぶが消えてしまった部分もあったりで、ちょっと出来に不満も。でも味は良いので、来年もう一度挑戦かな。

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

いちごバニラジャム

Img_0762_800x533手作りジャムの在庫が空になり、さぁ、どうしようと思っていたら、ジャム作りに最適な小粒のいちごが特売になっていました~いちごの季節もそろそろ終わり。これは今作るしかないと一気に4パック買い(笑)。へたを取ったいちごをボウルに入れ、グラニュー糖350gをまぶし、レモン汁大さじ2杯を加えて、一晩置きます。ボウルにたまった果汁とバニラビーンズ1/2本を鍋に入れ、強火で5分程煮詰めたら、いちごを加え、アクを取りながら、10分ほど煮て出来上がり。バニラといちごの甘い香りが部屋に広がってやっぱりジャム作りは楽しい♪

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

塩レモン

Img_0544_800x533国産レモンの旬は12月~1月。近所のスーパーにも出回ってきたので「塩レモン」作りに再度挑戦。前回作ったときは、まだレモンが青く、果汁も少なかったけれど、旬のレモンは果汁がたっぷり。よく洗ったレモンを櫛形や輪切りにして、塩(レモンの重量の10%)と交互に瓶に詰め、上からギュッと押したら、すぐに果汁があふれ、塩が溶けるのも早そう。後は、1日1回瓶を振って上下を返せば、1週間ほどでさわやかな芳香の塩レモンが完成するはず。

| | コメント (0)

2014年11月19日 (水)

オリエンタル ラウンジ

Img_1623_800x600お友達が合格祝いをしてくれるというので、マンダリンオリエンタル東京へ。予約してくれたのはオリエンタル ラウンジの「ヘレナ ルビンスタイン サンプルギフト & トリートメント券付アフタヌーンティー」プラン。サンドイッチとセイボリー(タルトやキッシュ)、スコーン(クロテットクリーム、レモンカード、ジャム付)、プティフール(ムースやマカロン)、そしてコーヒー、紅茶は20種類の中から選べます。おかわりは自由なので、数種類の紅茶をオーダーしてたっぷりいただきました。写真では38階からの景色が写っていますが、おしゃべりに夢中でほとんど景色を見ていませんでした~(笑)

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

三井記念美術館 MUSEUM CAFE

Img_1196_800x600Img_1200_800x579日本橋の三井本館7階・三井記念美術館のMUSEUM CAFEでお友達とランチしてきました。先日、お友達が美術館へ行ったとき、落ち着いた雰囲気のMUSEUM CAFEを見てランチによさそうと思ったそうで、今回は入館しないでカフェのみ利用させてもらいました。注文したのは、季節の御膳の釜揚げしらす丼。日本橋は行きたいお店がたくさんあって、しばらく通いそう。

| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

バナナジャム

Img_9670_800x533 一日家にこもっていました。なので、以前から作ってみたかったバナナジャムを作ることに。辻口博啓さんのレシピを参考に、用意したのはバナナ500g(5~6本)、グラニュー糖250g、レモン汁20gとバニラビーンズ1/4本。バナナは皮をむいて3㎜厚さの輪切りにしてボウルに入れ、レモン汁を加え、混ぜます。鍋にグラニュー糖と水40mlを入れて火にかけシロップを作ります。バニラビーンズのさやを縦に割り、種をしごいてさやといっしょにシロップに加え、煮立って1~2分経ったらバナナを加え、強火で一気に15~20分、アクを取りながら煮詰めます。熱いうちに瓶に詰めて出来上がり。

| | コメント (2)

2014年3月30日 (日)

オレンジジャム

Img_9795_800x533_2柑橘類が大好きなので、デパ地下で箱入りの愛媛県玉津産のネーブルを見て(重かったけれど(笑))即、お持ち帰り。9個入りでどれもみずみずしい~。そのまま味わうよりジャムにしてみようと作り始めたら、結構大変。洗ったネーブルの皮をペティナイフで厚めにそぎ、皮を2㎜幅に切ります。果肉は、薄皮にナイフを差し入れて取り出し、ボウルに重ねたざるに入れて自然に果汁を落とし、果肉は別のボウルへ。残った薄皮などは汁を絞って果汁のボウルへ加えます。鍋に湯を沸かして、皮Img_9811_800x533を入れ、10分煮て、火からおろし、ざるにあけ、皮を流水で洗うことを2度繰り返してアクを抜きます。果汁とグラニュー糖を鍋に入れて煮立たせ、皮を入れて少し煮詰めたら果肉を加え、15分程煮て、熱いうちに瓶に詰めて出来上がり。参考にしたレシピでは粉末ペクチンを使ってとろみをつけていましたが、手元にないので省略。なので、サラッとしたオレンジソースのような感じになりました。でもネーブルの爽やかな香りも残り、皮も果肉もフレッシュなオレンジ!そのもので紅茶やヨーグルト、アイスクリームに、肉料理のソースとしても重宝しそうです。 レシピの材料は、オレンジ約7個(果肉825g、皮335g)、グラニュー糖580g、粉末ペクチン11.6gでしたが、ペクチンは使用せず、オレンジ9個とグラニュー糖580gだけで作りました。

| | コメント (2)

2014年2月 9日 (日)

いちごジャム

Img_9551_800x533Img_9564_800x533大雪のため、申し込んでいたツアーが催行中止になったので、今日は家でいちごジャム作り。朝、ベランダから外を見ると一面銀世界。隣の部屋の人がベランダに積もった雪で雪だるまを作り始め、楽しそうな声が聞こえてきました。ベランダ越しに雪だるまを見て、私も微笑んでしまいます。
用意したいちごは3パック。ボウルにへたを取ったいちご、グラニュー糖500gとレモン汁1個分を入れてよくなじませ一晩おきます。ボウルにたまった果汁だけを鍋に入れ、火にかけ煮立たせます。5分くらいよく混ぜながら煮たら、いちごの果肉を加えます。あとは強火で10~15分アクを取りながら一気に煮るだけ。熱いうちに瓶に詰めて出来上がり。いちごジャムは今までいろんなレシピを試してみたけれど、この作り方が果肉の食感と形も残り、色も綺麗。一番美味しい気がします。

| | コメント (6)

2013年12月21日 (土)

ゆず茶

Img_9446_800x533明日はもう冬至!一年経つのが早すぎます(笑)。今年も越生(埼玉)からゆずがたくさん届いたので、ゆず茶を作りました。材料はゆず1㎏(9~10個)と氷砂糖1㎏。洗って水分を拭き取ったゆずを4つ割にして皮と果肉、種に分けます。皮は白い部分を取り除き、千切りに。果肉は粗く刻み、皮と混ぜ合わせ、瓶に氷砂糖と交互に詰めていきます。種はホワイトリカーに漬けてゆずローション用に。 毎日、びんをやさしくゆすり氷砂糖が溶けるのを待ちます。出来上がりが楽しみです~

| | コメント (0)

より以前の記事一覧