« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

華順 革作品展

Img_3316神楽坂のラ・ロンダジルで「華順 革作品展」(3月30日~4月2日)開催中。今回、華順さんはお財布、キーケースやクッション、スリッパ、ブックカバー、しおりなどを制作し、お財布は、長財布とミニ財布合わせて40個ほど用意されたそう。私のお目当ては長財布。といっても、長財布は初日すぐに完売したそうで、遅れて行った私は当然、今回も縁がなく、ガラスケースに飾られた売約済の長財布を眺めて帰って来ました~。で、家に戻って夕方、冷蔵庫を開けたら庫内灯が点いていない!ということは??冷蔵庫内も冷凍庫内も冷えていない!焦りました~メーカーのHPの故障診断ナビを見ると「ドアを開けても冷蔵室の庫内灯が点灯しない場合、冷蔵庫に電源が供給されていない可能性があります。コンセントの入れなおしや、ブレーカーなどをご確認ください。」と。まさかと思いつつ、ブレーカーの蓋を開けると「冷蔵庫・大型機器コンセント」のところだけ、みごとに落ちていました(笑)。ブレーカーを上げて、無事冷蔵庫は復旧。故障でなくて本当によかった~。それにしても、そそっかしい私。もう情けない…

| | コメント (2)

2012年3月30日 (金)

ジャワティー

Img_3331海外旅行をすると、いつもお土産にお茶を買ってきてくれるお友達がいます。今回はバリ島へ行ったので“ジャワティー”。壺がステキだったので選んだと言っていましたが、ズボラな私のためにティーバッグタイプをちゃんと選んでくるところはさすが(笑)。とても飲みやすいお茶というので嬉しい。
実は、数日前、目が覚めて、鏡を見たら右目の白目が真っ赤!会う人、会う人にどうしたのその目?と聞かれるし、自分でもすごく気になってネットで調べてみると、結膜下の小さい血管が破れ出血した「結膜下出血」らしい。治療の必要もなく、1~2週間で自然に吸収されてきれいな白目にもどるというので、ちょっと安心したけれど、数日経ってもまだ赤い。少し心配になって眼科へ行ったら、やはり「結膜下出血」で、治療の必要なしと。でも、花粉症の治療で処方している点眼薬はそのまま使用してOKだけれど、市販の充血を取る目薬は決して使わないようにと注意が。蒸しタオルで温めると治りが早くなるというので今晩からさっそくお風呂で温めることにします。原因は、眠っているときに目をこすってしまったらしい。このところ、指を怪我したり、結膜下出血になったり、いささかへこみます~weep

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

神社のいろは

Img_3004今年に入ってから週末は欠かさず近所の氏神様へお参りしています。境内に、神社検定の案内書が置かれていたので、ちょっと学んでみようかなと思い、まず公式テキスト「神社のいろは」と「神社のおへそ」を購入。検定を受けるかどうかまだ思案中だけれど、1冊目の「神社のいろは」は、Q&A方式でとてもわかりやすく説明しているので興味深く読めます。最初は鳥居について。代表的な鳥居は、神明鳥居と明神鳥居。鳥居上部の横柱が一直線になっているのが神明鳥居で、横柱が上向きに反っているのが明神鳥居。社殿の様式も神明造と大社造があるなどと知ると、神社の前を通るときも興味がわきますねぇ~。

| | コメント (2)

2012年3月28日 (水)

カオリーヌ菓子店

Img_3304辛いモノが割と好き(でもわさびは苦手)なので、胡椒や唐辛子の入った目新しい食品を見るとつい手が伸びてしまいます。これはカオリーヌ菓子店の「フランスのエスプレット村の唐辛子入りビターチョコレート」。それとフランスバスクにあるエスプレット村の唐辛子(A,O,C)。どちらもonnellinenでみつけました。チョコレートはカカオ分72.4%。ほろ苦く、最後に少し辛みを感じる大人好みのチョコ。エスプレット村の唐辛子は日本の唐辛子に比べてやさしい辛さで、唐辛子の香りを楽しめると。カオリーヌ菓子店ってどこかで聞いた名前?と思ったら、「天然生活」5月号の巻頭でカオリーヌ菓子店のかのう・かおりさんが「ガトーバスクとチーズケーキ」の話とレシピを紹介していました。(カオリーヌ菓子店は実店舗はなく、フランス家庭料理の教室を主宰している かのう・かおりさんがHPで、チーズケーキやチョコレートを販売しています。お菓子を買えるお店の紹介もあり。)

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

さくらパンダ

Img_3271お友達からの差し入れは、さくらパンダのトート入りお菓子。会社で受け取ったので、中身はおやつに食べてしまい、残しておいたパンダチョコとパンダクッキーをのせてパチリ。ちょっといい感じでしょう~さくらパンダ、やっぱり可愛い~今週末には桜が開花するといいなぁ~

| | コメント (2)

2012年3月26日 (月)

クウネル vol.55

Img_3261今発売中のクウネル(2012.5.1号)に堀井和子さんの「一丁目ほりい事務所が選んだ 東京いいものプレゼント」が載っていました。堀井さんがデザインした便せんや封筒の「クーリエセット」、北欧のキャラフェやトレ―、釜定のお鍋、マリメッコの布、イタヤ細工のかご 等々。堀井さんが選んだ品々は、きりっとしていながら、どこか懐かしく、美しい。久々に堀井さんの記事を読んで嬉しかった~
CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店で、クウネルの10周年を記念し、クウネル「10周年ありがとう」展(3月30日~4月8日)が開催されます。全55冊の表紙の展示と、クウネルくんオリジナルグッズ(Tシャツ、手ぬぐい、ノート、お弁当箱、温泉まんじゅう等)も販売するそう。これは興味あり、あり。

| | コメント (2)

2012年3月25日 (日)

春の北海道うまいもの会

Img_3302最近は、北海道物産展というと必ずチェックしているのが、新千歳空港内の直営店で販売している限定品。今回、池袋西武で開催中の「春の北海道うまいもの会」(3月22日~4月3日)にも新千歳空港「北海道ショールーム」が登場。空港限定の「北のシュガーバターの木」の「北のショコロ」と「北のショコラバターサンド」、北海道牛乳カステラの「ボッコのラスク」等々お買い上げ(笑)
これで明日のおやつタイムは充実~

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

リサとガスパールのシリコンスチーマー

Img_3120これも努力の成果というのでしょうか(笑)
Pascoの対象商品についている応募券30点分を集めるため、食べて、食べて、(主にイングリッシュマフィンを)やっと手にした「リサとガスパールのシリコンスチーマー」。毎年トートバッグが続いていたPascoのリサとガスパールのプレゼントも、今回は人気の調理器具スチーマーに。でもスチーマーより興味があったのがジャム3種とおかず2品の作り方が載っている「good morningレシピ」。さっそくお試ししなくて(笑)

| | コメント (2)

2012年3月23日 (金)

小枝のマグネット

Img_3264見た瞬間、えっ!紙を突き破っている!と思いました(笑)。この愛知のicuraの小枝のマグネット。よくできているでしょう?すごい発想ですよねぇ~。枝に磁石が入っているので二つに分かれたりくっついたりするのです。ポストカードや名刺を挟んで立たせたり、マグネットとして冷蔵庫などにとめたりできます。素材はさくら。Ekocaで見つけました。

| | コメント (2)

2012年3月22日 (木)

瑞花

Img_3125今日のおやつは、買い置きしていた「瑞花」の「うす揚 梅わさび味」(数量限定)と「胡麻みそスティック」(期間限定)と「チョコの種」(期間限定)。「うす揚 梅わさび味」はツーンと辛いおとなの味。これはお茶よりビールが合うという声もちらほら(笑)。白胡麻たっぷりの「胡麻みそスティック」は、甘い揚げせんべいの胡麻みそ味でやっぱり手が止まらない。ちなみに銀座店は、去年の10月に外堀通りから並木通りに(風月堂の隣)に引っ越ししています。

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

anan女性のための防災BOOK

Img_3055 都内に住んでいるので、防災に対する備えを常に考えています。家にいるときより、勤務先や通勤途上、出先で災害に遭う可能性の方が高いかもしれません。そう思うと心休まるときがなく、心のどこかでいつも警報ランプが灯っている感じです。バッグの中には必要最小限の防災グッズを入れていつも持ち歩いています。このanan特別編集「女性のための防災BOOK」は、女性だからこそ欲しかったもの、役立つものを3つの時期別にすべて紹介しています。自分が用意していなかったもの、ガム、総合ビタミン、(非常食として)ウイダーinゼリーとポカリスエットの粉末等。さっそく用意しました。
指の怪我ですが、今日も消毒しに整形外科に行ったら、肉も盛り上がってきているので大丈夫とのこと。皆さまに心配をおかけしてすみませんでした。それにしても同じようなことをしてしまった方が何人もいらして(中には大根おろしで指もいっしょにおろしてしまった人も)、私だけではなかったのですね~

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

ジンジャーレモネード

Img_3292 新しょうがとレモンをスライスして容器に交互に重ねて入れ、メープルシロップをかぶるくらい注いだだlけの超簡単なシロップ。炭酸水で割ってジンジャーレモネードにしていただきます。今回は有元葉子さんのレシピを参考に蜂蜜の代わりに、大好きなメープルシロップを使いました。
実は、このシロップを作った、おととい(日曜日)の午後、スライサーを使って新しょうがをスライスしていたとき(あと、もう少しで終わるとき)親指の先をスライスしてしまいました~。はじめは一体何したの?とボー然。すぐに指先を押さえ、しばらくそのままにしていたけれど、なかなか出血が止まらず、焦りました~。少し落ち着いてから(行くべきか迷ったのですが)これほどざっくり切ったのは初めてなので、救急外来のある病院の整形外科へ行き、手当をしてもらいました。家に戻ってから、先にスライスしてあった新しょうがとレモンを使ってシロップを仕上げましたが、消毒して包帯を巻いた指を見て落ち込みました。ただ幸いなことに怪我したのが左手だったので、不自由ながらも、何とか、日常生活を送ることができます。削った指先に肉が盛り上がってきて薄皮ができるまで2週間ほどかかるらしいので、それまでの辛抱ですが…。とうぶん恐くてスライサーは使えませんweep

| | コメント (6)

2012年3月19日 (月)

グリコのキャラメルクリーム

Img_3085私が面白い!と喜ぶツボを心得ている?お友達からのいただきモノ。ロフトでこの「グリコのキャラメルクリーム」と「抹茶ミルクグリコ缶」を見たとき、これっ!って思ったそう。“グリコ”のキャラメルクリームですよ~もう好き、好き(笑)。抹茶ミルクグリコは、宇治抹茶味とバニラ味の2層になっていてバニラシードの粒々感もあってこちらも美味しいですよ~

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

とらや特製羊羹 光雲

Img_3250 とらや東京ミッドタウン店内 ギャラリーでオープン5周年を記念した企画展「ギャラリーの記憶」開催中(3月15日~4月25日)。これまで25回行われた企画展・特別展を振り返り、思い出などを綴った「歴代パートナーからの手紙」を紹介しています。
これは企画展限定菓子「特製羊羹 光雲(ひかりぐも) 特製バッグ入」。第18回企画展示「羊羹のたのしみ展ー記憶の中の情景ー」(2010)の際に販売されたミナペルホネンの皆川明さんがデザインした羊羹「光雲」と特製バッグのセットが再び登場です。特製バッグにはchouchoとflowerと特製羊羹のイラストが。袋の底には底板も入っているのでしっかりしています。このサイズは水筒やお弁当を入れるのにぴったり。限定品なのでお早めに~

| | コメント (2)

2012年3月17日 (土)

MOOMIN展

ムーミン好きに嬉しいイベント「MOOMIN PREMIUM COLLECTION in GINZA 201Photo2」が銀座三越で開催中(3月14日~20日)。お菓子、アクセサリー、Tシャツ、小物、文具、キッチングッズ、食器に布モノ、等々。とにかくすごい品揃え。会場にいらした皆さん、楽しそうに色々なものを選んでいました。私もその熱気に煽られたわけではないのですが、スウェーデン製のコースターやマスキングテープ等々お買い上げ(笑)。期間中、税込2,100円以上買い物した各日先着300名に、日替りムーミンキャラクターチャームをプレゼントしています。会場入口にはムーミン屋敷、場内にはムーミン一家が勢揃い。皆、携帯で写真を撮る、撮る。マネして私も(笑)。

| | コメント (2)

2012年3月16日 (金)

夏柑しょこら

Img_3224 伊勢丹地下の食品売り場は私にとって特別な空間。一歩入っただけでテンションがあがりますhappy01これは今日のおやつ。京都の和菓子店・老松の「夏柑しょこら」。純粋種の夏蜜柑の皮を丁寧に蜜炊きし、ヴァローナ社(フランス)のホワイトチョコレートで仕上げたもの。もちろん新宿伊勢丹限定品。夏蜜柑ピールのほの苦さとチョコの組み合わせって最高だよねって、ふだん甘いモノより辛いモノ好きの人も言っていました~(笑)。

| | コメント (2)

2012年3月15日 (木)

きんかん甘露煮

Img_2992雑貨のお店に行ったとき、欲しいものがなくてどうしよう~と思ったことありませんか?(これは私だけがかもしれませんが)せっかく来たのだから、何か買って帰りたい、でも無理はしたくない、そんなときの救世主?がジャムやクッキー、パンなどの食品(笑)。食品は消えモノだし、人にあげることもできる。なので、つい手が伸びる(笑)。でも、このM’sキッチンの「きんかん甘露煮」と「きんかんジャム」は、これがお目当てで行ったのですよ~(笑)。自分が作った甘露煮やジャムと比べると、ずっと上手で美味しいのですdelicious

| | コメント (2)

2012年3月14日 (水)

フィグログ ショコラ

Img_3164 今日はホワイトデー。でもこれは女子トモから(笑)。それだけに私の好みにぴったり。ドレミファームの有機野菜を使用した「ごぼうのピクルス」と、GOOD FORTUNE FACTORYの自家製「フィグログショコラ」。フィグログ(“いちじくの丸太”という意味のイタリア・マルケ州に伝わる伝統的な健康食・ドライいちじくをベースに、プラム、レーズン、クランベリー等を砕いてハチミツで固めたもの)にビターなチョコチップとオレンジピールを混ぜたもの。濃厚で複雑な味わい。ワインと相性がよさそう。どちらも大人好み。嬉しいなぁ~

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

クロワッサン創刊35周年記念号

Img_3200今、発売中の「クロワッサン創刊35周年記念号」に「ミナ ペルホネン×クロワッサン特製ポストカード」が付いています。ミナ ペルホネンのオリジナルテキスタイルをプリントしたポストカードが4枚(過去のアーカイブから2点、今季の新作から2点)。それぞれのテキスタイル名は「letter of flower」「necco」「choucho」「twins」。さっそくポストカードをはさみで切ってピンナップします。

| | コメント (2)

2012年3月12日 (月)

櫻・桜・さくら展

Img_3011 今、池袋西武ギャラリーで日本の心の象徴、さくらをあつめた「櫻・桜・さくら展」開催中(3月9日~20日)。今年は、いつもの年より桜の開花を待ち望む気持ちが強いので、この「櫻・桜・さくら」という言葉にとても惹かれてしまいます。会場に入って、まず目にするのは、ボストン美術館秘蔵の浮世絵、スポルディング・コレクションの高精細デジタル画像の数々。それから全国の名桜を蘇らせてきた桜守・佐野藤右衛門氏所蔵の美術品や工芸品。岩手県・宮城県・福島県の桜の名所の写真。まさに櫻、桜、さくら…。本物の花見までもうすぐ。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

3月11日

3月11日。東日本大震災から1年が経ちました。
考えることがたくさんある一年でした。
「高齢と嘆くななれぬ人もいる」。毎日新聞の万能川柳2011年の年間大賞受賞作です。受賞なさった長谷川淑子さんは、「私たちの年齢(74歳)になると、「出会ったら『あそこが痛い。ここが痛い」となるんです。でも年を取るのは悪いことかなあ。」いつもはささっと詠むのに、頭の中で練った。日ごろの思いに、多くの若い人が犠牲になった大震災が拍車をかけた。そしてメモ帳に書き留めたのが受賞作」と。奥が深い句です。
大切にしたいのは、日常の暮らしにあるあたり前のことに感謝し、一日一日を丁寧に生きること。

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

オランジェンバウムシュピッツ

Img_3183今回、お友達に手土産したのは「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」の「オランジェバウムシュピッツ」。一口サイズにカットしたバウムをチョコでコーティングした「バウムシュピッツ」をオレンジ風味に仕立てた新宿伊勢丹限定品(3月7日~3月20日までの期間限定販売)。アーティスト カロリン・ロバート氏のオリジナルパッケージがまた可愛い!ちなみに、最終日の20日は早々に品薄になると予想されるので、前もって連絡していただければお取り置きも可とのこと。

| | コメント (2)

2012年3月 9日 (金)

暮らしのものさし

iImg_3156_2n-kyo店主でエッセイストの中川ちえさんの新刊「暮らしのものさし」。まえがきに「みんなとお揃いでもなく、誰か他の人のものでもない自分だけのものさし。ちょっといびつだったとしても、それはきっと暮らしを豊かで、色鮮やかなものにしてくれるように思うのです。」と。「自分だけのものさし」いい言葉ですねぇ~。最近、人の考え・気持ちを変えることは難しく、それなら自分の視点を変えてみようと思うことがあり、そう割り切ると、心がふっと軽くなったような。これもある意味、自分だけのものさし。他にも心にひびく言葉が随所にあって、何度も同じ個所を読み返してしまいます。

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

tatinのお菓子

Img_3186イイダ傘店 日傘展の帰り、お隣のin-kyoへ。なんとtatinのお菓子が!
昨年末に建物の取り壊しで閉店した吉祥寺のtatinですよ~。嬉しいですねぇ~heart04入荷していたのはキャラメル、サブレ、mikazukiなどの焼き菓子。さっそくお知らせです。

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

イイダ傘店 日傘展

イイダ傘店さんから届くDMは、ほんの少し新作のヒントがあって、それがどImg_2997んな作品になるのか想像するのが楽しい。今年の日傘展は3月3日~11日まで(蔵前・アノニマ・スタジオ)。今回は、小さくコーヒー豆のイラストがあったので、コーヒー豆柄登場?と思っていたら、なんとコーヒーで染めた布を使った日傘でした。それもコットン、シルク、リネンを縫い合わせて傘の形に裁断してから、コーヒーで染めたとか。素材の違いが色のグラデーションとなってとても綺麗。行ってみないとわからないですねぇ~。他に山鳥、山小屋など凝ったテキスタイルの日傘、フェルトが付いた日傘、男性用の日傘もありました。

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

ホワイトシリーズ 密閉蓋

Img_3053毎日、使っている野田琺瑯のホワイトシリーズの持ち手付ストッカーのシール蓋がだいぶ傷んできたので、そろそろ替えどきかなぁ~と思っていたら、別売り部品で密封蓋があると知り、さっそく購入。密封するのでスープなどの汁物を安心して持ち運べ、湿気を嫌う乾物などの保存にも最適だと。買ってから同封のパンフレットを見ると、持ち手付ストッカー(角型L)にはシール蓋付、琺瑯蓋付、密封蓋付の3種類あり、それぞれ若干サイズが違う??もしかしたら合わないのでは?と問い合わせたらストッカーはすべて同じモノで、違うのは蓋を置いたときのサイズとわかりひと安心(笑)。ちなみにこの密封蓋は、2011毎日デザイン賞を受賞したプロダクトデザイナー・柴田文江さんのデザイン。

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

はちみつ金時芋

今日のおやつはお友達からの差し入れの山田養蜂場の「はちみつ金時芋」。原材料は、徳島県産なると金時、ルーマニア産の熟成アカシア蜂蜜と宮古島の雪塩。金Img_3126時芋はきれいにひとくち大にカットされているので分けやすく、食べやすい。しっとりとやわらかで甘~く美味しい。お弁当のおかずや食事の箸休めに食べても美味しかったでしょうねぇ~。箱の裏に「お召し上がり方:オーブントースターなどで少し温めて、バターを添えて」と書いてあったのに、職場ではレンジがないので温められず。それがすごく残念(笑)、

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

珍味堂の珍味揃

Img_3031今日、母の十三回忌法要を行いました。ブログを始めた年に七回忌を行い、あっという間の6年でした。何とか無事に法要を終えてホッとしています。
いらしてくださった方にお渡しするお菓子を(中に甘いものはちょっと苦手という方もいらして)、あれこれ迷った末、選んだのが神楽坂・珍味堂の珍味揃。予約制で入手困難と聞いていたけれど、電話もすんなりつながり、そのうえ、今、工事のため店舗移転中なので、店頭受け取り以外に、宅急便でも送っていますと。(仏事用と告げたので、黒白の水引にしてもらいました。)箱の中には60種類以上の珍味(あられやおかき)がいろどりよく入っていて、開けた瞬間驚いてしまう。これならご家族で食べていただけそう。実はこれ、雑誌「BRUTUS」の『日本一の「手みやげ」は、どれだ?!』のふきよせ部門で『グランプリ』に選ばれた珍味。自分が一番食べてみたかったのかも(笑)。

| | コメント (4)

2012年3月 3日 (土)

塩麹

Img_2936とうとう、自家製塩麹を作ってしまいました~。米麹を多めに買っても、使い切れるか心配なので、まずは200gパックを用意。レシピによると塩は精製塩ではなく、ミネラルたっぷりの海塩、水はミネラルウォーターが良いそう。乾燥米麹なので水は多めに300cc、塩は60g。まず、乾燥米麹をボウルに入れてバラバラになるようによくほぐし、塩を加え、よく混ぜます。そこへ水を入れて混ぜたら保存容器へ。そのまま常温で1週間。作り立ては水っぽくて、水分が多すぎたかと心配したけれど、少し時間が経ったら今度は水を吸って固まりに??どうなるのか不安のまま、日に一度かき混ぜていたら、また水分が出てきて、ようやく市販の塩麹っぽくなって一安心。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

アットオーバーシーズ

Img_2954ルセットの新製品は、すべて海外産の素材のみを使用(オーガニックの天然酵母、小麦粉、塩、砂糖)して作った食パン。名前も「アットオーバーシーズ」。@shokupanとはまた違った食感で、こちらも飽きのこない食パン。以前に、パン作りを学ぼうとクッキングスクールに短期間通ったことがあって、丁寧に教えてもらったはずなのに、発酵が足りなくてうまく膨らまなかったり、どうも上手くできない(笑)。で、それ以来、パンだけは、買うことにdelicious

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

ルルドマッサージクッション

Img_2905 実はすごい肩こり、首こり、背中こり。ずっと机の前に座ってのパソコン操作と姿勢の悪さ、運動不足が原因だと思うのですが…。普段は我慢できても、どうしても我慢できないときが年に数回あり、そんなときは整体やマッサージへ駆け込み。ときには整形外科を受診したことも。そんな辛い日が続いたある日、とうとう買ってしまったのがこのルルドマッサージクッション。今までマッサージグッズをいろいろ買って試してみたけれど、場所を取ったり、モミ心地がイマイチで、結局使わずじまい(中には他家にお嫁入りも)のモノも多々あり。その点これは、ふだんはクッションとして使い、裏を返してスイッチを入れるとマッサージクッションになる優れもの。写真は(カバーを上げて)もみ玉とヒーターを内蔵したマッサージ面。もみ玉の位置が上下に動き、ツボを押されると気持ちよい~。ホントはこういうものはお見せしたくなかったのですが(笑)。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »