« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

黒豆

Img_2370ノムラに注文した黒豆は、丹波黒豆の中でも特に粒が大きい新豆。今年も、土井勝さん直伝のレシピを参考に、昨日8時間煮て、一晩鍋のまま冷まし、今朝、蓋を開けたら、こんなにふっくら艶やかに出来ていました。黒豆を煮ることが1年の締めくくりのような気持ちです。
Img_2449昨日、夕焼けが美しかったので、最上階に上がって富士山を撮りました。元旦も美しい富士山を拝めますように…。
皆さま、今年も私の拙いブログをお読みくださってありがとうございました。
2011年は、大きな変化の訪れた年でした。
日常の暮らしが何よりの幸せであると感じました。
2012年は日々の暮らしを丁寧に過ごすことを心がけていきたいと思います。
来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
皆さま、お元気で、良いお年をお迎えください。

| | コメント (8)

2011年12月30日 (金)

紅白なます

Img_2341大掃除を終えて、今日はおせちを仕上げる日。朝8時半から黒豆を煮始め、塩抜きしておいた数の子を調味液に漬け、午後は、有元葉子さんのレシピを参考に、砂糖やみりんの代わりにメープルシロップを使って紅白なますと田作りを。その間に、買い物に出かけたり、大忙し。なますに使う大根も人参もできるだけ細い千切りにし、各々に塩をまぶし、軽く手でもみ、しんなりするまで置きます。その間に柚子の皮をむいて千切りに、果汁も絞ります。大根、人参の水気をきつく絞り、柚子の皮、柚子果汁、小口切りした赤唐辛子、酢、メープルシロップと合わせ、なじませます。味見をしたら、上品な甘さでとても美味しい!田作りもべとつきがなく、仕上がりも上々。和食にメープルシロップが合うなんて、ちょっと不思議です。(メープルシロップにはいくつか等級があり、今回はさらっとしたエクストラライト・タイプを使用)

| | コメント (2)

2011年12月29日 (木)

@black pepper

Img_2322わさび、胡椒、唐辛子、からし等の辛い香辛料のなかで、一番の好みが胡椒。これはルセットの黒胡椒の食パン「@black pepper」。今までありそうでなかった食パン。パウダー状でなく、手作業で粗く砕いたペッパーを使っているので、ピリッとした刺激がくせになりそう。ブラックペッパーたっぷりの食パン、美味しいですよ~。チーズと合います。
大掃除頑張りすぎて腰が痛い~ぎっくり腰になったらどうしよう~

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

カルピスもち

Img_2303東京メトロの駅構内に置いてある「TOKYO METRO NEWS 12月号」に「ROJI日本橋」(K&K缶詰で有名な「国分」のセレクトショップ)が出ていて、ROJIならではのオススメ手みやげとして、国分の子会社・日本橋菓房とカルピスとのコラボ商品「カルピスもち」が載っていました。食べてみたい~。でも、扱っているROJIは日本橋。「カルピスもち」だけ買いにわざわざ行くのはねぇ~と、ぐずぐずしていたら、何と家の近所のお菓子屋さんで発見!嬉しい!!願いは叶うってこういうこと(笑)もちもちっとした餅の中のカルピスクリーム、けっこうイケます。
今日は仕事納め。明日から年末年始の休みに入ります。のんびり過ごしたいところだけれど、年末は掃除、おせち作りと慌ただしい~

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

ノムラの乾物

Img_2282京都の乾物商 ノムラから乾物が届きました。年末にノムラに丹波の黒豆と、羅臼昆布、削り節(上平花)、乾物類を注文するのが恒例になっています。削り節は、冷凍できるので、お友達にお裾分け。いっしょに長ひじきも添えて。段ボールに「フタを開ければ小さな京都」と印刷されているのに気づいて、そう、そう、そのとおりと、一人で頷いてしまいました(笑)

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

坂野友紀さんのティッシュケースBOX

Img_2151 9月下旬に立川のH.worksで「坂野友紀展」があり、その作品が並んだ店内の様子をH.worksのHP shopページで見て、すご~く気になったのがこのティッシュケースBOX(素材はアルミ)。そのときの作品はすでに売れてしまい、後で坂野さんにお願いして作ってもらいました。オーダーしたものが届くのを待つ時間(今回は約2ヶ月半)も、先にある“お楽しみ”を思うと、楽しいものです。もしかして、その気分は(例えは変かもしれませんが)旅行に行く前のワクワクした気持ちに近いかも。

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

ゆずのマーマレード

Img_2212Img_2219_3ゆずが出回っています。今年は、「たまちゃんの保存食」レシピを参考に「ゆずのマーマレード」(お湯で割ればゆず茶にもなります)作りから。用意したのはゆず500g、レモン汁1個分、きび砂糖350gと水200ml。きれいに洗ったゆずは、横半分に切って果汁をしぼり、漉して、種は別のボウルに。果汁をしぼったゆずの皮から中の袋を取り出し、1/2量は細かいみじん切りにして別のボウルに入れ、レモン汁をかける。種のボウルに水200mlを入れて洗い、その中に残りの袋を入れて軽く洗う。皮は、1~2mmの薄切りにし、水を2~3回替えながら洗い、水に2時間ほどさらす。それから鍋にみじん切りにした袋、水気を切った薄切りにした皮、種と袋を漉した水を入れ、中火にかけ、煮立ったら弱火にして、皮がやわらかくなるまで20分ほど煮ます。きび砂糖を加え、5~8分煮て、ゆず果汁を加え、さらに3~4分煮て出来上がり。こんなに下処理に手をかけ、丁寧に作ったマーマレードははじめて。おかげで、今まで食べたマーマレードの中ではピカイチの美味しさと自画自賛しちゃいます(笑)

| | コメント (2)

2011年12月24日 (土)

Ermenegildo Zegnaのマフラー

Img_1762毎年、自分へのクリスマスプレゼントとして、1枚買っているErmenegildo Zegna(エルメネジルド ゼニア)のマフラー。ゼニアはメンズしか扱っていないけれど、唯一、女性が身につけても様になるのがマフラー。イタリア製らしく、その色遣いとデザインに、毎年惚れ惚れしてしまいます。今年は、一見、無地の2色使いのマフラー。でも伸ばすと、ボーダーが現われる。なんと粋なマフラー。新年から使いますよ~

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

マテリエルのコフレ・マロン

Img_2260明日はクリスマスイブ。一足早くクリスマスケーキを受け取りに行ってきました。予約したのは板橋区大山にある「マテリエル」。商店街からほんの少し離れた、少しわかりにくい場所にあるのに、予約したクリスマスケーキを受け取りに来る人が次々やってきます。このケーキは、マテリエルの看板商品「コフレ・マロン」(熊本県産丹波種と筑波種の栗と天然赤砂糖を使っている)のクリスマス豪華版。コフレはいつも早めに売り切れてしまうので、やっとクリスマスケーキで食べることができて、すごく嬉しいdelicious

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

ショコラ ベルアメール

Img_2203今日のおやつ。いただきもののショコラベルアメールのフィナンシェ・オランジェとナッツとドライフルーツとビターチョコを組み合わせたマンディアン・ノワールと苺パウダー入りホワイトチョコを組み合わせたマンディアン・フレーズ。贅沢なおやつ!添えられたムーミンのカードが可愛らしくて、クリスマスムード感じます~

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

クリスマスウィークイベント

Img_2240Ekocaのクリスマスウィークイベントが始まりました。もうすぐクリスマス。早いですねぇ~頂いたのは、石川ゆみさんの布小物(ピンクッションのオーナメント)と鎌内三保子さんのチョコバナナジャム。でも、お目当ては、マウイ島のココナッツキャンディー。Ekocaが「東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会」の活動を知り、お店でも何かできないかと思い、このマウイ島のココナッツキャンディーを販売することにしたのです。(売上は、全額募金。)同僚にココナッツ大好き、ハワイ大好きがいて、この100%マウイ産の手作りココナッツキャンディー(原材料はココナッツ、サトウキビ、水)をあげたら、喜ばれるのではないかと。募金のお手伝いも出来て、喜ばれたら、何て幸せ!(お店で試食したらココナッツが香ばしくて美味しい!自分用にもう1袋追加してしまいました。)

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

続・暮らしのヒント集

Img_2173松浦弥太郎さんが編集人となってから興味を持つようになった「暮らしの手帖」。ちょうど今、読売新聞の夕刊に「暮らしの手帖は今」を連載中で、毎日楽しみに読んでいます。「もう買い物で人は幸せになれない。暮らしの隅に宿る無形の知恵に気づいて、感謝する。その気持ちが豊かさであり幸福では。それを誌面で提案したい」と言う松浦編集長。この「続・暮らしのヒント集」は、世代を越えた皆さん(30代から80代の17名)に日々の暮らしを伺っています。皆川明さんや伊藤まさこさん、門倉多仁亜さん、マーガレット・ハウエルさん、平松洋子さん、石川博子さん、皆さん、日々の暮らしを大切に、丁寧に過ごしていらっしゃる様子が見られます。参考にしたいことがたくさんあって、繰り返し読みたい一冊。

| | コメント (4)

2011年12月19日 (月)

深川製磁

Img_2211表書きに「陶器」と記入してあったので、陶器より食品の方が嬉しいのにと、思いつつ(笑)、受け取ったお歳暮。中に入っていたのは、有田の深川製磁の飯碗。ブルーのなでしこ模様は、ハッとするほど新鮮。煮物などを盛りつけるのにも手ごろな大きさで、毎日使う頻度が高い。糸底もすべすべ滑らか。丈夫で安心して漂白できる、選んでくださったのはベテラン主婦。さすがです。

| | コメント (2)

2011年12月18日 (日)

WESTSIDE33の行平鍋

Img_1889京都に行ったら、寄りたいお店の一つに「鍛金工房WESTSIDE33」があります。そこでお鍋を買うことができたらなぁと願っていたら、なんと伊勢丹新宿店本館5階キッチン雑貨で手に入るのです!それも伊勢丹限定の行平鍋が。通常の行平鍋は注ぎ口が片方のみ。これは両方に注ぎ口があり、それもとても注ぎやすいカラス口。私は左利きなので、お鍋を持つのも左手。なのでこれは変に手を傾けなくても注げるのでとても便利。それにしても、本音を言えば、京都で買いたかったですねぇ~。お菓子と同じようにそこに行かなくては買えないモノが好きなので…。

| | コメント (2)

2011年12月17日 (土)

ピーターラビット展

Img_1909池袋西武で開催中の「ピーターラビット展」(12月15日~28日)。世界でいちばん愛されるうさぎ、ピーターラビット。日本語版が出版されて今年で40周年。これを記念して、ピーターラビットの貴重な資料や絵本、パネルが展示されると。「この冬、あなたを幸せにするうさぎたち」というキャッチコピーに惹かれて(笑)、せっかく頂いたチケットなので、明日にでも行ってみようかと。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

SNOOTEA

Img_2182 清澄白河にあるonnellinenさんは面白いモノ見つけてくるのですねぇ~。最初、フツウのスヌーピーの紅茶缶と思ったら、裏面を見ると「SNOOTEA」。これには思わず笑ってしまいました。「PEANUTSの仲間達と一緒にティータイムを過ごせたら…」そんな夢をイメージしてできたスヌーティー。缶の中は、アッサムにシナモン、カルダモン、ジンジャーを加え、クローブとアニスで風味を整えたチャイブレンド。ミルクティーでも、ストレートでも。

| | コメント (4)

2011年12月15日 (木)

10&100展

Img_2187南青山のDEE'S HALLで「10&100展」(12月13日~22日)開催中。DEE'S HALLは今年で10年。そして100回目の展覧会を迎えて、今まで展覧会を開いてくださった作家の方々(47名)に作品を提供していただいて、それを一同に並べるという。どんな作品が並ぶのか興味津々。早々と作品が完売してしまった方もいれば、まだ、数点残っている方、中には売約済でも会期中展示して下さる作品(辻和美さんのカラータンブラーや三谷龍二さんの木の器、下田直子さんのキラキラしたビーズのバッグなど)も。見応えのあるイベントです。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

ショートブレッドハウス オブ エディンバラ

Img_2105缶好きなので、こんな珍しい缶入りビスケットを頂いて嬉しい♪
最初「WILLIAM and CATHERINE」と書かれたパッケージを見て??と思ったら、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式を記念したショートブレッドハウス オブ エディンバラのロイヤルウェディングボックスでした。びっくりしました。缶の中はチョコとオレンジのショートブレッド。
おかげさまで修理に出した携帯電話が無事戻って来ました。何と、電池パックをしまう裏蓋(外して別に保管していた)以外、すべて新品に交換。しかも無料。2年半使用したので、そろそろスマホに替え時かな?と思っていたのに、これでスマホデビューはずっと先になりそうです。

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

日々26号

Img_2096Img_2168「日々」26号が発売になっています。毎回、楽しみにしているコラムの一つが三谷龍二さんの「うつわの履歴書」。16回目は「壁掛時計」。三谷さんがはじめて時計を作ったのは1985年。「部屋の中の雰囲気や、日々の暮らしの中で感じる風や光などと、どこかで繋がるようなものが作りたい、と思っていました。その点時計は、1時間から数百年まで、生活の時間からそれを遥かに越えた恒久の時間、宇宙生成の時まで繋がっている。それが面白かったのです。」と。そしてもうひとつ、時計を作る理由は「文字」。タイポグラフィーが好きで、木の仕事のなかでも、彫り文字を使ったものがどこかでできないだろうか、と考え、木の時計を、と思ったのだと書かれています。三谷さんの小さな壁掛時計が我が家に来てもう5年。すっかり馴染んでいます。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

ヴェルタースオリジナル

Img_2064ヴェルタースオリジナルのキャンディが好きな人、朗報です(笑)。柔らかいトフィーをミルクチョコレートでコーティングした「チョコトフィー」が発売になっています。スーパーの棚でみつけました。1袋に12粒。美味しくて食べやすいからあっという間に食べてしまいそう。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

濱口 恵 作品展

Img_2137銀座・日々で「濱口 恵 作品展 冬の花」開催中(12月9日~14日)。濱口さんの作品が見たくて、ずっと待ち望んでいたイベントです。濱口さんが作られた金属のオブジェ、ブローチやリングなどのアクセサリー、コースターやピックを間近に見てテンションが上がる、上がる(笑)。どの作品にもおとなの遊び心があって実に魅力的。迷って迷って、やっと選んだのは、ベビーパールが動いて、蜘蛛の巣のようにも、銀河系のようにも見える華やかで不思議な魅力を持つブローチ(ペンダントトップにもなります)。

| | コメント (2)

2011年12月10日 (土)

Merry Green Christmas 2011

Img_2132メリー グリーン クリスマス2011。子どもたちにスクールファニチャーを贈り、森をつくる運動を続けている三越伊勢丹のクリスマス チャリティ キャンペーン。今年のベアサンタは、このパールホワイト、パールブルー、パールピンクの他に、メタリックグリーンの4種類。今年の寄付金は、グリーンサンタ基金を通じて東日本大震災被災地の子どもたちへの机や椅子などの国産木材製品の寄贈に役立てられます。
先日、携帯電話を棚から落とし、只今修理中。落したとき、画面の液晶が漏れてしまったようで、最初、何の模様?と思ったくらい小さなシミが徐々に広がってきたので、慌てて取扱店へ。このまま放置していたらシミが全面に広がってデーターも取り出せなくなっていたかもしれないと聞き、早めに修理に出してよかった~。治って手元に戻ってきたら、このベアサンタストラップをつけてあげたい。

| | コメント (4)

2011年12月 9日 (金)

海苔屋ののりせんべい

Img_2121伊勢丹スタッフが実際に買っているアイテムを大公開している「ベストバイカタログ」に載っていた山本山の「海苔屋ののりせんべい」。「店頭にはディスプレイされていないのですが、スタッフに声をかけると販売してくれる、知る人ぞ知るアイテム」と紹介されていました。つまり、裏メニューっていうこと?日本橋三越の山本山に行ったら、ありました!今までは店頭に出していなかったけれど、最近、人気が出てきたのでお店に出しているとのこと(置いていない店舗もあるらしい)。薄いおせんべいを海苔で挟んでいて、海苔そのものを食べているような感じのおせんべい。とても美味しい~。これは年配の方にも喜んでいただけそう。

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

ギンビスチョコアスパラガスビスケット

Img_2097お友達から会社でおやつに食べてと届いたお菓子の詰め合わせ。楽しい~♪どれも限定品ばかり。ギンビスのアスパラガスのチョコがけ(初めて見た!)、六花亭のクリスマス商品のストロベリーチョコのホワイトとミルク(甘酸っぱいフリーズドライのイチゴをチョコでコーティング)。ロイズのバラエティパック(チョコ好きにはたまらない)。これでは、おやつの時間が待ち遠しくて、仕事が手につかないよ~(笑)

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

スターバックス ヴィア

Img_2076コーヒー好きな方にプレゼントしようと、スターバックスに寄って、スティックタイプのヴィア(12本入り)を買ったら、オリジナルスタンプ&ポストカードとヴィアのクリスマスブレンドをもらいました~♪コーヒーは苦手でも、ヴィアの真っ赤なクリスマスパッケージは見るだけで楽しいし、スタンプ(50円切手)はそれぞれ模様が違う。こういう些細なことがすご~く嬉しい。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

あんざい果樹園のサンふじりんご

Img_2071あんざい果樹園からりんごが届きました。蜜入りのサンふじリンゴです。無事に収穫を迎え、今年もお取り寄せできたことに感謝、感謝の気持ちです。さっそく皮をむいて4つ割りにしたら、あめ色の蜜がたっぷり入って、とても甘い。香り高い美味しいリンゴです。

| | コメント (2)

2011年12月 5日 (月)

セーデルブレンド

Img_2041Img_2044缶に惹かれて買った北欧紅茶の「セーデルブランド」(セイロン紅茶を中心にバラやオレンジピール、マリーゴールド、ヤグルマギクなどがブレンドされている)。ノーベル賞授賞式の晩餐会で供される紅茶だそう。この「スモールハウス缶」は、ストックホルムにある北欧紅茶のお店をモチーフにしていて、表は店の外観。裏は店内の様子が描かれています。そして、もう一つ「アールグレイスペシャル」のスモールハウス缶もあって、二つ重ねると2階建になるのです。これもとても素敵な缶。でも、私、アールグレイがちょっと苦手…。だから、これひとつ。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

シイタケの含め煮

Img_1383Img_1408冷蔵庫の中を整理していたら野菜室の奥に、今年の春ベランダで干した自家製“干しシイタケ”発見!8個だけ取り出して、一晩水につけて戻したら、ぷっくりとしたこの膨れかた。瓶から顔を出してしまいましたぁ~(笑)。4等分に切って、戻し汁、砂糖、みりん、しょうゆで甘辛く煮含めても、この厚み。常備菜として活用できます。寒くなって空気が乾燥してきました。またせっせと干しシイタケ作りしなくちゃ。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

那須早苗さんのミトン

Img_2054久しぶりに寄った表参道ヒルズ・粋更。定番の品々といっしょに「クリスマスの贈りもの」をテーマにニットやオーナメント、可愛い小物がいろいろ並んで、この時期は見ているだけで楽しい~。中でも、あみもの作家・那須早苗さんの手編みのミトンやマフラーにひとめぼれ。雪の日、クローバー、木の実、木立とまるで物語のようなテーマで編まれたミトン。淡いグレーやベージュ、茶色の毛糸を使った繊細で、美しい編み目にもう釘付け。一緒に置いてあった毛糸+編み図のキットにも心惹かれたけれど、今の私にはとても作れそうもないので、今回は作品を頂くことに(雪の日/snowstar)。でも手仕事っていいなぁ~棒針編みのミトン…編んで見たい~。

| | コメント (2)

2011年12月 2日 (金)

うどんや風邪一夜薬本舗のしょうが飴

Img_1892社内で風邪が流行っていて、私の席の前後左右、ゴホゴホと咳き込む人、熱っぽいからと病院へ駆け込む人がいて、私も風邪を引きそう~。で、予防というわけでもないけれど、のど飴は必需品。しょうがを使った飴をいろいろ試した中、一番“生姜の辛み”があったのがこの「うどんや風邪一夜薬本舗」の「しょうが飴」。しょうがの旨みと辛さをびっくりするほど練り込んだ逸品というだけあって、この“しょうが”度?は高い。ちなみに、うどんや風邪一夜薬本舗は、明治9年創業の製薬会社。

| | コメント (2)

2011年12月 1日 (木)

CHIANTI

Img_2020今日のおやつは、ちょっと特別。CHIANTYのロールケーキと焼き菓子。もう、うふふ…(笑)。ふわふわ、もちもち柔らかいスポンジに生クリームがたっぷりのロールケーキは、「2010ジャパンケーキショー」の特別部門「国内産米粉を使ったロールケーキ部門」で農林水産大臣賞を受賞した「e-ロール」。柔らかいのでうまくカットできず、ちょっとぐじゃぐじゃになったのもまぁ許してもらって、一口頬張れば誰も笑顔。焼き菓子は、5個入りで、定番のチェリージア(甘酸っぱいさくらんぼ)とアルルカン(チョコレート)、ヴェルデ(グリーンティー)の3種類。早い者勝ちでそれぞれ選んで食べました。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »