« 2k540 | トップページ | 達成賞当選! »

2011年10月29日 (土)

パン皿の手入れ

Img_1410Img_1427毎日新聞の日曜版に掲載している三谷龍二さんのエッセイ「暮らしを旅する」の中に、パン皿の手入れの仕方が載っていました。三谷さんが知人のカフェに遊びに行ったとき、オーダーしたものが自分のつくったうつわで出てきて、そのうつわの木肌の艶がなく、表面がカサカサしていたので、お店のスタッフの方にお願いして、ご自分で手入れをなさった話です。サラダやパスタなど、オイルを使う料理に使うのであれば、手入れは不要だけれど、パンなど乾いたものばかりだと、洗うたびに樹脂分がなくなってどうしてもカサカサしてしまいます。そのままにしておくとひび割れの原因になるので、時々油分与えるお手入れが必要になると。手入れの仕方は、食用油をキッチンペーパーに含ませ、器に塗り込むだけ。たっぷり油を塗った後、余分の油を布巾で拭き取って完了。さっそく試してみたら、お手入れ前と後の写真を見てもわかるとおり、カサカサお肌だった我が家のお盆とパン皿が艶のある潤いのあるお肌に。これって私たちのお肌と同じなのですねぇ~

|

« 2k540 | トップページ | 達成賞当選! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2k540 | トップページ | 達成賞当選! »