« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

FINEL DOUBLE HANDLE PAN

Img_1298 15年以上前に銀座松屋(確か?)で購入した赤い鍋。ジャムを数回煮ただけで、ずっと戸棚の奥に。北欧のモノという記憶だけがあって、それ以上の詳しいことはわからないまま。そうしたらSPOONFULのオンラインサイトの「GOOD OLD」にこの真っ赤な両手鍋が!なんとアンティ・ヌルメスニエミがデザインしたフィンランド・FINEL社の両手鍋「DOUBLE HANDLE PAN」だと。オドロキました。それにしてもよく我が家にあったなぁと、何か不思議な気持ち。

| | コメント (4)

2011年10月30日 (日)

達成賞当選!

Img_1462びっくりしました。「家庭の節電宣言」キャンペーン事務局より宅急便が届き、中を開けたら「達成賞」当選通知といっしょに「保温敷きパッド」が入っていました。この夏、経済産業省が行った「家庭の節電宣言」に登録し、節電を心がけたら、8月の検針で前年比15%削減目標を達成。協賛企業から提供された商品に応募したら、みごと達成賞当選!まず当たらないと思っていたので、本当に驚きました。この冬も節電を心がけなくては。

| | コメント (2)

2011年10月29日 (土)

パン皿の手入れ

Img_1410Img_1427毎日新聞の日曜版に掲載している三谷龍二さんのエッセイ「暮らしを旅する」の中に、パン皿の手入れの仕方が載っていました。三谷さんが知人のカフェに遊びに行ったとき、オーダーしたものが自分のつくったうつわで出てきて、そのうつわの木肌の艶がなく、表面がカサカサしていたので、お店のスタッフの方にお願いして、ご自分で手入れをなさった話です。サラダやパスタなど、オイルを使う料理に使うのであれば、手入れは不要だけれど、パンなど乾いたものばかりだと、洗うたびに樹脂分がなくなってどうしてもカサカサしてしまいます。そのままにしておくとひび割れの原因になるので、時々油分与えるお手入れが必要になると。手入れの仕方は、食用油をキッチンペーパーに含ませ、器に塗り込むだけ。たっぷり油を塗った後、余分の油を布巾で拭き取って完了。さっそく試してみたら、お手入れ前と後の写真を見てもわかるとおり、カサカサお肌だった我が家のお盆とパン皿が艶のある潤いのあるお肌に。これって私たちのお肌と同じなのですねぇ~

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

2k540

2k540お友達が教えてくれた2k540。AKB48なら知っているけれど、2k540って何?と思いますよねぇ(笑)。JR秋葉原駅ー御徒町駅間の高架下に誕生した「ものづくり」をテーマにした施設です。工房とショップがひとつになった革小物やアクセサリー、メガネ、伝統工芸、生活雑貨のお店がたくさん出店しています。ちなみに、鉄道用語では、東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示し、この施設は2k540m付近にあるため「2k540」と名づけたそう。

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

ドトール白ココア

Img_1440 コーヒーが苦手なので、話題のカフェにも殆ど行きません。もちろんドトールへも(笑)。だからお友達からもらって「ドトール白ココア」を知りました。さっそく1袋をカップに入れ、温めたミルクを注いで飲んでみました。ホワイトチョコの甘い香りがして美味しいheart04。でも、お湯でなくミルクで溶かすので、オフィスではちょっと無理。それがちょっと残念。

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

Zakkaのコースター

Img_1332 Zakkaは企画展のときも楽しいのですが、ふだんの静かな雰囲気も好きなので、先日、何も企画展が行われていないときに行ってきました。ゆったりとした間隔で棚に並ぶ器を一つ一つ見て回り、大テーブルの引き出しの中にそっと置いてあるなべつかみやコースターを手に取って選ぶひとときがほんとうに楽しいのです。Zakkaオリジナルのコースターはリバーシブル。中央のちくちく縫い目が可愛いアクセントになっています。

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

@shokupan

Img_1326 ルセットの@shokupan。牛乳や卵、バターなどが入っていない食パン。それでも軽くトーストしてバターをぬると、パン本来の美味しさが味わえます。特に端っこの耳が美味しいのです。3斤は、とても食べきれないので、お友達にもおすそ分け。残りはラップにしっかり包んで冷凍庫へ。

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

ハロウィーンパッケージ

Img_1276 Img_1246そろそろハロウィーン。縁がないなぁ~と思っていたら、ハロウィーンパッケージのお菓子をいただいてしまいましたhappy01。一つは「GODIVA ’11 イマジネール ミニプレッツェル」。もう一つは「ア・ラ・カンパーニュ」の焼菓子。 かぼちゃをかたどったクッキーの可愛いこと!そして、すごくしっかりとしたつくりのオレンジの箱!中身より箱の方が嬉しいかも(笑)。

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

地球にやさしい生活

20111019114212 今の生活を見直すきっかけになればと思い「地球にやさしい生活」を観に、上映中の新宿武蔵野館へ。車なし(電車もエレベーターも使わない)、テレビなし、電気なし(冷蔵庫も洗濯機もなし)、食べ物はすべて青空市場で買い、地産地消(コーヒーもダメ)、生ごみはミミズを飼って土に戻す、新品は買わない 等々、ニューヨークで究極のエコ生活を1年間実践した作家のコリン・ビーヴィン一家のドキュメンタリー映画です。見終わって、十分エコ生活への刺激を受けてきたはずなのに、帰り道、気が付くと、手には梱包材に包まれたファーストフードのランチセットが入った紙袋。学習していませんねぇ~反省。

| | コメント (2)

2011年10月22日 (土)

華順 バッグと革小物展

Img_1370 今日から、Ekocaで華順さんの作品展が始まりました。去年は3時ごろ行ってもまだ整理券を配っていて、すぐに入店できなかったのですが、今年は3時半頃行ったらすんなり入れました。そして嬉しいことに、販売個数の制限をしていたおかげでしょうか、作品も残っていて、この新作のパスケース&キーケー(スイカやパスモ入れとキーケースの一体型)や、バッグ、小銭入れや名刺入れ、ティッシュケース、小物入れ等もまだ数点あり、いらしていた方は楽しそうに選んでいました。

| | コメント (2)

2011年10月21日 (金)

天然生活12月号

Img_1349 毎号、読むのが楽しみな「天然生活」。それは子どもの頃、大好きな雑誌を買ってもらい、ワクワクしながらページをめくった気持ちに似ています。今月号の特別付録は、セキユリヲさんデザインのマスキングテープ。嬉しい♪特集は、ささやかな「私らしさ」。とてもいいテーマですねぇ。人それぞれ私らしさがあって、それも“ささやかな”とつくところが天然生活らしくて好きです。登場するのは料理家・渡辺有子さんや手芸家・横尾香央留さん、ファーマーズテーブルの石川博子さんなど。皆さんの、何気ない習慣、小さなきまりを紹介しています。さて、自分の「私らしさ」って何だろう。ハタと考えてしまいました。

| | コメント (1)

2011年10月20日 (木)

「talking about」私とおしゃれ

Img_1306 n100出版から雑誌「talking about 私とおしゃれ」を創刊!と知り、どんな内容なのか読みたくて、たまらず注文(笑)。編集&ライターは元クウネル編集長の岡戸絹枝さん。おしゃれについて語る5人の方は、スタイリスト・吉場幸江さん、マガジンハウス最高顧問・木滑良久さん、作家・石田千さん、スタイリスト・伊藤まさこさん、フラダンサー・遠山こずえさん。中でも雑誌「オリーブ」に携わっていらした吉場さん(スタイリング)、木滑さん(創刊に関わる)、遠山さん(編集長)が語るオリーブの創刊や編集、スタイリングの話が実に面白く、皆さんの一言、一言が胸に響き、マーカーを引きたくなる箇所ばかり。じっくり、それこそ行間まで読みつくすほどのめり込みました。次回の発売が待ち遠しい。

| | コメント (2)

2011年10月19日 (水)

防災クロック

Img_1200 15年ほど使っている目覚まし時計の調子が悪く、音が響かなくなりました。リ…リ…と、やっと奏でる音も途切れがち。どうしよう、もう少し我慢して使うか、新しく買い替えるか。そうしたら友達が災害時に使えるラジオを買いたいと言う話をして、思い付いたのが、このセイコーの防災クロック。1台5役(アラーム機能付きの時計、乾電池が切れても使える手動発電、ライト、ラジオ、非常用ブザー、携帯電話充電コネクターもセット)という優れもの。もしものときの備えに常に枕のそばに置き、目覚ましとしても活躍してもらいます。

| | コメント (2)

2011年10月18日 (火)

マヨネーズあられ

Img_1134 この「とよす有庵」の「マヨネーズあられ」は、ラジオ番組で紹介されたのを聞いたお友達が、横浜そごうに行って自分用と一緒に買ってきてくれたもの。お店で試食して美味しかったという「かぜごろもチーズ」も。さっそくおやつに。袋を開けるとマヨネーズの香り!食欲をそそるぅ~(マヨネーズ好きなので)(笑)。

| | コメント (2)

2011年10月17日 (月)

スウィートクリップ

Img_1234 フランス製のランドリークリップ。毎日、洗濯するのが楽しくなりそうなカラフルな色づかい。ちょっとスモーキーな黄色とブルーの組み合わせが好き。これはクリップ部分が滑り止め付きで跡がつきにくく、コーデュロイ、ニットでもOK。ストッキング、シルク製品も傷つきにくいと。6個入りなので、もっと買えばよかった……

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

@vanilla premium

Img_1258 久しぶりに食べるルセットの@vanilla premium。先日、抽選販売をしていたので、申し込んだら当選。昨日届きました。さっそく切り分けて、お裾わけの用意。@vanilla premiumは、マダガスカル産バニラを使用したデザートパン。今回は嬉しいことにマロンシロップ付。国産小麦・エシレバター・自然卵・サトウキビ粗糖・ジャージー乳等々を使用した生地に、マロングラッセ・チョコレート・アーモンドスライス・オレンジピールを練り込んだ贅沢なパン。スライスして軽くトーストした上にマロンシロップをかけて。チョコとマロン、オレンジピールの絶妙なバランスと口どけに大満足。残ったマロンシロップはホットケーキやアイスクリームにかけたり、紅茶に入れたり、メイプルシロップの代わりに使います。

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

ファーマーズテーブルカレンダー

Img_1270 早々と「ファーマーズテーブル」の来年のカレンダーをいただきました。洒落た英数字の字体とレイアウト、そして雰囲気ある写真。来年といわず、今から部屋に飾っておきたいとびきりのカレンダーです。
勤務先でも業者にカレンダーを発注し、納品を待つ状態。年末まであっという間でしょうね。

| | コメント (2)

2011年10月14日 (金)

orSlow Painter Skirt

Img_1125 ここ数年パンツ党で、スカートは1枚も持っていませんでした。なのに、n100のコットンアーミーパンツスカートをお店で試してみたら、結構似合って?(笑)スカートもいいなと。で、味をしめて、今度はorSlow Painter Skirtを。サイズも形もほぼn100のスカートと同じ。こちらはデニム地で2年ほど愛用した様なニュアンスで洗い加工が施されているのが特徴。最初から柔らかく、履き心地もよくてお気に入り。でも勤務先では着用できないので、これは休日用。

| | コメント (2)

2011年10月13日 (木)

RummyとBacchus

Img_1202このロッテのチョコレート「Rummy(ラミー)」と「Bacchus(バッカス)を見て、懐かしい~と思う人もいるのでは。洋酒が入っているので、昔“大人気分”で食べた記憶が。今は季節限定で販売しているそうで、スーパーのレジ側にあ ったので、つい手にとってしまいました。ちなみに「ラミー」はサルタナンレーズンをラム酒に漬け込んだラムレーズンとガナッシュの組み合わせ。「バッカス」はコニャックをミルクチョコに閉じ込めた一粒チョコ。秋の夜長に食べるラミーとバッカス。また買いに行かなくちゃ。

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

ほほ日手帳のTOOLS&TOYS

Img_1193 お友達が「ほぼ日手帳」の「TOOLS&TOYS」の中から選んでくれたグッズいろいろ。飯島奈美さんのレシピブック2(全16品)は、すぐにでも作りたいおかずやサラダ、デザートが何品もあるし、メモ帳セット(色違いの3色の表紙は全部好きな色!)はバッグに入れて持ち歩くには、最適のサイズ(ミシン線がついて切り取れるのでとても便利)、TEMPLATEは楽しいし、ほぼ日手帳を使っていない私でも、全部お役立ち。嬉しいなぁ~♪

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

麻辣花生(スパイシーピーナッツ)

Img_1170 この麻辣花生(スパイシーピーナッツ)は、横浜中華街で。お友達が持ってきた切り抜き(雑誌「おとなの週末」横浜中華街特集)の中に載っていた一品。どんな味か食べてみたい~と、取り扱っている「隆泰商行」(関帝廟通)へ。ピーナッツと花椒(山椒)と唐辛子が粒のまま入っていて、これは辛そう~。ピーナッツだけ食べて、花椒や唐辛子までは、ちょっと恐くて手が出ない(笑)。ビールのお供に最適というので、お酒を飲む辛いモノ好きの同僚におすそ分け。

| | コメント (2)

2011年10月10日 (月)

カップヌードルミュージアム

Img_0791_3 Img_0797_3 Img_0801_3

横浜・みなとみらいにオープンしたばかりの「カップヌードルミュージアム」。お友達を誘って行ってきました~館内の写真撮影はOKなので、1F・ ミュージアムショップ、2F・インスタントラーメンヒストリーキューブ(インスタントラーメンのラインナップ展示)とクリエイティブシンキング ボックスのオブジェ(タテ・ヨコ・ナナメから見る)をパチリ。
3Fのマイカップヌードルファクトリーでは、自分で絵を描いたカップに、4種類の中から好みのスープを選び、12種類のトッピング具材の中から4つ選んでオリジナル「カップヌードル」が作れます。これが結構面白くて、数量限定で1人1食なのが残念なほど。最後に出来上がったマイカップヌードルをエアパッケージに入れてお持ち帰り。
総合プロデュースは、佐藤 可士和さん。ロゴをデザインしたミュージアムショップのオリジナルグッズもステキです。友達に赤、黒、白の色合わせ大好きImg_1159人間がいて、彼女がこの色づかいを見たら狂喜乱舞するはず(笑)。で、お土産にキャンパスノートとクリアファイル(A4とA5サイズ)、角ケシを。それと、思わず笑ってしまう「割り箸鉛筆ひよこ」も。

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

和栗のコンフィチュール

Img_1078 Img_1093 以前に「栗のコンフィチュール」を作ったとき、あまりに手がかかって、こんな面倒なことはもうしない!って思っていたのに、デパ地下で熊本産の大粒の利平栗を見たら、“これでコンフィチュールを作ったら最高だよね”と、悪魔のささやきが(笑)。結局2パック(1kg)買ってしまいました。今回はgiorniに出ていたHiroko TANAKAさんのレシピを参考に。まず鍋にたっぷりの水と栗を入れて30~50分ゆでます。ざるに上げて粗熱をとったら、栗を半分に切り、スプーンで実を出します。指が痛くなって、けっこう大変(でも無心になってこういうチマチマ仕事をしている時間が結構好き)。鍋に、栗(正味約600g)と水300ml、グラニュー糖200gを入れて火にかけ、弱めの中火でアクを取りながら煮ます(途中、取り残した渋皮が浮いてきたりしてちょっと焦りました~)。とろみがついてきたら、残りのグラニュー糖200gを加えて混ぜ、さらに縦半分に切ったバニラビーンズ(1/2本)の種をこそげ出し、さやごと加えて一煮立ちさせ、火を止めます。熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰めて出来上がり。バニラの甘い香りが部屋中に漂って、幸せ~。これは最高に美味しいコンフィチュール~delicious

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

teteriaの紅茶の時間 紅茶の道具

Img_1175 久しぶりのin-kyoでのイベントは「teteriaの紅茶の時間 紅茶の道具」(10月7日~11日)。コーヒーは全くダメで紅茶好きな私。かわいいパッケージの紅茶がいろいろ並ぶと聞いて、いそいそとin-kyへ。数種類並んでいる中からteteriaオリジナル紙箱入りの紅茶(CTC-MILK)と、teteria缶入りの紅茶(アッサム)を選んでみました。teteria缶は、デッドストックの陶器のバターケースを模した特注のブリキ缶。フツウお茶缶は丸いもの。四角のお茶缶はめずらしいとか。紙箱もしっかりした厚紙で作られて刻印が入っています。缶好き、箱好きなのでどちらもすごくお気に入り。さっそく紅茶を缶に入れて、明日から飲みます。嬉しいなぁ~

| | コメント (6)

2011年10月 7日 (金)

イイノナホさんのBlue bottle

Img_1137 イイノナホ展で会期中展示していた作品が届きました。美しいBlue bottleです。展示していたのは、確かSサイズ1本、Mサイズ6本、Lサイズ1本で、これはMサイズ。イイノナホさんがご自身のブログに書いていらした「ホ オポノポノ 読んだことありますか? ヒューレン博士のお話。それに出てくるブルーボトル。ブルーボトルに水を入れて飲むと願いが叶うって。つくってみました。今度の個展でお見せ出来ます。クローバーのスタンプが付いています。」を読んでからブルーボトルのこと、ずっと想っていました。出合えてほんとうに嬉しい。

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

柿ジャム

Img_0951 3個パックで買った種なし柿。二日ほど部屋に置いて、さぁ食べようとしたら、3個とも熟してジュクジュク状態。買ったときは硬めに見えたのに…。で、これはチャンス!とばかり、柿ジャム作りに挑戦。これも梨ジャムと同様にあまりメジャーでないようなので、レシピは自己流。柿の皮をむいて、ボウルに入れてギュッとつぶして(トロトロ状態)、その重さの30%のグラニュー糖とレモン汁1個分を加え、グラニュー糖が溶けたら、鍋に移して強めの中火でアクをとりながら一気に煮ます。5分ほどで、程良いとろみがついたので、火を止めて、煮沸消毒した瓶に詰めて出来上がり。今まで作ってきたジャムの中で一番短時間でとろみがついたのがこの柿ジャム。これは、トーストしたパンにおススメ。

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

いぶし銀

Img_1113 「究極の手揚げもち」というだけあって、この茨城県・鹿島米菓の「いぶし銀」は、今まで食べた揚げせんの中ではピカイチではないかと。はじめ“ドラ付醤油”を食べたら、その美味しさにハマり、次に“ぶっかけ塩”も買って、どちらも手が出る、手が出る。おやつに出したら、「これはホント究極だね、これ以上太るとマズイのに手が止まらないよ」という声が。年配の人は、郷愁をそそる味だと。

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

海藻塩と姫ひじきの塩

Img_0959 調味料の中でも特に“塩”に興味があって、いろいろ試しています。この料理研究家かえる食堂の松本亜希子さんおススメの「姫ひじき塩」は、「364」のイベントで。新潟の「海藻塩」はお土産にいただいたもの。どちらも味わい深い、旨みのある塩です。炊きたてご飯の塩むすびの美味しいこと!いつもの野菜炒め、焼き魚、お吸い物が、ひと味美味しくなります。フライパンにオリーブオイルとつぶしたにんにく一かけを入れて火にかけ、にんにくの香りがたってきたらきのこを加えて炒め、塩、コショウするだけの簡単な炒め物も塩のおかげで、ぐっと旨みが増した気がします。

| | コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

坂野友紀さんのアルミの箱

Img_1067 去年の12月、南青山の「うつわ楓」で開催した「坂野 友紀 アクセサリー展」でオーダーした「アルミの箱」が届きました。個展で「ギフト用の箱」として展示していたアルミの箱は、9cm×9cm×1.5cm。アクセサリ-ボックスにしたいので、もっと大きなサイズがあったらと、坂野さんにお願いしたら「時間がかかりますが、お作りします」と引き受けてくださいました。待つこと10ヶ月。届いたアルミの箱のサイズは16cm×16cm×5cm。高さがあるので、アクセサリー類が楽に仕舞えます。

| | コメント (6)

2011年10月 2日 (日)

菊見せんべい

Photo_2 Img_1049 へび道から千駄木駅へ向かう途中にある風情ある建物が「菊見せんべい」。次々お客さんが買っているのをみて、思わず私も(笑)。菊見せんべいは、どれも四角い形(約7.5cm四方)。この醤油せんべいの他に砂糖がけ、七味せんべい、茶せんべい等があり、それぞれ1枚から売っています。最近は揚げせんばかり食べていたので、堅焼きの昔ながらの真っ当なお煎餅は久しぶり。

| | コメント (4)

2011年10月 1日 (土)

atelier de florentina

Florentina Img_1054 atelier de florentinaは、根津からくねくねとした“へび道”を通って、千駄木に向かう途中にある白い建物の小さなお店。ケーキ屋さん?と思って中に入ってみたら、フランスの焼き菓子「フロランタン」の専門店。ナッツの香ばしい香り~。ちょうど店内のオーブンで焼いたフロランタンををカットしているところでした。プレーン、焼きりんご、シトラス、そばの実&黒ごま等々数種類のフロランタンが綺麗に並んでいます。すべて一人で作っているそうで、食べやすいように4つにカットされたフロランタンは、とても美味しかったですよ~

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »