« 古家具でなごむ 夏の和暮らし | トップページ | 新生姜の酢じょうゆ漬け »

2011年8月 8日 (月)

青森りんごジャム

Img_0385_2伊勢丹新宿店でEkocaが出展しているステージ#5、ちょっと隣のスペースをのぞいたら、東京ゲストハウス「モノデアイ」という、日本の良いもの、面白いものをセレクトしたイベントを開催中でした。店頭に置いてあったパンフレットには「モノ+デアイ 物、者 出会い モノデ+アイ モノで愛」というコピーが(笑)。このイベントに参加しているクリエイター&ブランドは、CLASKAやbiotopeなど16。この3種類のジャムは、katakanaで扱っている缶入り(今どき珍しい)の青森の手づくりジャム。 開封後は別の容器に移す手間がかかるけれど、缶に貼られている昭和初期か らずっと変わっていないというラベルにひと目ぼれ(もんぺを着た女の人が描かれた古風なラベル!)。りんごジャムは、ペースト状の優しい味のジャム、いちごジャムは青森産のいちごが粒のまま入ったジャム、りんごスライスジャムは、パンにぬってシナモンシュガーをかけるのがオススメとか。しばらくキッチンに飾って置きたい。

|

« 古家具でなごむ 夏の和暮らし | トップページ | 新生姜の酢じょうゆ漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古家具でなごむ 夏の和暮らし | トップページ | 新生姜の酢じょうゆ漬け »