« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

WOOD BEAR

Img_0723 北欧熱がぶり返してしまいました~。SPOONFULのオンラインショッピングで紹介していた「WOOD BEAR(木彫りのクマ)」に一目惚れ。フィンランドのおじいさんが彫ったクマは、愛らしい体型、丁寧に彫られた毛並、穏やかな顔つき、とても心が和みます。無類のクマ好きなので、これは仕方ないかなと(笑)。明日から9月です。

| | コメント (4)

2011年8月30日 (火)

homspun工作室

Img_0250渋谷区富ヶ谷にあるhomspunのTシャツは、私の必需品。そのhomspunのショップの隣に工作室ができたというので、先日のぞいてみたら、デザイナー・甲斐さんの作る布小物が並んでいました。どれもどこかに遊び心があって楽しい。小さなコースターのセットや、窓に下げたら面白いと思うオブジェ、何を入れようか迷ってしまうほどオシャレな布袋、 これは大きめのクロス。テーブルにかけても、風呂敷にしても使い道はいろいろ。

| | コメント (2)

2011年8月29日 (月)

giorni 2011 AUTUMN

Img_0656 毎日、キッチンに置いているアンティ・ヌルメスニエミの赤いほうろうのポットを見ているうちに、自分の中の北欧ブームに火が付いたようで(笑)、本屋でつい手に取ってしまったgiorni 2011 AUTUMN。特別付録のリサ・ラーソンさんの「オリジナルブックカバー」にも惹かれました。特集は「北欧 幸福度№1の暮らし方」。そして「伊藤まさこさんの、旅スタイル 那須」では二期倶楽部に滞在して、SHOZO CAFEなど周辺にも足を延ばしています。「『SPOONFUL』おさだゆかりさんの暮らし」では、おさだゆかりさんの新居に置かれた北欧家具や雑貨に見入ってしまいました。飛田和緒さんのわが家の定番、一汁一菜なども熟読。あ~いつか行きたい北欧!

| | コメント (2)

2011年8月28日 (日)

松澤紀美子さんのポーチ

Img_0467 petit cul(プティ・キュ)・松澤紀美子さんの作られるオリジナルの布製品が好きです。特にコースターは内布が入って3層になっており、そのふっくらとした姿は見ているだけで心和みます。そしてやはりふっくらとしたポーチ。目黒のCLASKA(クラスカ)では数種類置いてあり、同じ麻でもひとつずつ風合いが違い、選ぶのに困るほど。もちろん裏地もすべて違います。これは表地が麻のグレー、裏地は綿麻のマドラス青。とても丁寧な作りです。CLASKAでは“petit cul”のバッグ、エプロンなども置いてありました。

| | コメント (0)

2011年8月27日 (土)

ブルーベリージャム

Img_0619Img_0633スーパーでパックに入った生のブルーベリーを見かけるようになり、ジャム作りどうしようか迷っていたら、天然生活の「家仕事ごよみ」にブルーベリージャムのレシピが載っていて、作るなら今!と急にやる気に(笑)。青山のナチュラルハウスに寄ったら、北海道産の有機ブルーベリーパック(100g入り)があり、レシピでは250g用意するとあったので、さて、どうしよう。でも、ここは一気に500g作ることにして5パック購入。砂糖はてんさい糖を200g用意。 ブルーベリーを洗って水気を切り、鍋にブルーベリーと砂糖を入れ全体に混ぜ合わせ、約30分置きます。その間、保存瓶を熱湯で13分以上煮沸消毒しておきます。鍋を中火にかけ、混ぜながら加熱し、沸騰するとアクが出てくるので火を止めてすくい取り、アクが出なくなるまで2~3回繰り返します。木べらでかき混ぜながら5分ほど煮れば出来上がり。熱いうちに保存瓶へ。少しゆるめな状態でも、冷えるととろりとして上手くできました♪500gのブルーベリーで、出来上がりは保存瓶4本と少し。

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

さつまいもキャラメル

Img_0641 そろそろ秋の気配(ほんの少し)を感じるようになってきました。秋と言えば“さつまいも”なのでしょうか(笑)。森永ミルクキャラメルの新製品は“さつまいもキャラメル”。6月に発売にした“杏仁キャラメル”に続く味。パッケージを伏せて、この味わかる?とおやつに配ったら、ほとんどの人が「何となく懐かしい味だけれど…」と言ってわからず、「さつまいも味」と教えると、皆、口を揃えて、そう!そう!と(笑)。ミルク味が濃いけれど、確かに焼き芋の美味しさが感じられます。もう一つ同時に発売したらしい「和栗キャラメル」。まだ見ていないけれど興味ありますね~

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

Zakkaのカレンダー

Img_0630毎年、秋になるとZakkaの来年のカレンダーを買うことが恒例になっています。と言ってもまだ8月。少し早すぎでしょうか(笑)。表紙のカバーにZakkaの企画展で見かけた作品が写っているとじっと見入ってしまいます。私の誕生月5月は大好きな“なべつかみ”!嬉しい♪

| | コメント (0)

2011年8月24日 (水)

インウイ ザ リップライナー

Img_0363 何度リピート買いしたかわからないインウイのザ リップライナー。どんな色のリップにも合う万能のリップライナーです。他のブランドのリップライナーを使っても、やっぱりこれに戻ってしまいます。それに、他のブランドはいろいろな色の中から選ぶでしょう?これは1色しかないので買うときに迷わない、ズボラな私にはぴったり(笑)。ただ、たいてい店舗に置いていないので、その都度お取り寄せしてもらう手間がかかるのです。あ、そうそう、同じインウイのザ ブローライナーもずっと使い続けています。これも1色で絶妙な色。ホルダーも持ちやすく、眉を描きやすい。どちらも、製造中止になってしまうのが怖くて、常にストックしています(笑)

| | コメント (2)

2011年8月23日 (火)

天然生活10月号

Img_0598 無心にお菓子を頬張っているときはホントに幸せ(たとえ職場でも)(笑)。天然生活10月号の特集「ほっと息ぬく 甘いもの」に出ている「私の口福スイーツ」や「銘菓と名菓」を読むと、しばし心が和みます。
実は今回、定期購読している天然生活10月号を読むことができたのは月曜日。今月号は土曜発売だったので、ゆっくり週末に読める~と思っていたら、届かない。ポストを何度のぞいても入っていない…。日曜の夕方になっても届かない…(泣)。もしかしたら、よそのお宅に誤配されたのか、あれこれ気になって仕方がない。でも、休日なので問い合わせもできない。暗~い気持ちで迎えた月曜の朝、出勤前にポストをのぞいたら入っている!日曜の夜に配達されたのだと思うけれど、嬉しい!!こんな些細なことでもストレスになるのですねぇ。でも、無事に手元に届いて、お菓子のページをめくっていたら、テンションも上がりました♪

| | コメント (2)

2011年8月22日 (月)

サンクゼール

Img_0594 夏休みに長野を旅した同僚からのお土産は、サンクゼールの生野菜入り農場ソースとカルパッチョソース。サンクゼールは私にとって初めて聞く名前。でも長野では有名なお店らしい。調べたら都内でも買えるようなので嬉しい発見。旅先でのお土産選びは難しいのに、このソースを下さった方はいつも私の知らない店の食材を選んできて、それが実に美味しい。軽い気持ち?(笑)で選んでいると思うけれど、この美味しいモノを見つける感覚、嗅覚?は見習いたいものです。

| | コメント (2)

2011年8月21日 (日)

桃と巨峰のシロップ

Img_0474 このところ、シロップ作りに目覚めて(笑)、ジャムを作るより楽?なので、いろいろ試しています。でもやはり気になるプロの味。というわけで、Maison romi-unieで季節限定の「Sirop Ballon(バロン)」(白桃と巨峰のシロップ)を買ってみました。桃とぶどうで作る贅沢な夏らしいシロップ。甘くないソーダで割って飲むのが一番おススメとか。白桃と巨峰の組み合わせ、さすがです。

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

「平成二十三年・秋」の雨傘展のお知らせ

Img_0586本日、イイダ傘店から「平成二十三年・秋」 雨傘展示受注会のDMが届きました。 6月下旬に日傘が届いたと思ったら、もう秋の雨傘展。何と早いこと!東京会場(9月3日~11日)は、春と同じアノニマ・スタジオで。毎回、イイダ傘店の趣向を凝らしたDMにワクワクするのですが、今回も透明の袋に入ったDMを開くと、中に押し花が一輪!そしてDMに描かれた美しい植物画。これは、もしかして、新作テキスタイルのヒント??オーダーする、しないはともかく、秋の雨傘展、見に行きたくなります。

| | コメント (0)

2011年8月19日 (金)

イイホシユミコ作品展

Img_0573 伊勢丹新宿店・3階プライムガーデンで17日~22日まで、イイホシユミコさんの作品展を開催中。プロダクトシリーズと併せ、個数限定でハンドワーク作品(110個ほど制作してくださったそう)も販売しています。すべて貴重な一点もの。初日に多数売れてしまい、私が行ったときには、人気の白い質感の作品(ポット、マグカップ、深さのあるふた付きの小物入れ“ボイット”など)はほとんど売り切れで、この淡いブルーの作品(器やカップ)が多少残っていたくらい。通常販売しているプロダクトシリーズに比べ、ハンドワークの作品が少なくなってしまったので、今週末にまた少し入荷するかもしれないと店員さんが言っていました。興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか。プロダクトシリーズも伊勢丹限定色が入荷していましたよ。

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

月の雫の塩ミルク

Img_0559 平翠軒でギフト用にお酒好きの人が喜びそうな酒のつまみを選んでいたら、「アル・ケッチャーノ奥田シェフのレシピでつくりました アル・ケッチャーノ 月の雫の塩ミルク」発見!庄内の食材を使った料理で有名なレストラン「アル・ケッチャーノ」のアイス!これはもちろん自分用。連日の猛暑にもうへろへろ(今日は今年一番の暑さ、きつかったぁ~)。この塩ミルクアイス、早く食べようっと。

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

R & D.M.Co-

Img_0415 Img_0402 classicoでALDINのタオルを買い、この本「R & D.M.Co-」(なんて素敵な装丁!)を読んだら、もうALDINのリネンの虜(笑)。池袋リブロでは、書籍と一緒にR & D.M.Co-の製品(メールオーダーできるキッチンクロスやハンカチ)が数種類置いてあり(以前も「日々」の発売に合わせて作家さんの作品を置いていた)実際に手に取って買えるのです。このリネンガーゼハンカチ№270_aはストールと同じ生地を使い、首に巻いたりするにもちょうどいいサイズ。ふわっとしてすごく軽い。ブルーと白のストライプも好み。
ちなみにR & D.M.Co-はResearch & Development Manufacture Co-の略。

| | コメント (6)

2011年8月16日 (火)

柑橘シロップ

Img_0554 手作りフルーツシロップ作りにハマってしまいました。果物を買うと、食べるより先に作りたくなって(笑)。今度は酸っぱくてちょっと苦みもある柑橘類を使って“柑橘シロップ”作り。やはりLEEに出ていた星谷菜々さんのレシピを参考に。材料はピンクグレープフルーツ1個、レモン1個、ライム1個、グラニュー糖(柑橘類と同量)。オレンジだと親しみやすい甘さに仕上がるというので、一緒にオレンジ1個も追加。最初に柑橘類はぬるま湯でよく洗うか、塩でこすり洗いしてワックスを落とし、薄くスライスします。煮沸消毒した瓶に柑橘類とグラニュー糖を交互に入れてフタをして、冷蔵庫に入れ時々瓶を上下に振り、グラニュー糖がすべて溶けるまで漬けるだけ。なんと簡単なこと!でも、スライスした柑橘類の重さが1kgもあって、グラニュー糖も1kg用意することに。だから保存瓶2瓶になってしまいました。ちょっと作り過ぎでしょうか…

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

ムーミンどらやき

Img_0535東京駅近くで友達とランチするために大丸東京店の前を通ったら、期間限定で「ムーミンプレミアムショップ」がオープンしているではないですか!それも明日16日まで。ランチ中も、頭の中はムーミンでいっぱい(笑)。食事した後、友達といっしょに大丸へUターン。友達は半ばあきれ顔しつつ、それよりこれが可愛いとか、いっしょにムーミングッズを品定め。この文明堂の「ムーミンどらやき」は、(友達は)文明堂のどらやきならいつでも買えるじゃないと言っていたけれど、ムーミンの焼印がついた限定パッケージのどらやきは今だけ。この機会は逃せません(笑)。ちなみにパッケージに書いてあった「8月9日はムーミンの日」って、ムーミンの作者トーベ・ヤンソンさんの誕生日だそう。

| | コメント (2)

2011年8月14日 (日)

黄鮒最中

Img_0519 宇都宮に行ってきました。心配していたゲリラ雷雨には遭遇しなくてよかったけれど、北関東も暑~いです。日傘をしっかり握りしめ市内を歩き回った後、お土産にしたのは、宇都宮のうつわのお店「たまき」の郷土菓子「黄鮒最中(きぶなもなか)」。毎年、宇都宮に来るたびに何を買おうか迷って、去年は古印最中、その前は那須トラピスト修道院の「ガレット」や雅洞の「みかも山」、うさぎやの「チャット」などを。今年はJR宇都宮駅グラスボックス内のとちぎ県産品センターで、宇都宮を詠んだ詩歌や名所などを版画でデザインした包装紙とパッケージ、黄鮒のかたちの可愛さに惹かれ「黄鮒最中」に決定。それにしても帰りの電車のクーラーが効きすぎて寒かったこと。クーラーよけのストールを持たずに来たことを後悔したほど。停車駅で電車の扉が開くと入ってくる熱風が冷え切った身体には心地よくって(笑)。 

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

桃シロップ

Img_0504 昨日、桃をいただいて、すぐに食べてしまうよりコンポートかジャムを作ってゆっくり味わうのもいいなと思っていたら、LEEに星谷菜々さんの「暑い夏をおいしく乗り切る、手作りフルーツシロップ」が出ていたのを思い出し、“桃シロップ”をつくることに。桃2個(皮と種を除いて300g)をざく切りにして、ミキサーにかけピュレ状にしてから鍋に入れ、グラニュー糖150g、レモン汁大さじ1を加えて中火にかけ、煮立ったらアクを取り除き、火を止めて出来上がり。ジャムに比べて短時間に煮上がって簡単。ただ、ミキサーにかけるのがちょっと面倒かも。でもそのひと手間でとろりとした滑らかなシロップになると思うと結構楽しい。煮沸消毒した瓶に入れ、冷めたら冷蔵庫へ。ヨーグルトに、かき氷に、炭酸ソーダに、使いみちはいろいろ。

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

コカ・コーラ125周年記念ボトル

Img_0494 このコカ・コーラのボトルがコンビニのウィンドウにディスプレイされていたので、店内に入ってよ~く見たら「コカ・コーラ125周年記念ボトル」でした。1899年頃使用されていたボトルを再現したものらしく、ボトルには「PROPERTY OF THE COCA-COLA CAMPANY」の文字が。何ともレトロな雰囲気のボトルではないですか。キャップにも「125years」の文字が。値段は125周年にちなんでいるのか125円。しっかりとしたガラス瓶なので、飲み終わったらシロップ入れに使うつもり。花瓶にしてもよさそう。これは捨てられませんよね。

| | コメント (2)

2011年8月11日 (木)

おかいものクマ うちわ

Img_0485 連日暑いですねぇ~それでも去年と比べ、何とか元気に過ごせているのは、毎日、水で割った“梅シロップ”をがぶがぶ飲んでいるからではないかと(そう思うのは私だけ?)。シロップなので太る心配もしつつ(笑)、梅のエキスが溶けた梅シロップが美味しくて、コップに何杯も飲んでしまいます。
西武で配っているこの“おかいものクマ うちわ”は、コピー(人間は脱げるからいいよ。)に、ニコッとしちゃいます。確かにクマは厚い毛皮を身にまとい、真夏には脱ぎたいですよねぇ~
今日からのんびりとアップしようと思っていると、心にゆとりができたのでしょうか、気持ちが楽になれました。気負わないこと、焦らないこと、大切ですねぇ~

| | コメント (4)

2011年8月10日 (水)

プライモーディアル

Img_0484 昨日から「ほぼ日」のサイトで、アンリークイールの「いっぱいしあわせがすくえますように」という願いをこめたスプーンのかたちをしたペンダント「PRIMORDIAL(プライモーディアル)」の抽選販売が始まっています。すべてアンリさんの工房でつくられた手づくりのアクセサリー。牛革のスプーンには笑顔が刻み込まれて、なんて愛らしいこと!アンリファンでなくともこれは欲しくなるはず。抽選に応募しようとしたら、今日(10日)からアンリークイール青山本店でも販売をすると!これは何をおいても行かねば(笑)。アンリークイールの店で購入すると、スプーンをしまう特別の革のケースがついています。ケースの革の色で選ぶか、スプーンの顔立ちで選ぶか、迷う、迷う(笑)。買いにいらした方は、お友達やお店の方と相談したり、皆さん真剣に選んでいました。今年の夏休みは4日間。旅行する予定もないので、この“幸せのシンボル”を手にしたことが最高の思い出となりそうです。
ブログを始めたときの目標は、記事数100を書くこと。それが500、そして1000を超えたときから、遠くの目標として2000がありました。本日ようやく、2000達成!です。ここまで約5年半。備忘録のつもりで書き始め、皆様が読んでくださることを励みに書き続けたら、いつの間にか2000になっていたという感じがします。すべて皆様のおかげです。ほんとうにありがとうございます。
自分の中では一区切り。これからは、無理せずにゆっくりとしたペースでアップしていくつもりです。これからもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (8)

2011年8月 9日 (火)

新生姜の酢じょうゆ漬け

Img_0269 クウネルに連載している「高橋みどりの伝言レシピ」。読むと必ず作りたくなる料理が載っています。今回は、杉本陽子さんが教えてくれた「新生姜の酢じょうゆ漬け」。新生姜(250g)を薄くスライスしてしばらくザルに並べておき、しょうゆ、みりん、酢各50ccを鍋に入れ、一煮立ちさせ冷ます。熱湯消毒した瓶に新生姜を詰めて、冷ました酢じょうゆを注ぎ、冷蔵庫へ。2~3日で食べられます。高橋みどりさんは新生姜が大好きで、店先で見かけるようになると、つい大量買いしてしまうそうですが、私も、瑞々しい新生姜を見ると買わずにいられません。佃煮や、甘酢漬け、作るのが楽しいのです。

| | コメント (3)

2011年8月 8日 (月)

青森りんごジャム

Img_0385_2伊勢丹新宿店でEkocaが出展しているステージ#5、ちょっと隣のスペースをのぞいたら、東京ゲストハウス「モノデアイ」という、日本の良いもの、面白いものをセレクトしたイベントを開催中でした。店頭に置いてあったパンフレットには「モノ+デアイ 物、者 出会い モノデ+アイ モノで愛」というコピーが(笑)。このイベントに参加しているクリエイター&ブランドは、CLASKAやbiotopeなど16。この3種類のジャムは、katakanaで扱っている缶入り(今どき珍しい)の青森の手づくりジャム。 開封後は別の容器に移す手間がかかるけれど、缶に貼られている昭和初期か らずっと変わっていないというラベルにひと目ぼれ(もんぺを着た女の人が描かれた古風なラベル!)。りんごジャムは、ペースト状の優しい味のジャム、いちごジャムは青森産のいちごが粒のまま入ったジャム、りんごスライスジャムは、パンにぬってシナモンシュガーをかけるのがオススメとか。しばらくキッチンに飾って置きたい。

| | コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

古家具でなごむ 夏の和暮らし

Img_0378伊勢丹新宿店で開催中(8月3日~22日)の「古家具でなごむ 夏の和暮らし」展にEkocaが出展しています。日本の古家具や和暮らしをテーマに、ほうきやちりとり、石川ゆみさんの布小物(クロスやランチョンマット)、竹のかご、江籠さんの木のスプーンやケーキサーバーなどの台所道具、琺瑯の器、そしてこの太宰久美子さんの全部絵柄が違う小皿等々が並んでいました。 Ekocaでお馴染みの作家さんの作品を伊勢丹で見ると、また新鮮な感じがします。

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

かえる食堂をいただく夏市場

Img_0426 西荻窪の364で松本朱希子さんの「かえる食堂をいただく夏市場」を8月5~7日の3日間開催しています。かえる食堂でおなじみのカステイラをいただける機会はそうないこと。で、何としても買いたいと頑張って(笑)、本日開店30分後に到着。 レモンのシロップもカステイラも昨日夕方には完売してしまったそうですが、嬉しいことに松本さんが追加のカステイラ(プレーンとマーマレード)を焼いてくださり、無事買えました!それと広島のご実家で仕込みをした梅干しやお味噌、かえる食堂の8月生まれのジャム「すももジャム」も買えたのは、「一人、1個でお願いします」としてくださったおかげでは。それと、松本さんの植物を描いた繊細なイラストが好きなので、京都モーネ工房の器に松本さんが絵付けした小皿もお持ち帰り。

| | コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

ALDIN

Img_0424 前から興味があったALDIN(アルディン)の綿と麻のWガーゼ・バスタオル。手にしたのは、根津にあるclassicoで。乾きが早く、吸水性もよいと聞き、店頭に置いてあった一度洗いをかけたタオルで、感触も確かめて選びました。
タオルの上のパンダは、classicoが、ALDINの展示会でオーダーした手作りのパンダ(Stuffed Toy Panda)の最後の1体。なんだか私が来るのを待っていたようでお持ち帰り(笑)。R & D.M.Co-(ALDINのデザインを担当している しむら夫妻のブランド)のリネン生地を使用して、首には赤い紐、ゴールドのメダル、足に織りネームが付けられ、ちょっと大人っぽい面立ち。

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

塩すいか

Img_0238熱中症を防ぐには、適度な塩分と水分補給を心がけるようにと聞き、持ち歩き用に、塩あめを選んでいたら、こんな面白い“塩すいか”キャンディ(宮川製菓)をみつけました。スイカの形をした飴で、それも赤色のスイカと黄色 のスイカが入っていて、ちょっと楽しめます。スイカに塩を振りかけるとより甘味が増すことから、こんな塩あめを作ったのかなと想像してしまいます。程々の甘さとアクセントの塩味は、ごくフツウの飴の味。これは味より、形でオススメ(笑)。

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

ショコラティエ イナムラ ショウゾウ

Img_0318 日暮里駅北口改札 西口出口を出て、地図を見ながら、中野屋めざして歩いていたら、チョコレート専門店「ショコラティエ イナムラ ショウゾウ」の看板が!中野屋の帰りにもちろんお立ち寄り(笑)。ガラス張りのお店の中はカフェもあり、とても素敵。今回は皆のおやつ用にクラシックショコラを。しっとりと濃厚なショコラは大人好み。

| | コメント (2)

2011年8月 2日 (火)

中野屋の鰻の佃煮

Img_0281 少し前にクロワッサンの「手みやげをひとつ」に「志ん生も愛した、昔ながらの江戸下町の味」として中尾 彬さんが紹介していた中野屋の「鰻の佃煮」。日暮里に行く機会があったので、帰り道、寄ってみることに。夕方5時40分には閉めてしまうというのでその前に。日暮里の駅から徒歩数分のところにある、いかにも下町の佃煮屋さんという風情のお店。人気の鰻の佃煮の他にきゃら蕗、葉唐辛子、昆布の佃煮なども。煮豆やアサリの佃煮は夏場は作らないそう。冷蔵庫で保存すると多少固くなるので電子レンジで温めて、付属のたれ、山椒を添えてお茶漬けとして食べるのがおススメとか。

| | コメント (2)

2011年8月 1日 (月)

ブランドムック本「ロイヤル コペンハーゲン」

Img_0357 これこそ衝動買い(笑)。宝島社のブランドムック本「ロイヤル コペンハーゲン」。書店で見本に置いてあった特別付録のキャンパス地のトートを手に取ってみると、サイズ(H22×W37(上部)/20(下部)×D17)も、たくさんモノが入る舟形も好み。クラウンと3本波の刺繍が若干?目立つけれど(笑)夏らしいネイビーと白のデザインに惹かれ、すぐ使おうと、レジへ。ムック本は、ロイヤル コペンハーゲンのブランドヒストリーから新作までの作品紹介、食卓の風景、イヤープレートの楽しみ方など、ロイヤルコペンハーゲン好きにはとても参考になるのでは。
でも一番心に残ったのは、デンマークに息づく「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉。家族や親しい人とともに食事や散歩するなど、ゆったりと心地よい時間を共有しながら、そこに流れるやさしい雰囲気を指すデンマーク語だそう。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »