« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

天然生活 5月号

Img_9089 約10日ほど遅れて手元に届いた「天然生活」5月号。ざわざわした心がようやく落ち着いてきたので、前と同じような気持ちで読めました。ふつうの暮らしがどんなに大切であるか、身に沁みます。大震災前に記事が作られたのでしょうか。「暮らしの形と台所」の中にあんざい果樹園・安斎明子さんの「農家」の台所が載っていました。早くご自宅に戻られて平穏な日々が過ごせますように祈るばかりです。
3月も今日で最後。あっという間に過ぎました。明日から4月。桜も開花しています。

| | コメント (2)

2011年3月30日 (水)

ソフトワッフル

Img_8956 大好きなベルギーのロータスからソフトワッフルが発売になっていました。プレーンタイプとシュガータイプの2種類あり、そのままでも美味しいけれど、トースターで軽く焼くと、表面がカリッとしてより美味しくなります。部屋に甘い香りが広がって、おやつ以外に朝食にも食べたくなります。

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

モヨリノ 2011春

Img_9106 「モヨリノ 2011春」の特集は「はじまりの春」。郵便局で手に取り、タイトルが心に沁みました。こんなときだからこそ、元気を出してはじめなければ
特集の中では、料理研究家・浜内千波さんの「これだけで、料理上手の仲間入り。“おいしい”の基本を召し上がれ」がお役立ち。調味料の割合さえ覚えれば、煮物や丼物もこんなに簡単!と教えてくれます。煮魚は水:醤油:みりんを6:1:1で合わせて(これは肉じゃがにも応用できる)。ひじきの煮物は8:1:1で、めんの付けつゆや親子丼は4:1:1。他においしく炊き上がるお米の洗い方や“だし”の取り方、正しい包丁の使い方なども。
巻末に、春のごあいさつにお使いくださいと、イラストレーター渡辺宏さんのポストカードが付いています。

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

カラメルふじりんご

Img_9048 最近まで、乳製品(牛乳やヨーグルト)や食パンが品薄になって、不自由していましたが、ようやく出回ってきて(個数制限はありますが)ホッとしています。まず、ヨーグルトに添えたかったのが、あんざい果樹園のジャム。福島産のものを買うことが支援につながるのではという思いで、in-kyoに行って、真っ先に買いました。今回選んだのは「カラメルふじりんご」。そうしたら、店主の中川ちえさんも福島産のお酒を買われたそうで、思いは同じなのですね。ちなみに、あんざい果樹園さんは、大震災直後、無事にお嫁さんの実家に避難なさったそうで安心しました。

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

菜の花

Img_9077 Img_9069_2友達と話すと、皆一様に「何となくやる気が出ない」と言います。家族の食事をつくるのも何だか億劫になって、手を抜きがち。埃が気になるので掃除しなくちゃと思っても、後回し。繁華街に出かけるのも、気が進まない。テレビを見ても、本を読んでもボーっとしがちで頭に入らないと。私も同じ。でも、そろそろフツウの生活に戻らなくてはと、デパ地下へ。春野菜のコーナーを見て、心を和ませ、菜の花を買いました。まず、少し取り分けて水を入れたガラス瓶に。少ししおれた菜の花がピンと生き返り、つぼみもすぐに開きそう。それから残りの菜の花を使ってレシピを参考に浅漬け作り。軸を1cmほど切り落とし、塩少々を加え沸騰した湯で1分ゆで、ザルに上げ、米酢100cc、水150cc、きび砂糖大さじ2、塩小さじ2を合わせて、菜の花を10分ほど漬ければ出来上がり。時間が経つと色が変わるので、早めに食べないと。

| | コメント (2)

2011年3月26日 (土)

食器棚

大震災のとき、我が家の食器棚は倒れず、器も割れなかったのですが、この際、食器棚の中を徹底的に整理することに。不用の食器は友達が引き受けてくれるというので、その言葉に甘えて、さっそく始めました。買って一度も使っていない食器の出てくること、出てくること。確か、そのときは気に入って買ったはずなのに。反省、反省。本当に好きなものだけを残そうと、せっせと区分け。箱の中にクッション材を敷き詰めて、1枚、1枚割れないように細心の注意を払い、梱包完成。すっきりとした食器棚を見て、次は何を整理しようか思案中。
ちなみに、計画停電区域に住む知人は、もうぜったい使うことがないと思って石油ストーブや電池式のラジオを去年の暮れに処分してしまい、すごく後悔していました。その気持ちもわかる、わかる。モノを処分するって難しい。

| | コメント (4)

2011年3月25日 (金)

My Kyoto

Img_9055 この小冊子「My Kyoto」(季刊)は、都営大江戸線・蔵前駅の改札近くのラックの中に置いてありました。無料の情報誌にしては中身が充実しているので、毎号取るようにしています。なぜ大江戸線沿線の駅に置いてあるのか不思議なのですが。
“京都”懐かしい言葉。去年、京都旅行したことが遥か昔のことのように思えます。旅行業界で働いていたことのある友達が「昔、上司が、旅行業界って「平和産業」なんだよね。平和なときでないと人は旅行しないだろうって言っていたけれど、本当だね」って。こんなときだからこそ、どんどん外に出て街を元気にしなくてはと思う気持ちと、こんなときだから自粛しなくてはと思う気持ちの狭間で揺れるのは、私だけでしょうか。物を買うことも同じ気がして揺れています。

| | コメント (2)

2011年3月24日 (木)

九段下

Img_3315_2 会社の用事で、九段にある東京法務局まで行ってきました。地震で天井が落下した九段会館(今は閉鎖中)のすぐ近くです。
地下鉄の出口付近から見える北の丸公園の桜もまだつぼみ。開花したら、少し明るい気分になれますよね。

| | コメント (0)

2011年3月23日 (水)

コーヒーの日

仕事をしている時間は、大震災のことを忘れています。でも、家に戻ると、思い出します。
義援金を送るほかに、今、できること(ほんの些細なことでも)はないかと、ずっと思っています。
in-kyoの中川さんがHPに「3/24(木)アノニマ・スタジオの入口のスペースでコーヒーをいれます。豆はaalto coffeeさんのコーヒー豆を使用。1杯300円で、売上からその日に出た杯数分のコーヒー豆代のみ(原価のみ)を除いた金額を日本赤十字社を通して東日本大震災による被災地への義援金としてin-kyoの名義で郵便局の窓口よりお振り込みをさせて頂きます。」と書かれていました。
当日、コーヒーを飲みには行けないけれど、その、コーヒーを飲んでくださる方にお菓子を添えて、感謝の気持ちを表したいと、個包装のお菓子をお届けしました。300円にプラスして義援金を増やしていただけたらという気持ちも…。コーヒーの日は、4月末まで何回か行う予定だそうです。

| | コメント (2)

2011年3月22日 (火)

温度差

今日から平常ダイヤと思って駅に着いたら、休日ダイヤ運行で、そのうえ、電車も遅延。早めに家を出ていたから遅刻は免れたけれど…。昨日、菩提寺に同行してくれた友人(通勤電車には乗らない生活をしている)は、計画停電で運転本数を削減していると聞いていたのに、電車はいつもと変わりなく運行しているねと言っていた。確かに先週のあの大混雑がうそのように、連休中は、乗車する人も少なく、車内はがらがら。いつも通りの休日ダイヤの本数で運行していたから、そう思うのも仕方ないこと。その友人と駅直結のデパ地下に寄ったら、近所のスーパーの店頭から消えてしまっている食品が、ふだんと変わらず並んでいるのを見て驚いていた。
職場内でも計画停電の区域内と、除外区域に住む人の間で微妙な空気が流れている。こんな風に、いろいろなことに温度差を感じるようになったのも、まわりを見る心の余裕が出てきたってことなのでしょうか。

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

布施

今日はお彼岸の中日。
菩提寺へお彼岸の法要に行ってきました。
東日本大震災の犠牲者の方々のご冥福を祈り、黙祷をささげたあと、ご住職様から集まった檀家の皆さんへお話がありました。
「布施」という言葉の本来の意味は、自分の持っている余力を分け与えることだと。金銭に余裕がある人はお金を、体力がある人は、力を。今、自分にできることは、まず義援金を送ること。そして節電。
この3連休で、少し疲れもとれた気がします。
11日からずっと日にちの感覚がずれ、やる気が失せ、集中力も欠けがちでした。そろそろいつもの生活のリズムに戻らなくては。
明日からまた頑張りましょう。

| | コメント (4)

2011年3月20日 (日)

クウネル vol.49

Img_9020 昨日、クウネルが届きました。
地震や計画停電のことに気をとられていたので、いつものようにクウネルが届いて、一瞬不思議な気がしました。
中に「朝からまんぷく―盛岡、秋田、鹿児島の市場で」という記事がありました。盛岡神子田朝市と秋田市民市場の話です。そこに登場する皆さんが無事でありますようにと祈るばかりです。
ずっと心が揺れ動いています。ブログを書いては消し、また気を取り直して書いて、アップしたものの、削除すべきか、書き直ししようかと迷う、そんな状態が続いています。
テレビで被災地の様子や避難所生活をなさっている方々を見ると、胸が苦しくなります。そして窓の外を見ると、都内はいつもと変わらぬ穏やかな光景が広がっています。そのギャップにまた胸が痛みます。

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

石燈籠

20110319111803 三連休に入りました。
余震などで電車が止まってしまう恐れがあるので、出かけるのは、歩いて行ける範囲。まず近くの氏神様へお参りに。
家や勤務先周辺(都内)では、地震の被害(外見的な)は見られなかったのに、近所の神社では数か所で石燈籠が倒れていました。古いものなので、土台も揺れたのでしょう。
先ほどまた強い揺れを感じましたが、皆様が心休まる連休になりますように。

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

地震酔い

このところ、座っていると、身体に揺れを感じて、地震?と思うことがたびたびあります。でも部屋の中は揺れている様子もなく、外の景色も変わらず、皆、何事もないように仕事をしています。同僚や友達に話すと、同じようなことを感じている人も多く、どうやらそれは「地震酔い」らしいと知りました。地震でもないのに揺れているようなめまいや、ふらつきなどを感じる「地震酔い」は、視覚情報と平衡感覚とのズレが原因だとか。「余震がまたくるかもしれない」という不安感が症状を強めている面もあるそうで、温かいお茶を少しずつ飲んだり、リラックスを心がけることが大切だと。でも、本当の余震も続いているので、不安は消えません。ずっと心も身体も揺れ動いているようです。

| | コメント (4)

2011年3月17日 (木)

ミナ ペルホネン ピースのピース

Img_8875今日の大規模停電回避できてよかったですね。そうしたら先ほどまた強い揺れがあって、ドキッとしました。不安がいっぱいで心ここにあらずという状態がずっと続いています。
この袋に入っている端切れは、ミナ ペルホネンの端切れセットです。パッチワークにも使える大きさで、フラワーモチーフやchouchouの布も入っています。実は、これらは、ミナ ペルホネン ピースでチャリティとして100円で売っていたもの。チャリティ袋にお金を入れて買いました。大地震が起こる少し前の話です。臨時休業中のミナ ペルホネンのHPに「私ども被害の少ない地域の人間は、今、この場所でできる限りの活動を続けなくてはと考えております。~態勢を整えて再び来週22日より営業を再開することにいたしました。」とありました。今、自分にできること、節電、そして平常心を持って仕事に向かうこと。

| | コメント (2)

2011年3月16日 (水)

春の陽

Img_9009久々に写真を載せます。ひと月前から会うことを約束していた友人と、今日無事会えました。そのときに、手土産としていただいた、たねやのお干菓子「春の陽」です。大地震からずっと心がざわついていて、とうてい穏やかな気持ちにはなれない私。なのに、彼女はいつもと変わらぬ笑顔で、ささやかなものだけど、とても春を感じたのでと。こういうときに、このお菓子を選ぶ心遣い。さすがです。

| | コメント (2)

2011年3月15日 (火)

携行品

今朝、私の住む地区の計画停電は実施されませんでした。
でも、電車の運行状況が心配で、早めに駅に行ったら、やはり通常ダイヤの50%以下の運行。ホームのあまりの混雑に乗車できず、で、次を待って乗車(必死に)したのですが、遅れに遅れ、結局遅刻…。でも、ほかの路線もすごい混雑だったようで、11時近くに疲れ切った様子で出社した同僚も。それでも無事に着いてよかった。
最近、携帯電話に小さなLEDキーライトとソーラーの充電器を付け、ペットボトルの水と、チョコ(非常食用に)、地図(帰宅支援マップの必要個所とバスマップ)を必ず持ち歩くようになりました。そして足元は歩きやすい靴。

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

計画停電

被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
予想を遥かに超える大惨事を目にして、昨日はとてもブログを書く心境にありませんでした。
ご心配をおかけして申し訳ありません。
今朝は、計画停電で鉄道各社の運休のニュースに驚き、すぐにネット検索したら、私の住む路線は通常運転しているというので、いつもより早く家を出て駅へ。
ところが、駅の掲示板を見たら、30分に1本の割合でしか動いていないことがわかり、しばらく待つことに。その間にもどんどん人がホームにあふれてきて、やっと来た電車の乗り込んだら超、超満員。
ターミナル駅に着き、山手線に乗り換えたらラッシュはなく、ホッとしましたが。
会社から用事で出かけても、いつ電車が止まってしまうか、とても不安でした。
明日は、住んでいる地区が朝から計画停電になります。
いろいろ不安なことがいっぱいありますが、とにかく前向きに、前向きに進んでいくしかないと思っています。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

東北沖大地震

昨夜からずっとニュースを見続けています。
皆さまも同じだと思います。
先ほどまで我が家に帰宅難民の友人が立ち寄っていましたが、やっと電車が通常の3割~5割間隔で動き出したとの情報で、最寄りのターミナル駅まで行きましたが、大混雑とのこと。
何とか乗車して帰宅できるとよいのですが。
会社の同僚も新潟の出張先で連泊を強いられています。
会社のソファで一夜を過ごした友人もいます。
群馬や埼玉に社用車で営業に行っていた人も、何とか帰宅したが信号機が止まっていて危険だったと。
私の住む集合住宅でも上層階の部屋はPCが落下したり、テレビが壊れたり、エレベーターも朝まで止まっていました。
それでも都内は電気、ガス、水道が止まることなく、日常生活をおくることができています。
本当にありがたいことだと思います。
まだ余震が続いていますが、被災地の皆様のご無事を祈るだけです。

| | コメント (9)

2011年3月11日 (金)

大地震

皆様、今日の大地震は大丈夫でしたか?
私の勤務する会社は、細長いビルの6階で激しく揺れました。
PCのモニターはグラグラ揺れて机の後ろに落ちてしまうし、棚の上の書類は落下し、机も横倒し、神棚まで落ちて壊れるほど。
ドアを開け、階段付近まで避難していました。
で、帰宅の足、どうしようかと思いましたが、帰宅支援マップを机の中に入れていたので、それを片手に歩くことを決め、約2時間かけて無事帰り着きました。
部屋の中は、何も倒れておらず、朝、出勤前と同じ様子にホッとしています。
自分の家で休めること、食事ができること、本当にありがたいことです。
まだ余震が続いています。皆様のご無事を祈っております。

| | コメント (9)

2011年3月10日 (木)

メープル金鍔

Img_8811 鈴懸の金鍔(きんつば)の中には、メープル味もあります。割ると、甘いメープルの香りがする白小豆の餡が詰まっています。昔ながらの小豆餡の金鍔も好きだけれど、たまにはこういう新しい味の金鍔も食べたくなります。これも新宿伊勢丹で。

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

ア・ラ・カンパーニュ

Img_8890 私が作ったジンジャーパウダーと粉末だしを少しお分けしたお友達からお礼にいただいたのが、中に「ア・ラ・カンパーニュ」のクッキーが詰まったこのおしゃれな鞄。インパクトあるでしょう?クッキーを取り出したら、可愛いリボンや細々とした小物を入れるつもり。なんだかわらしべ長者になった気分。嬉しいなぁ~

| | コメント (8)

2011年3月 8日 (火)

吉田直嗣さんの器

Img_8919ブログに雑誌「日々 23号」のことを書いた後、やっぱり気になって、後日、もう一度書店に行ってみたら、本に掲載していた吉田直嗣さんのモノトーンの器2点、まだ展示してありました。器の底に小さく値札が貼ってあったのに、展示品=非売品と勘違い?して買う人がいなかったみたい。ということは、私を待っていたのか(笑)と、勝手に解釈?して、家にお持ち帰り。こういうことってあるのですねぇ。

| | コメント (2)

2011年3月 7日 (月)

夏柑しょこら

Img_8852 この夏蜜柑の皮を蜜漬けにして乾燥させ、チョコレートでコーティングしたお菓子は、京都・老松の「夏柑しょこら」。オレンジをコーティングしたチョコはよく食べるけれど、夏蜜柑のモノは初めて。ほろ苦さもあって、奥深い大人好みの味。ちなみに現在、純粋種の夏みかんは年々収穫量が減り、老松で委託栽培しているもののみとなったそう。これ新宿伊勢丹限定品で、京都へ行っても買えないとか。東京に住んでいる私たちには嬉しいけれど、なんだか少し気が引けるような、複雑な気分。

| | コメント (6)

2011年3月 6日 (日)

菜の花 暮らしの道具店 フェア

Img_8844同じく伊勢丹新宿店で開催中の「菜の花 暮らしの道具店」フェア(3月15日まで)。やはり辻 和美さんの作品が一番人気だとか。初日の開店15分後には限定品の「ギザギザカラーコップのセット」は完売したそうで、それでも、1月に小田原の「うつわ 菜の花」で辻 和美さんの個展を行ったとき、伊勢丹用にも作品をたくさん作ってもらったそうで、まだまだ作品はありました。私が選んだのは、“すんだ空気”の片口と“ホロホリ”のおもり。片口は、以前に本で見て、いつか欲しいなと思っていたもの。本で見たのは大きさサイズでしたが、イチゴやカットフルーツを入れるにはこのそばちょこサイズで十分。さっそく使います。

| | コメント (2)

2011年3月 5日 (土)

Access to TOOLS 暮らしの道具展

Img_8820伊勢丹新宿店で開催中の「Access to TOOLS 暮らしの道具店」(3月7日まで)に、Ekocaが出張出店しています。いつもの恵比寿店内の落ち着いた佇まいとは違った賑やかな雰囲気の中で出合った作品は、太宰 久美子さんの音符をかたどった陶器のスプーンと江籠 正樹さんの木彫りの彫刻のクマ。クマは、メンズを意識したこのイベントのために作られたというだけあって、ちょっと男っぽい。私の好みは、可愛いクマさんより、こういうクマらしいクマが好きなので、ひとめ惚れ。素材はクルミ。

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

日々 23号

Img_8819最近は「日々」を大手の書店で買うことが増えました。本当は、書店より雑貨店で買うほうが「日々」らしくて、好きなのですが…。でも書店では、「日々」のバックナンバーも揃っているし、駅そばにあって便利なので、つい。それに今回は「日々のお気に入り」というコーナーまで作られていて、なんとこの日々に掲載されている吉田直嗣さんの作品(撮影に使用した作品も含めて)を展示販売していたのには驚きました。前回の22号の発売のときは、三谷龍二さん特集で、パン皿やカトラリーを販売したとか。書店の企画に、雑貨や器のお店も負けないで欲しいですねぇ~

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

おしるし札

Img_8642今日は桃の節句。雛人形を飾らなくなって久しいけれど、先月、御所人形作家・五世 島田耕園さんの雛飾りの個展に行って、凛々しく、可愛い雛人形や雛飾りの数々を見てきました。その中に、この「おしるし札」がありました。貝合わせと貝桶の模様は、いかにも桃の節句らしいでしょう?雛飾り以外に、紐の長さも調節できるので、荷物を預けるときのお印に付けたり、ボトルキープのマークにするのも粋ではないかと。ちょっと大人の雛飾り。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

代官山ラスク

Img_8738 シェ・リュイの「代官山ラスク」(バターシュガー、黒ごま、ピリ辛チーズとガーリックの4種類)。それぞれ3個ずつ買っておやつに出したら、サクサクした食感で美味しかったのはもちろんですが、(まぁ3時過ぎって小腹が空く頃ですからねぇ)あっという間に完食(笑)。やっぱり男性はチーズとガーリックを、女性はバターシュガーと黒ごまを好みますね。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

なぎさホテル

Img_8778 iPadを使い始めてから、面白くていろんなアプリを入れたけれど(主に無料アプリ!)、すぐに飽きて、最近はネットとメールチェックのみ(笑)。電子書籍も購入したけれど、いつでも読めると思うとiPadの本棚に“積読状態”(笑)でも、この伊集院 静さんの自伝的エッセイ「なぎさホテル」は、別格。最初からやられた!って思いました。ファーストシーンの波打ち際の映像からくぎ付け。続いて井上陽水さんの主題歌「TWIN SHADOW」が流れ、本文に。次の章に移るときも印象的な映像が入り、ページめくりも実にスムーズ。映像と音楽、写真そして文に魅せられました。
昨日、日本テレビの「キューピー3分クッキング」のiPad/iPhoneアプリ(無料)が配信されました。3000レシピを見ることができますよ。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »