« 五箇山合掌集落 | トップページ | 珠洲の塩 »

2010年5月 2日 (日)

輪島キリモト・桐本木工所

Img_4933 輪島の朝市をうろうろしていたとき、通りの中ほどに「桐本朴木店」の看板をみつけました。日本橋三越や表参道のRimで企画展をしていたとき作品を見Img_4934ていたので、もしやと思い、中に入ってみると、やはり「輪島キリモト」のお店。能登を旅した記念に漆器を、できればキリモトのモノを一つ欲しいと思っていたので、願いが叶いました♪(この朝市通りに面した輪島本町店は今年3月にオープンしたと聞きました。)桐本木工所は明治時代、漆器店を営み、昭和初めから漆器木地屋を生業とImg_5100し、3代目が輪島キリモトを創設し、木地から漆塗りまでをこなす一貫生産も行うようになったとか。手にしたのは、黒拭漆と白木のコントラストが美しい新作の「アテハコシリーズ」の小箱。蓋は黒拭漆で、素材は朴、本体の素材はヒノキアスナ ロ。蓋を横にスライドさせて開け閉めします。

|

« 五箇山合掌集落 | トップページ | 珠洲の塩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五箇山合掌集落 | トップページ | 珠洲の塩 »