« ル グルニエ ド フェリックス | トップページ | ハレノヒの凹カステラ »

2010年4月26日 (月)

京都然花抄院「然」かすてら

Img_4799 2月に京都旅行したとき、寄り道して買いたいなぁと思ったけれど、無事お持ち帰りできるか心配だったので諦めたお菓子が、この京都然花抄院の「然」かすてら。卵の濃厚な風味を活かし、絶妙な火加減で判半熟に仕上げたカステラです。まさか伊勢丹新宿店の地下「今め菓子」コーナーで買えるとは。なんと幸せなこと♪5月4日まで限定販売(毎日14:00からの販売)しています。スプーンですくうと、卵黄のクリームがとろりと出てきそうなほど濃厚で、今までにない食感。全体に硬めに仕上げた焼きプリンに近い味わい。この小さなサイズの他に、約3倍の量が入っている大もあり。お店の人が「レンジで温めないで下さい。焼くと普通のカステラになってしまいます。」と言うのを聞いて、思わず笑ってしまいました。卵の殻のようなパッケージも素敵です。

|

« ル グルニエ ド フェリックス | トップページ | ハレノヒの凹カステラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ル グルニエ ド フェリックス | トップページ | ハレノヒの凹カステラ »