« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

禄剛崎

禄剛崎
禄剛崎
禄剛崎
今日も空気が冷たい。先ず輪島朝市へ。おばあちゃん達が海産物や野菜、漬け物を売っている通りを往復し、朝市でしか売っていないという漉し餡にクチナシで黄色く染めた餅米を包んだ「えがらまんじゅう」を食べて満足。次に白米の千枚田へ。海に面した急斜面には千枚を超える小さな田んぼが幾何学模様に敷き詰められています。それから能登半島最北端の地・禄剛崎へ。断崖の上に建つ白亜の灯台をパチリ。次に軍艦島と呼ばれる見附島へ、雲行きが怪しくなってきたのでまっすぐ宿に戻ります。

| | コメント (0)

2010年4月29日 (木)

氷見線

氷見線
今日から富山、能登を旅しています。途中、雨が降り出したり急に晴れたり、でも風は冷たい。桜もまだ蕾のところ、満開や葉桜のところも。最初に 加賀百万石の前田氏の菩提寺「瑞龍寺」を訪ね、次に立山連峰を望むローカル列車氷見線に乗車しました。高岡駅から氷見駅まで約30分。普段は一両編成なのに今日は特別二両編成!車窓から雨晴海岸をパチリ。

| | コメント (2)

2010年4月28日 (水)

CINQのオリジナルボーダーカップ

  原宿・CINQでは、5月1日~5日までボーダー柄の小物を集めて「ボーダー展」を開催するそう。HPによると、今回の目玉は「5(CINQ)」オリジナルのボーダーカップで、まだCINQがオープンして間もない頃につくっていたボーダーカップを、愛知県の瀬戸市にある窯元さんにお願いしてリプロダクトすることになったと。前のカップは陶芸家の吉村和美さんにお願いしてつくってもらっていたのImg_4849で1点1点にちがった表情があり、と、そこまで読んで思い出した!!ずっと前にCINQで買って、そのまま仕舞い込んでいたボーダー柄のカップ。確か、作家さんの作品とは聞いていたけれど、吉村和美さんの作品だったとは!

Img_4851

で、食器棚の奥に隠れていたのを出してきました。裏には「5」印が。カップも急に表舞台に出されて、戸惑っているかも(笑)

| | コメント (0)

2010年4月27日 (火)

ハレノヒの凹カステラ

Img_4853 これも半熟カステラ。西武池袋店「全国味の逸品会」で、前半週(4月22日~28日)出店している「ハレノヒ」の「凹カステラ」。土日も平日も変わらず3時には完売してしまうとか。30分~1時間位並ぶのを覚悟しないと買えないけれど、それでも食べたい(笑)。外はふわふわ、中からは卵クリームがとろりと流れ出そうな柔らかさ。直径約18cmで4人分。それをおやつで8人分に切り分けたら、あっという間にお腹の中に~。

| | コメント (1)

2010年4月26日 (月)

京都然花抄院「然」かすてら

Img_4799 2月に京都旅行したとき、寄り道して買いたいなぁと思ったけれど、無事お持ち帰りできるか心配だったので諦めたお菓子が、この京都然花抄院の「然」かすてら。卵の濃厚な風味を活かし、絶妙な火加減で判半熟に仕上げたカステラです。まさか伊勢丹新宿店の地下「今め菓子」コーナーで買えるとは。なんと幸せなこと♪5月4日まで限定販売(毎日14:00からの販売)しています。スプーンですくうと、卵黄のクリームがとろりと出てきそうなほど濃厚で、今までにない食感。全体に硬めに仕上げた焼きプリンに近い味わい。この小さなサイズの他に、約3倍の量が入っている大もあり。お店の人が「レンジで温めないで下さい。焼くと普通のカステラになってしまいます。」と言うのを聞いて、思わず笑ってしまいました。卵の殻のようなパッケージも素敵です。

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

ル グルニエ ド フェリックス

Img_4810 フランス展で次に向かったのが「ル グルニエ ド フェリックス」。一番人気は、パリ市内の多くのパン職人が参加し、開催された2009年の「パリ・バゲット・コンクール・グランプリ」で見事グランプリを獲得したバゲット。それとトマトとベーコンがたっぷり入ったフガスとサーモンのプティパンをお買上げ。バゲットにたっぷりバターを塗って、これでまた朝食の楽しみが増えました。

| | コメント (2)

2010年4月24日 (土)

マカロン ド ブーレ

Img_4806 伊勢丹新宿店で開催中のフランス展(4月21日~26日)の広告で一番興味があったのが、この「マカロン ド ブーレ」。1854年創業以来、マカロンひと筋で、アーモンドパウダーをたっぷり使った生地を、銀のスプーンでひとつずつ丁寧にすくい、オーブンで焼き上げているとか。ただ、ただ、この赤い缶が欲しくて(笑)買いに行ったのですが、手づくりのマカロンは、中はしっとりと柔らかく、ゴツゴツした見た目よりずっと美味しくて!もっと食べたくなってしまう。

| | コメント (2)

2010年4月23日 (金)

DOCTOR PLUS+

Img_4835 千代田区三番町にある女性専用のフィットネスジム&ランニングクラブ「DOCTOR PLUS+」。私が通っている?わけではありませんよ(笑)。お友達がちょっと面白いデザインだからと、そこのオリジナルアイテムのTシャツバッグを送ってくれたのです。スポーツ用でなくても旅行に便利そうだし、何より可愛いheart04。一緒に入っていたバッグの形をしたパッケージの中身はチョコ。こういう楽しいギフトは嬉しいですねぇ~note

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

天然生活 6月号

Img_4795今月号の天然生活に、ガーゼ製品のブランド「ao」のガーゼハンカチがついています。それも枕にもかけられる大きな細長サイズ。こういう付録は嬉しいですね~。特集は「いちばん好きな、朝ごはん」と「肌にやさしい、天然素材の服」。くるみの木オーナーの石村由起子さんから始まる朝のごはんリレーは紹介されたImg_4829_2 皆さんの朝食スタイルを見るのが楽しかったし、朝のお供カタログも参考になりました。「FASHION BRAND FILE」コーナーで、紹介していたのがhomspunのTシャツとリブソックス。特にソックスは、ビルケンシュトックの靴やスニーカーを履くときの私の必需品。今シーズンはレッド、モカ、ピンクが登場しています。

| | コメント (2)

2010年4月21日 (水)

華順 革作品展

Img_4822先週土曜日から、ラ・ロンダジルで始まった華順さんの革作品展(22日まで)。行くのが遅れたので、もう殆ど作品もないだろうと覚悟して行ったのですが…。やはり財布は、長財布もミニ財布もすべて初日に完売したそう。でも、革のクッション、布と革を使ったバッグ、50円玉が入るミニミニバッグがついたアクセサリー各種、ポーチ、お馴染みのキーケース、そしてこの革のスリッパ等がまだありました。スリッパは4色(ヌメ革、黒、焦げ茶、ブラウン)を各2足計8足作ってくださったそうで、3足ほど残っていた中から選びました♪お店の方に6年ほど履いた革のスリッパを見せてもらいましたが、とてもいい感じに育って(笑)まだまだ履けそう。私も負けずに長く愛用しますよheart04

| | コメント (2)

2010年4月20日 (火)

紀の善

Img_4707 神楽坂通りを上ってすぐ右手にある抹茶ババロアで有名な甘味処「紀の善」。お持ち帰りメニューの中にあるのが、この野菜チップスにおかきをブレンドした「おこのみ」と、山形のはえぬき米で作った生地にブルターニュの海塩で味をつけた「ぶたのおせんべ」。「おこのみ」に入っている野菜チップスは蓮根、いんげん、人参、リンゴ、南瓜、そら豆など多種類。おかきもいろいろ入っています。で、なぜ「ぶたのおせんべ」?と思ったら、単純にぶたの形をしているからと。そのユーモラスな形に(笑)。

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

京J-LIVING

Img_4776 伊勢丹新宿店で、京の老舗・たち吉プロデュースによる「京J-LIVING」展を27日まで開催しています。並んでいる安藤雅信さんのオランダ皿やイタリアパスタ皿、吉田佳道さんの美しい茶籠、岩清水久生さんの鉄瓶など、見ないふり(笑)。これは、三輪周太郎さんの銀製の菓子きり。姫路市在住の若い作家さんです。菓子きりを包んでいる紙袋は、和紙職人ハタノワタルさんがご自分の畑で栽培した楮(こうぞ)を漉いて作られた和紙だとか。菓子きりもきりっと美しい姿だけれど、ハタノさんの和紙も美しい。レジそばに、青木良太さんの茶碗、安藤雅信さんのコーヒーカップが沢山置いてあったので、こんなに一気にお買上げ?と思ったら、披露宴の引き出物にされるそう。なんて素敵な引き出物。羨ましいですねぇ~

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

Egg's Things (エッグスシングス)

Img_0371  ハワイ通のお友達に誘われて原宿にオープンした「Egg's Things」へ。ハワイで人気のパンケーキ屋さんだそうで、西武信用金庫の脇を入ったところから行列が始まり、入店まで土日、平日を問わず平均1時間待ちだとか。それでもお友達とおしゃべりをしていると時間も早く経つようで、1時間10分ほどで店内へ。2階席Img_0374に案内され、お店の方のオススメを聞いて、一番人気のストロベリーのパンケーキと本日のスペシャルオムレツを注文し、それぞれシェアすることに。パンケーキに盛られたホイップクリームの量にびっくり。この際、カロリーのことは忘れ、ひたすら食べて幸せ、幸せ(笑)

| | コメント (4)

2010年4月17日 (土)

台東デザイナーズビレッジ

Img_4773 池袋・東武2F特設会場に新進デザイナーを支援する施設「台東デザイナーズビレッジ」の6ブランドが期間限定(4月15日~21日)で登場しています。出展しているのは、ドッググッズブランド「toujours(トゥジュール)、ヴィンテージリメイク「LOWRUNDER(ローランダー)」、手作りジュエリー「mjoux(ミジュ)」、革小物「inoui」、和小物「HIROCOLEDGE」、ジュエリー「kadomi」。残念ながらイイホシユミコさんは出展していませんが、初めて見る作品は十分楽しめます。

| | コメント (0)

2010年4月16日 (金)

M'sキッチンのブルーベリージャム

Img_4757 「M'sキッチン」のブルーベリージャムがCINQに入荷しています。ギャラリーフェブのオーナー引田かおりさんの姉・北川道子さんが、毎年この時期に作られているジャムです。大粒でとても美味しいのです。去年も買ったので今年も。このラベルは、フェブで10月に展覧会を予定している山本直孝さんに引田さんが「鉛筆で落書きしたような」というリクエストをして描いてもらい、その絵を忠実に銅版で型を作ってシールにしたのだそう。

| | コメント (4)

2010年4月15日 (木)

三人陶展

Img_4752 Zakkaで田谷直子さん、長谷川奈津さん、広川絵麻さんの「三人陶展」を開催しています。田谷さんと広川さんの作品を見るのは、今回が初めて。力強い印象の田谷さんの作品に惹かれましたが、只今、我が家は食器棚整理中。バザーに出すもの、お友達の家に嫁に出すもの(無理矢理お願いして)、あれこれ整理していると、仕舞い込んだまま使っていない食器の多いこと!反省、反省。結局、長谷川奈津さんの小皿を1枚だけお持ち帰り。三人の作品が並んでいても、長谷川さんの作品はすぐ分かります。

| | コメント (4)

2010年4月14日 (水)

セーターピルオフストーン

Img_4738 冬に着ていたニット類についた毛玉が気になるので、電動の毛玉取りを使ったら、あっという間に生地に引っかかり、お気に入りのセーターに10円玉程の穴が!(泣)それ以来、毛玉取り恐怖症(笑)。そうしたら「THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)」に「セーターピルオフストーン」というのがあって、セーターに軽く叩くように当てるだけで、衣類にやさしく、簡単に毛玉が取れるという(軽石のような感じ)。入荷のお知らせをもらったので、北青山の「アントレスクエア」へ。さっそく試さなくちゃ。

| | コメント (0)

2010年4月13日 (火)

池袋三原堂

Img_4616 池袋駅西口から徒歩3分のところに「池袋三原堂」があります。江戸川乱歩に「池袋名物のうちでも光った存在の一つ」と言わしめたお店だとか。季節の和菓子も美味しそうだけど、お目当ては人気の「塩せんべい」。うるち米のつぶつぶ感が残る食感と、岩塩、自然塩のほどよい塩加減が好み。1枚売りをしているので、好きな数だけ包装してもらえるのも嬉しい。

| | コメント (2)

2010年4月12日 (月)

Maison romi-unie

Img_0364 学芸大学駅西口にある いがらしろみさんのお店「Maison romi-unie」。ケイクやスコーン、サブレの他に、ジャムもたくさん並んでいます。この袋入りは、6種類(サブレ・ブーランジェ、バターガレット、レモンクッキー、サブレ・ショコラ・ショコラ、クロケット、ショート・ブレッド)のサブレが入っていていろいろ食べたい人向き。それと、「ジンジャーとレモンとはちみつシImg_4643 ロップ」を。シロップは冷たい水やソーダで割る以外にも、白ワインやシャンパンで割っても楽しめると。実はこの瓶の形が好きで。それも密かなお目当てなのです。

| | コメント (1)

2010年4月11日 (日)

クリエイターによる春のくらし道具フェア

Img_4719 金工の相原清子さん、木工の松本和男さん、染色の山田弘美さんなどの作品が並ぶ「クリエイターによる春のくらし道具フェア」。伊勢丹新宿店で4月13日迄開催中。大好きな相原さんの作品が見られるこの機会、見逃せません。銅や真鍮のスプーンやマドラー、茶匙などのカトラリーの他に、お馴染みの銅のミルクパンや小さな銅鍋も。その中にちょこんとこの小さな銅のミルクピッチャーが並んでいました。鍋をつくるのと同じように手間をかけて丁寧に作られている、こういう作品にすごく弱いのです。

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

マッターホーン

Img_0360 クラスカに行ったとき、学芸大学駅まで戻ったので、西口にある老舗の洋菓子店「マッターホーン」へ寄りました。どこか古風な感じの店内は、包装紙にも使われている鈴木信太郎画伯の絵画が飾られ、とてもよい雰囲気。40年作り続けているバウムクーヘンやリーフパイ、サブレなどを一つ一つカゴに入れながら、ショーケースの中の生菓子やパウンドケーキ、市松模様のダミエにも目がImg_4628 いってしまう。ここの洋菓子が人気なのは、奇をてらわず、どこか懐かしい、飽きずに食べ続けられる美味しさだからでは。

| | コメント (7)

2010年4月 9日 (金)

おもり“宙”

Img_4657 このオブジェのような、ペーパーウエイトのようなガラスの作品は、辻 和美さんの“宙”と名づけられた「おもり」。奈良くるみの木展で「つくり手から届いたもの」コーナーにそっと置いてありました。見れば見るほど、使えば使うほど好きになる辻さんのガラス。

| | コメント (2)

2010年4月 8日 (木)

奈良くるみの木展

Img_0358 いつか行ってみたいと思っている奈良の「くるみの木」が、期間限定で東京に来ています。目黒のクラスカ3F ギャラリー&ショップ ドーで3月26日~5月9日まで「奈良くるみの木展」開催中。展示販売しているのは「大和の伝統 美しいもの」「大和の美味しいもの」「訪れた先で出会ったもの」「つくり手から届いたもの」そして「くるみの木オリジナル」など。人気は、くるみの木で販売している美味しいもの。くるみの木オリジナルのトマトケチャップ、鹿サImg_4631 ブレ、手やきせんべい、飴、ジャムなどが人気の様子。私もやっぱり美味しいものに手が伸びる(笑)

| | コメント (8)

2010年4月 7日 (水)

おかいものクマ サクマ式ドロップス

Img_4691Img_4700このおかいものクマの絵がデザイン(両面)されたドロップの可愛いことheart04もちろん非売品。今日4月7日から、池袋西武創業記念 特別限定で先着3,000名にプレゼントpresentしています。何も買わなくても7階のクラブ・オン・デスクでクラブ・オンの カードを見せるだけで貰えるのは嬉しい♪。 ちょっと太っ腹(笑)

| | コメント (2)

2010年4月 6日 (火)

セラミックス アイロンミトン

Img_4685_2 このセラミックス アイロンミトンはちょっと便利なもの。平面のアイロン台では掛けにくい細かな部分の仕上げ用。たまにしかアイロンがけをしないけれど、袖Img_4687口や腰回り、ギャザーのあるポケット回りなどをかけるときに不自由な思いをしていたので、これを東急ハンズで見つけたとき即買い(笑)。
イイノナホさんの作品をお探しの方へ(*^_^*)
新宿にあるビームスジャパンで、たまごの形をしたガラスの中に大きな気泡が二つ寄り添うように入っているペーパーウエイト“Pair”の取り扱いをはじめたとのこと。興味のある方は連絡してみてはいかがでしょうか。それからクローバーのピンクとグリーンも近々入荷予定だそうです。

| | コメント (0)

2010年4月 5日 (月)

クウネル vol.43

Img_4457 このところ台所の食器棚整理をしているので、今回のクウネルの特集「料理上手の台所。」は表紙を見ただけで永久保存版(笑)。料理研究家の山本ゆりこさんのコンロまわりの壁にかかった「水玉模様にパンが焼ける」焼き網やフライパンが白い壁に映えるようにつり下げられたコンパクトな台所。IHクッキングヒーターと格闘中の堀井和子さん。パリに住んで2年目の松長絵菜さんのフランス窓から柔らかい光が入る台所。それからケンタロウさんのオール・ハンドメイドの台所王国など、読みごたえあります。他に台所のちいさな工夫(パッケージの切れ端がラベルがわり。使わない包丁は新聞紙でくるむ等々)参考にしたいこともいっぱい。

| | コメント (2)

2010年4月 4日 (日)

石神井川の桜

Img_1323 石神井川の桜を見に行って来ました。ここは川の両岸に桜並木が延々と続いてそれは見事!桜は満開!でも寒い~。心なしか例年より人出も少なめImg_4684。今にも雨が降り出しそうなので、あまり先へ行かずに橋の近辺でお花見。帰り道、安藤製菓の炭火焼煎餅の“おこげ”と季節限定の「梅ザラ」を買って早々に帰宅。

| | コメント (2)

2010年4月 3日 (土)

utsuwa heartfull

Img_4567 六本木にある国立新美術館地階SFTギャラリーで、「うつわ祥見」を主宰する祥見知生さんが企画する「utsuwa heartfull」展(3月10日~4月19日)を開催中。作品を出展しているのは、村田 森さん、吉岡萬理さん、石田 誠さん、尾形アツシさん、横山拓也さん、巳敬一さん、矢澤寛彰さん、小野哲平さん。今回は特に祥見さんがリピートオーダーした作品が並んでいるそうで、確かにこの小野哲平さんの“鉄化粧クロス”も祥見さんの本で見たことがあるような。吉岡萬理さんのマグやお皿はカラフルで、ちょっと惹かれます。

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

食パンカットガイド

Img_2433 切っていない食パンを買って帰るたび、カットするのが苦労で(笑)。はじめは、何とかまっすぐにカットできるけれど、だんだん曲がって厚みもバラバラ。せっかく1本買ったのにと、ちょっとへこむ。で、この食パンを好みの厚さに切ることができる道具「食パンカットガイド」を見つけたとき、思わず買ってしまいました。厚み調整プレートをガイド溝に差し込んで、食パンを置いて、溝に包丁を入れて切るだけ。5枚、6枚、8枚、12枚切りと、好みの厚さに切れて、満足、満足♪不器用な私には必需品。

| | コメント (2)

2010年4月 1日 (木)

朝ごはんの愉しみ

Img_4423_2本棚を整理していたら、内田真美さんの「朝ごはんの愉しみ」という本が出てきました。朝起きるのが楽しくなる朝ごはんの数々。手づくりのパンや特別なジャム、炊きたてのご飯。写真も美しくて、整理の手を止めてまた読み返し。
前にもらったフリーペーパーの記事に「朝から幸せな気分になるために、朝の楽しみをつくる」というコラムがあり、その中に「前日の夜にミニトマト6個を半分にカットImg_4417し、きび砂糖大さじ1をまぶしておくと翌朝砂糖が溶けて美味しくなる」とあったので、さっそくお試し。確かに溶けた砂糖がつやつやして美味しそう。でも、私にはちょっと甘すぎ。ミニトマトはそのままの自然の甘さがやっぱり好きかな。他の食材で朝ごはんの愉しみを見つけます(笑)

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »