« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

へうげ十作

Img_2608 先日、新宿・伊勢丹で開催していた「へうげ十作『ISETOYAN』」展でみつけた、この口の周りに溶けたチョコレートが流れるような感じのたまご型の器は、青木良太さんの作品。添えられたカードには「ホワイトチョコ」とタイトルが。青木良太さんの作品は、他に白磁やカラフルなフリ出しも。山田芳裕さんの「へうげもの」から生まれた若手陶芸家のユニット「へうげ十作」。「へうげもの」好みの個性あふれる若手・中堅作家さん(青木良太さん、横山拓也さん、鈴木卓さんなど)が作品を作り、競演するこだわりの企画展だけあって面白かったこと!他にも岩清水久生さんの鉄瓶や、坂野友紀さんの金属茶杓、吉田佳道さんのミニ花籠入れなど心が揺れる作品がたくさんありました。

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

ブリッジバッグ

Img_1816  今回の旅のお供は「ポスタルコ」の「ブリッジバッグ」。いつも持っていくトラベルバッグは革製で、空でも少し重たい。そこに荷物を詰め込むと、ずしりと重く、行動範囲も狭くなってしまう。そこで、本体は軽いリネンとコットンの混紡で、持ち手は革で作られているブリッジバッグを持っていくことに。ブリッジバッグは、Img_1827デザイナーのマイク・エーブルソン氏が、橋の構造が「重さを分散させて」いることに注目して、その強度とバランスをバッグに応用したもの。持ち手の根元から、各三本の芯地を裏にステッチで縫い合わせると、重力が均等に分散されて、肩への負担が軽くなるという構造。荷物(お土産!)が増えても、楽に運ぶことができて、非力?な私は助かりました。

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

イル ギオットーネ(IL GHIOTTONE)

Img_2778 最後にJR京都伊勢丹地下1階「イル ギオットーネ ドルチ」へ。形を崩さずに持ち帰れそうな抹茶ティラミスとプリンと抹茶パウンドケーキを。保冷剤を3時間分詰めてもらい、そっと持ち帰ってきました。食べたい一心とはいえ、まぁ呆れてしまいますねぇ(笑)。そして最後の最後、新幹線改札を入ったところの土産物店で、満月の阿闍梨餅をみつけたときの喜び!!(JR京都伊勢丹では長蛇の列で買えず、諦めていたので、ここは穴場かも。)あ、それから「赤福」も買ってしまいましたぁ~

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

鍛金工房 WEST SIDE 33

Img_2737 三十三間堂に行ったらぜひ寄りたいと思っていた鍛金工房「WEST SIDE 33」。七条通りと大和大路通りの交差点を南へ。三十三間堂の西側の塀沿いにあります。中に入ると、所狭しとアルミや銅、真鍮のキッチン道具や鍋が並べられています。もう全部欲しくなってしまう。できるなら今持っている鍋をすべて取り替えたいくらい。といってもお財布のことを考えて、Img_2772今回はお玉を。というよりサイズ的に取り分けスプーン?ちりレンゲ?かな。さっそくお鍋のときに使ってみたら、ちょうどよい大きさ。次は両手鍋か、玉子焼き器をぜひ。ちなみに鍛金とは、一枚の地金を金槌で叩いて締めることによって美しいフォルムを創る技法のことだそう。

| | コメント (2)

2009年11月26日 (木)

市原平兵衛商店

Img_2785 「すす竹のお箸は一度使ったら他のは使えません。」という話を聞くたびに、ぜひ一度寄ってみたいと思っていた箸専門店「市原平兵衛商店」。四条通から少し下がった堺町通にありました。すす竹のお箸は、材料にすす竹(建材として天井裏などに使われていた竹が囲炉裏やかまどの煙でいぶされ150年程の年月を経て丈夫で反りにくい貴重な竹)を使い、箸先が極細の手作りのお箸。京風もりつけ箸は、サイズが3種類あって一番短い23cmと次の28cmを購入。もりつけ箸は、江戸時代の末頃より花板(料理長)のみに使用が許されていたものを、現代人にも使い易いようにした箸。食事用としても使い良いというので、短い方は来客用の箸に使うつもり。

| | コメント (2)

2009年11月25日 (水)

とらや

Img_2844とらやの京都地区限定の小形羊羹(約3cm×8cmのひと口サイズ)。西京白味噌を使用した「白味噌」と、京都産の黒大豆と大鶴大豆を煎りあげた黄粉を入れた「黒豆黄粉」の2種類があります。店頭販売は京都地区のみなので、ちょっとしたお土産にいいかなと。羊羹なので日持ちするのも嬉しい。

| | コメント (2)

2009年11月24日 (火)

ぎぼしの刻み昆布茶

Img_2633 次に四条通から柳馬場通を北へ四条より2軒目にある昆布専門店「ぎぼし」へ。一般に昆布茶というと、粉の昆布茶を思い浮かべますが、この「ぎぼし」の“刻み昆布茶”は、昆布を細かく刻んだ本当の昆布茶。お煎茶のように急須に入れたら、沸騰したお湯を注ぐのがコツとか(ポットのお湯を使うなら再沸騰させて)。蓋をして3~4分待って飲みます。刻み昆布茶は、ただ単に昆布を刻んだだけでなく、焙じていると(煎るのではなく焙じると念を押されましImg_2808 た)。昆布の塩気だけなので、どうしても塩味が足りないという人は、自然塩をほんの少し加えてもよいそう。

| | コメント (4)

2009年11月23日 (月)

ギャラリー遊形

Img_2811京都に来るたびに寄らずにいられない俵屋旅館で使われている雑貨を扱うショップ「ギャラリー遊形」。店内には、俵屋オリジナルのグッズから、作家さんの作品(辻村 塊さん、村田 森さん)まで、楽しいものがたくさん!器やカード類、人気の石けん「サヴォンド タワラヤ」、リネンのケース、お茶やお菓子も。今回は、ハーブキャンディと辻村 塊さんの汲み出しを2個。ハーブキャンディは黒糖にユーカリ、ハーブエキスが入っているので、すっきりとした味。

| | コメント (4)

2009年11月22日 (日)

清課堂

Img_2627_2 京都に行くと、ついつい財布のひもがゆるんでしまいます。特に、寺町通りから四条にかけては、物欲に駆られるお店の多いこと!今回、最初にのぞいたお店は、京都市役所に近い寺町通りにある、金属工芸品の老舗「清課堂」。お目当ては「黄銅イブシ湯沸し」。でも、実際に見ると、1,000ccは楽に入る大きさで、もう少し小さい急須のようなものはないのか尋ねたら、奥かImg_2767 ら出してきてくださったのが、この「黄銅イブシ急須」。軽くて耐久性に優れている黄銅に、銀メッキを施し、「黒いぶし」をかけて仕上げたもの。取っ手の藤巻きや鎚目模様(丸鎚目)も、「湯沸し」と全く同じ。火にも直接かけられますが、急須仕様なので、中の注ぎ口のところに茶漉しがついています。手入れもほとんど不用とのこと。味わい深い端正な美しさ。一目で気に入りました。

| | コメント (6)

2009年11月21日 (土)

平等院

平等院
京都は快晴で思ったより暖かい!今年もタクシーを貸切りして廻ることに。紅葉で賑わう京都市内を避け、宇治まで足を延ばし平等院へ。10円硬貨でおなじみの鳳凰堂をパチリ。それから同じ世界遺産の宇治上神社へ。さすがにここまで足を延ばす観光客は少な平等院いと見えて境内は静か。最古の社をパチリ。次に全国のお稲荷さんの総本宮、伏見稲荷大社へ。千本鳥居にびっくり。お昼は祢ざめ家で。最後に蓮華王院三十三間堂へ。時間があったので、すぐ近くの鍛金工房westside33にも立ち寄れました。新幹線で帰ります。

| | コメント (4)

2009年11月20日 (金)

京都

京都
今年も連休一日前に休みを取り京都へ。でも京都に着いたのは午後3時近く。明日は3時過ぎの新幹線に乗車するので、京都滞在は24時間!さぁどう過ごそう?今日は寺町通り〜四条辺りでお買い物。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

山本海苔店「荒干し焼き海苔お味噌汁」

Img_2143 山本海苔店の日本橋本店のみで扱っている「荒干し焼き海苔お味噌汁」。会社にいると、昼食は、近所でお弁当を買うことが多いので、インスタント味噌汁は必需品。私のオススメは、アマノフーズのフリーズドライの味噌汁ですが、この荒干し焼き海苔お味噌汁もオススメ。カップに入れた味噌と具にお湯を注ぐと、たっぷり入っている「荒干し焼き海苔」の香りが立ち上って美味しい!味噌汁と海苔の組合せ、好きです。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

黒糖あめゆ

Img_2569 表参道ヒルズ・粋更で始まった恒例の「冬の贈りもの展」(11月6日~12月31日)。珍しいものがありました。大枡飲料の「黒糖あめゆ」です。「あめゆ」は、日本の伝統的な甘味飲料の一つで、主に西日本で多く飲用されていると聞きました。「黒糖あめゆ」は、国産の千切り生姜と沖縄産黒糖をふんだんに使用して作られたもので、ジンジャーシロップみたいな感じだそう。寒い日にお湯で割って飲むと、身体が温まると聞いたので、冷え性の人にプレゼントしたら喜んでもらえるのでは。

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

日本橋錦豊琳

Img_2585 東京駅構内地下1階「グランスタ」内にある、かりんとう専門店「日本橋錦豊琳」。いつも行列をつくっているので、時間に余裕のあるときでないと買えません。発車時間が迫って、あきらめて列から離れる人も見かけます。今回は15分ほど並んで買えました。12種類ある中から、一番人気の「きんぴらごぼう」ははずせないし、辛いもの好きなので「七味唐辛子」「黒こしょう」も。「きび砂糖」「胡麻」、珍しい「野菜」「ねぎみそ」も食べてみたいと、次々かごに。前に並んだ方のかごの中も気になって。あー買いすぎてしまいました。

| | コメント (4)

2009年11月16日 (月)

九谷長右エ門窯

Img_2469 伝統工芸の九谷焼の窯元「久谷長右エ門」の作品なのに、こんな可愛い“ビスケット”の形をした素焼きのコースターを新宿・伊勢丹で見たとき、ちょっとびっくりしました。ビスケットの裏にピンをつけたブローチタイプもありましたが、やはりコースターが面白いかなと。ちなみに、ビスケットには陶器で「素焼き」、「無釉磁器」という意味もあるそうで、この素焼きのビスケットも粉々に割れます(笑)こういう遊び心ある作品が大好き。コースターの下に敷いたビスケット型のタオル地のコースターはずっと前にAfternoon Teaで買ったもの。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

コスチュームジュエリーメイキング

Img_2565 「ネックレス ネックレス」でアクセサリーを作ったら、ちょっと面白くなって、今度は、ワイヤーアーティスト・余合ナオミさんの「コスチュームジュエリーメイキング」公開講座に出席。ワイヤーを使って、天然石を合わせた2way(ブレスレット兼チョーカー)のジュエリーを作ります。初めに電動工具を使ってガンメタ(ワイヤー)をグルグルねじるのにびっくり。面白いようにねじれていきます。出席者が順番に工具を使うので、待っている間にイヤリングを作ります。ゴールドの細いワイヤーを棒に巻きつけコイルを作り、その両端にカルサイトを通し、ペリドットを通し、イヤリング金具にメガネ留めでつないでいくのですが、丸ペンチの使い方にまだ慣れないので結構大変。最後にTピンでアマゾナイトハートを取り付けて出来上がり。その後、いよいよ2wayアクセサリー作りに。好きな石を7個選んで、軸になるワイヤーに1個通し、その石の周りに工具でねじったワイヤーを添わせ、4重に巻きつけるのを繰り返します。ワイヤーが硬いので、思うように形ができないもどかしさ。指先の力も結構使う。無我夢中で出来上がった作品は、遠目で見ないと、巻きも不揃いで恥ずかしい…

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

藤原千鶴展

Img_2557 Zakka恒例の「藤原千鶴展」(11月9日~14日)。イベントスペースの棚に並んだルームシューズ。毎回、新しい布の取り合わせにわくわく。ついつい欲しくなってしまう。でも、すでに家には、藤原千鶴さんのルームシューズが何足も。もうこれ以上は…無理ですよねぇ。で、今回は見るだけに。なのに、常設展示コーナーの大テーブルの引き出しの中にZakkaオリジナルの鍋つかみを見つけたら、もう心が揺れて、揺れて(笑)なかなか出合えないうえに、真っ赤な水玉模様が新鮮!友達がこれをみたら「また鍋つかみ?」って呆れるだろうなぁ~

| | コメント (4)

2009年11月13日 (金)

なかにしあいこさんのチョコレート

Img_2404 このソーセージのようなユーモラスな形は、京都在住の素朴派ふらんす料理家・なかにしあいこさんのチョコレート「ソーシッソン・オ・ショコラ」。なかにしあいこさんのHPよりお取り寄せしてみました。中には、ピスタチオやくるみなどナッツ類とドライフルーツがたっぷり入っています。ほろ苦く洋酒も効いているのでオトナ向け。同封された手紙には「ソーセージのようにスライスしてお好みの飲み物と…。大好きなふらんすと京都が混じりあって生まれたふらんすの味。」また「おすすめは冬の京都!!底冷えのする京都は静かで、しっとり…。美味しいもんもいっぱいです!!」と。バレンタインやクリスマスにいかがでしょうか。

| | コメント (2)

2009年11月12日 (木)

大橋歩「わたしの時代」

Img_2467 今、三重県立美術館で大橋歩さんの個展が開かれています。行きたいと思ってもなかなか行けないので、せめてカタログが欲しいと思っていたら、イオグラフィックで扱っていました。箱の中には、カタログと平凡パンチ創刊号から390号までの表紙ポスター(特大!)が。カタログには、大橋歩さんの46年間の仕事が詰まっています。平凡パンチの表紙からアンアンの仕事、ピンクハウスの仕事、広告と雑誌の仕事、書籍に版画、絵本と。そして「アルネ」のつくり方まで。個性的なイラストの1枚、1枚にぐいぐい引き込まれてしまいます。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

ポッキー&プリッツの日

Img_2523 今日、11月11日は「ポッキー&プリッツの日」だそう。平成11年11月11日、数字の“1”にポッキー・プリッツが似ている!ことからスタートしたポッキー&プリッツの日。今年、第11回目を迎え、“11%”増量したポッキーを、1個買うと1個、こんな可愛いおまけ(ノート、ミニタオル)がついていました。スーパーで新発売のお菓子や、おまけ付きを見ると、ついつい買い物カートに入れてしまいます(笑)

| | コメント (2)

2009年11月10日 (火)

もこもこソックス

Img_2420 先月、CINQで久しぶりのイベント「ウール展」を開催していました。北欧の淡い色合いの毛糸がたくさん置いてあって、編み物をしてみたいなぁと思ったけれど、マフラーや手袋を仕上げる時間がないような気がして、結局、去年も買ったフィンランドVENLA社の「もこもこソックス」を。くつ下の内側がつま先までもこもこに起毛しているソックスで、ルームソックスに最適。今年のもこもこソックスは、CINQオリジナルデザイン。白い小花柄で、色はネイビー、グレー、ブラウンの3種類。イベントが終わっても店頭に置いてあるそう。

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

リプトン スイーツコレクション

Img_2544 毎回、結構真剣に集めてしまうのが、リプトンの500mlペットボトルについてくる「リプトンスイーツコレクション」。今年の初めのキャンペーンは「ピエールマルコリーニ」、9月はベルギーの「DEL REY(デルレイ)」でした。宝石のような一粒チョコの「ダイヤモンド」や「ハート」、グラスに入った「エミールアイスクリーム」を見たときは、感動しちゃいました。そして今回、11月は、「DEMEL(デメル)」!デメルと言えば、猫の舌をイメージした「ソリッド猫ラベル」が有名。それからザッハトルテ!それらが携帯ストラップになっているなんて!8種類集めるために、コンビニを何軒も回ってしまいました。それにしてもすごいなぁ~。今回のキャンペーン対象は「リプトン ザ・ロイヤル」。コンビニ限定だそう。

| | コメント (2)

2009年11月 8日 (日)

ネックレス ネックレス

Img_0296  以前に、イオギャラリーで「ネックレス ネックレス」のイベントがあったとき、都合で行けませんでした。でも、願いが叶うことってあるのですねぇ。浜田山の「ネックレス ネックレス」(アクセサリーと素材のお店)で開かれているワークショップに参加することができました。あらかじめセットされたパーツとビーズにキューピンをつなげて作ります。道具は、ニッパーと丸やっとこ、平やっとImg_2485この3つ。全くの初心者で、不器用な私でも、スタッフの方の丁寧な指導で、なんとか2時間でこんな素敵な「オータムカラーネックレス」が出来上りました!やった~!という気持ち。でもこんなに真剣に根を詰めて作業したのは久しぶり。疲れましたぁ…だから気が付いたときは、お店の外。店内に並ぶアンティークビーズやボタン、きれいなレースの数々をゆっくりみる余裕もなく、帰ってきてしまいました…(後悔)

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

おかいものクマ フリースひざ掛け

Img_2518 西武で、お歳暮の注文をすると、この「おかいものクマ フリースひざ掛け」を先着順にプレゼントするというので、今年は早めに申込み。結構大判で、そのうえ紺色。会社で使えば、楽しく仕事ができそう♪以前は、買い物をするとくじを引いて、当るともらえるおかいものクマグッズが多かったけれど、くじ運の悪い私には、こういう先着順がいいなぁ~

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

SHINOさんのチョーカー

Img_0300イオギャラリーで開催している「SHINOさんチョーカー展」(11月2日~7日)。プラハ在住のSHINOさんのチョーカーは、極小のチェコビーズを色鮮やかに、組紐のように仕上げたすべて一点もの。「ほぼ日」のサイトでも紹介していたので、200本用意したチョーカーは、初日に大半が売れてしまい、3日の午後には数十本しか残らず、あとから少し追加したと聞きました。Img_2502色がとてもきれいなので、ちょっと派手かなと思っても、実際に身につけてみると意外に似合います。その日、SHINOさんがつけていらしたチョーカーが、とてもきれいだったので、素敵ですねと言ったら、これも売り物なのですよと、笑いながらはずしてくださったのが、この新作のロングタイプのチョーカー。これは、大橋歩さんが初日からずっと気になっていた1本で、なぜこれが売れ残っているのか、不思議ねぇと言っていらしたとか。たぶん、私を待っていた?のでは(笑)

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

升本屋の塩みつかりんとう

Img_2072 「かりんとう」好き。珍しいものを見つけると食べずにいられません。この世田谷・升本屋の「塩みつかりんとう」は、シーサーミネラル21塩(ぬちまーす)という沖縄の塩を使っているかりんとう。塩みつのほどよい甘さが、辛党の人にもうけるようで、おやつに出したら、一袋があっという間になくなってしまいました。

| | コメント (2)

2009年11月 4日 (水)

川島枝梨花さんのカード

Img_1761 小冊子「TOKYO PARADISE」の表紙を担当し、活版印刷で封筒やカードを制作している川島枝梨花さん。この「葉イチゴ」と新作「ぶどう」の封筒とカードのセットは、Ekocaで。川島さんは、実際にその物を見て、スケッチをしてカードを作られていると聞きました。「葉イチゴ」の封筒とカードには、朱色で活版印刷しています。11月8、9日Ekocaの定休日に、Ekocaのスペースを借りて4年ぶりの個展(版画展)を開くそうです。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

くまがいのぞみさんの器

Img_2364 この手のひらにのるくらい小さな、小さなココット(スプーン付)は、先日、蔵前のin-kyoで開催された陶芸家・くまがいのぞみさんの個展「日々の、うつわ遊び」で。塩やゆずこしょう入れにしても、ゆかりを入れても食卓が楽しくなります。同じタイプでピッチャーもありました。普通サイズのグラタン皿や土鍋なども作られていましたが、くまがいさんの作るモノは、色や形に遊び心がありますねぇ。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

レ・ミニャルディーズのプティマカロン

Img_1857 大丸東京店に行ったら、おススメなのが「レ・ミニャルディーズのプティマカロン」。直径2cmほどのホントに小さなマカロンが細長い箱に並んでいます。ホワイトからブラウンへのグラデーションがきれい!「ホワイトチョコレート・ラベンダー」から始まって「カフェ・クレーム」「キャラメル・バニラ」「キャラメル・サレ」「カカオ・41%」「ショコラ・ローズ」「カカオ・66%」「カカオ・72%」「カカオ・80%」と続きます。私の一押しは、キャラメル・バニラとキャラメル・サラ。色だけでなく味もグラデーションを楽しめるところが面白い。この9個入りを自分のために買うのは、ちょっと贅沢な気もするけれど、お遣い物にしたらぜったいに喜ばれそう。

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

イイホシユミコ作品展

Img_2415 南青山のスパイラルマーケットで開催しているイイホシユミコ作品展「その情景が私の心に焼きついた」(10月26日~11月8日)を見てきました。入口には、handworkのマグカップやボトル、ボウルが。テーブルの上にはunjour(アンジュール)シリーズの新色を限定色として展示販売しています。handworkの作品は作品展終了まで展示し、そのあと受け取りになるものがほとんど。でも、このボウルは、たまたまお持ち帰りできるものでした。嬉しい♪

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »