« 堀井和子さんの「クーリエ」展 | トップページ | 須田二郎さんの木のフォーク »

2009年10月17日 (土)

あひろ屋の日本手拭い

Img_2034 ラ・ロンダジルが神楽坂から、もう少し路地を進んだ袋町に移転して1か月。地図を片手に、途中、道に迷いつつ、何とかたどり着きました(笑)小唄のお師匠さんの元宅だったというだけあって、玄関前の庭といい、部屋のつくりも風情があり、居合わせた方から、どこか懐かしい佇まいねぇという声が。1階は常設ショップ、2階はギャラリースペースになっています。一つ一つ器を眺めていると、ゆるゆると時間が過ぎていきます。ガラス扉がついた茶ダンスの中には、あひろ屋の日本手拭いが。職人さんが1枚1枚丁寧に手染めした手拭いです。鉄瓶や源氏香図等々いろいろあって迷ったけれど、結局、籠好きなので「籠目」模様を。色は梅鼠色。

|

« 堀井和子さんの「クーリエ」展 | トップページ | 須田二郎さんの木のフォーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 堀井和子さんの「クーリエ」展 | トップページ | 須田二郎さんの木のフォーク »