« 毘沙門漬らっきょう | トップページ | 乙女の金沢展 »

2009年8月22日 (土)

夏椿

Img_0197  いつか行ってみたいと思いながら、なかなか行く機会がなかった「夏椿」。LEEに出ていた雅姫さんと「夏椿」店主・恵藤 文さんの「和の器」一日入門の記事を読んだら、どうしても行きたくなって。場所は、世田谷区桜3丁目。三軒茶屋からバスで「大蔵ランド前」下車。徒歩1分。世田谷通り沿いにある花屋さんの角を曲がってすぐの一軒家。古い日本家屋と庭がお店にImg_1574_2なっています。家の中に入ると、水屋や卓袱台、棚に作家さんの器がゆったりと並べられており、一つ一つ、ゆっくり時間をかけてながめ、ときには庭に目をやり、素敵な時間を過ごすことができました。今回頂いたのは、松本寛司さんのナラの木のスプーンとitonowaさんのジンジャーシロップ。松本さんは、岐阜県多治見市にある若い作家さんが集まる工房「STUDIO MAVO」で制作をなさっている若手の作家さん。思い切って行って本当によかった。

|

« 毘沙門漬らっきょう | トップページ | 乙女の金沢展 »

コメント

toytoyさん、こんばんは〜♪夏椿に行かれたんですね。私も天然生活やLEEで見て、行ってみたいと思ってました。駅からバスに乗り継ぐですね。遠そうですね。でも、いつか行ってみたいです。
itonowaには行ったことあります。玄米カレーが美味しかったです。

投稿: モモチドリ | 2009年8月22日 (土) 23時46分

モモチドリさん 
夏椿よかったですよ♪
ぜひいらしてください。
帰りはちょうど渋谷行のバスが来て、うまく乗れましたが、やっぱり遠いですね。
itonowaにはまだ行ったことがないので、行ってみたいと思っています。

投稿: toytoy | 2009年8月23日 (日) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毘沙門漬らっきょう | トップページ | 乙女の金沢展 »