« ロワゾー・ド・リヨン | トップページ | 山安海苔店 »

2009年7月 9日 (木)

キクロン

Img_0906 ジャムや煮豆を作るときに、銅鍋を使っているのですが、だいぶ汚れがついてきて、普通のスポンジでは落ちません。といって、金属のものでゴシゴシしたら傷つきそうで心配。そのままにしていたのですが、結構気になってプチストレス。そうしたら、先月の「天然生活」に「銅鍋はキクロンで磨いている」というジャム職人・宇佐美ヱバ亜希子さんの記事が。「銅鍋はもう5年くらい使っているけど、秘密はこれひとつ」と。写真を見ると、確かに驚くほどピカピカ。キクロンの固い面で洗い、すぐにからぶきして、水けをしっかりとっておけばいつでもピカピカだそう。スーパーの棚に並んでいるスポンジの中でも、レトロなパッケージのキクロンは見たことがあったなぁ~くらいの印象。さっそく買ってきて磨いたら、新品のようにピカピカに。ついでに他の鍋も磨いて、ピカピカ。

|

« ロワゾー・ド・リヨン | トップページ | 山安海苔店 »

コメント

toytoy様
プロは銅鍋を使うのですね。じっくり煮込む時など
熱伝導率の関係で最適なのでしょうね。
昨日、ほうずき市の帰りに雷門前の亀十でどら焼き
を買って来ました。1個315円×10個。白餡と
小倉餡を各5個。おば様達で超満員。皮がフワフワ
で裏返したような表面。妻と娘は美味しいといって
いましたが、私にはよく分かりません。
「あら、キンツバも美味しいのよ。」だって。先に
言えっちゅうの。

投稿: 西恋おじん | 2009年7月10日 (金) 09時21分

西恋おじんさん
いいですねぇ~亀十のどら焼き。
裏返した皮、私も好きです。
ほうずき市は、もちろんカメラ持参ですよね?

投稿: toytoy | 2009年7月10日 (金) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロワゾー・ド・リヨン | トップページ | 山安海苔店 »