« オーガニック・ピーナッツバター | トップページ | 六花亭 リサとガスパール チョコ缶 »

2009年3月 4日 (水)

阿佐美尚彦さんのお皿

_mg_4166 先日Zakkaでみつけた阿佐美尚彦さんのお皿。まず綺麗な色と形に惹かれ、次に、この細かい“ひび”のような模様はどうして作られたのか?と不思議に思いました。お店の方に伺ったら、貫入に渋を入れて制作しているというのです。阿佐美さんの器の特徴は、この色合いと貫入だそう。温かい白と、器全体に染まった貫入。5寸のお皿は、毎日使うのにとても使いやすいサイズです。

|

« オーガニック・ピーナッツバター | トップページ | 六花亭 リサとガスパール チョコ缶 »

コメント

コンチ。
貫入とは、なんと読んで、どういうものですか?

投稿: 西恋おじん | 2009年3月 5日 (木) 11時01分

貫入(かんにゅう)と読みます。
陶磁器の表面に現れた細かいひび状のことです。
この器は、そのひび割れに柿渋を入れて色をつけています。

投稿: toytoy | 2009年3月 5日 (木) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーガニック・ピーナッツバター | トップページ | 六花亭 リサとガスパール チョコ缶 »