« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ハクサイの塩水漬け

_mg_3226八百屋やスーパーの店頭に白菜が並んでいます。この季節、お鍋にはもちろん、漬物にも白菜は欠かせません。毎年、作っている「ハクサイの塩水漬け」。市販の白菜漬けより安くて、美味しい。漬物容器の代わりにジッパー袋を用意して、3cm幅くらいにザク切りにした白菜を入れて、白菜の重さの2~3%の塩、白菜と同量の重さの水を加え、冷蔵庫に入れるだけ。1~2日したら、白菜から出る水分を軽く水切りして出来上がり。輪切りにした赤唐辛子、柚子の皮、細切り昆布、おろしショウガなど好みの薬味を加えるとより本格的。カットしてあるので、そのまま盛り付けるだけでラク~。写真は1日経ったところ。今回は、茨城県産のオレンジ白菜を使ったので、色鮮やか。

| | コメント (0)

2008年11月29日 (土)

キヤノンギャラリー銀座

Img_0018今日、EOS 5D Mark Ⅱ発売日。手にすることはできなくても、ちょっと見てこようと、銀座にあるキヤノンデジタルハウスまでぶらぶらと。ここは、製品セミナーや体験イベントが行われる場所。隣のキヤノンギャラリー銀座では、EOS 5D Mark Ⅱ“特別企画展「SCENES」-深化の先に見えるもの-”を開催中。今日から、一文字 美信さんの写真展が始まっていました。圧倒的な迫力で迫ってくる、仏様の手、灯篭の土台の部分、観音様の顔、切り取られた風景にただただスゴイなぁと。ギャラリー奥のミニギャラリーでは、EOS学園の修了作品展を開催中でした。生徒さんのそれぞれの写真から、そのときの情景や、心の動きまで想像できて、これもなかなか面白い。街路のイチョウもそろそろ黄金色。カメラ持ってお散歩 しなくちゃ。

| | コメント (2)

2008年11月28日 (金)

京都てくてくはんなり散歩

_mg_2727 今回、京都に行くにあたり、一番参考にしたのは、伊藤まさこさんの「京都てくてくはんなり散歩」。熟読しましたよ(笑)。本に従い?京都、出発点は「哲学の道」。まず「南禅寺」へ。Img_3635三門に上り、絶景を眺めてから、琵琶湖疏水の水路閣へ。写真を見てもわかると思うけど、ロマンティックな佇まい。まるで外国のような風景でしょう?せっかくだからお昼は「日の出うどん」にしようと思ったら、すご~い行列。本のとおりには行かないもの(なにしろ紅葉シーズン真っ盛り)。おやつは、今宮神社の「あぶりもち」!のはずでしたが、やはりここも40分待ち。じゃあ出町ふたばの「豆餅」!と思ったら、いっぱいの人。それならと最後、新幹線に乗る前にJR伊勢丹に寄って「阿闍梨餅」を買おうとしたらやっぱり40分待ち。もう待てないよう!「村上開新堂」のロシアケーキ買っておいてよかったぁ~。帰ったばかりなのに、また行きたい、行きたい京都。

| | コメント (2)

2008年11月27日 (木)

柳桜園茶舗

_mg_2983 村上開新堂を過ぎ、寺町通りを曲がってすぐにあるお茶の専門店「柳桜園」(二条通御幸町西入ル)。_mg_3140鳥獣戯画の缶が可愛い、かりがねほうじ茶「嘉悦」を先客が5缶も買っていくのを見て、私もお友達へのお土産にしちゃいました。店頭で淹れてくださったお茶がびっくりするほど香り高く、美味しかったので、銘柄を聞くと煎茶「朝日」だと。淹れ方を教わってきて、家で飲んでみたら、ほのかに甘みまで感じられる深い味わい。お茶の時間が至福のひとときに。

| | コメント (2)

2008年11月26日 (水)

村上開新堂菓舗

_mg_2980 「村上開新堂菓舗」は、明治37年創業、京都で一番古い洋菓子店。今回買えたのは「ロシアケーキ」1箱(10個入り)と「好事福盧」(み かんのゼリー)。予約制の缶入りクッキーは、12_mg_3155月まで予約がいっぱいで今回は買えず、_mg_2992次回のお楽しみに。店内は、クラシックな外装と同様、レトロな雰囲気。包装紙も箱も素敵です。ロシアケーキは、さくっとした食感で、ぶどうジャム、あんずジャム、レーズン、チョコレートなど数種類。「好事福盧」は日持ちがしないので、ホテルに持ち帰り食べました。やさしい味でした 。

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

京都イシス

_mg_2974_2 「辻和金網」から少し歩いたところにある「京都イシス」(麸屋町竹屋町上る)。私が京都に着いた日は、 ちょうど三谷龍二さんの出版記念木工展(21日~29日)が始まる日だったので、寄ってみることに。辻和金網で買い物してから行ったので、4時近くになっており、_mg_3163_2品数も少なめでした。その中から桃居で買わなかったマグネットと魚の形が面白い「くつべら」を自分へのお土産に。やはり、こちらのお店でも朝から並ぶ方がいらして、めぼしい品は開店してすぐの時間に売れてしまったそう。

| | コメント (4)

2008年11月24日 (月)

シニフィアン・シニフィエ

_mg_3198 ここ最近、本当に美味しいなぁと思ったパンが「シニフィアン・シニフィエ」のイチジクやナッツがたっぷりと入ったパン。いつもシンプルな食パンが好きで、こういう中身がぎっしりと詰まったパンは敬遠していたのに、新宿・伊勢丹地下のフードコレクションに出店(明日25日まで)していた「シニフィアン・シニフィエ」のパンをひと口試食したら美味しいこと!これほど素材の味が生きているパンは今まで食べたことがありません。イチジクのパン(フィグ・エ・フィグ)は、ヘーゼルナッツの香り豊かな生地の中にオーガニックの黒イチジクとジューシーな白イチジクが贅沢に入り、クルミのパン(パン・オ・ノア)には、ピーカンナッツも入り、そのうえ、マッシュポテトも練り込んであるので、しっとりとした食感。赤ワインで仕込んだパン・オ・ヴァンは、イチジク、クランベリーとナッツ類がたっぷり。そしてびっくりするほどもっちりとした食感のパン・ド・ミ。ここ数日は毎朝、口福、口福。ちなみに、オーナーシェフの志賀勝栄さんが作りたいのは、あくまでシニフィアン(皆が持っているイメージ)を覆す、シニフィエ(記憶に残る)なパンであると。

| | コメント (1)

2008年11月23日 (日)

辻和金網

_mg_2971 京都へ行ったら、まず「辻和金網」に寄ってみたいと思っていました。場所は“堺町二条上る”。碁盤の目のように東西南北に通が並ぶ京都。縦横の通り名で交差点を示し、北へ行くには上る、南は下る、東西はそれぞれ東入る、西入ると言うのはわかっってきたのですが、慣れるまでにはまだ時間がかかりそう。で、お店は堺町通と二条通交差点を北に向かってすぐのところにありました。_mg_3146 店内に、機能的で、美しく編み上げられた道具が並んでいます。お目当ては、針金で編んだ「茶こし」。銅とステンレスがあり、サイズは大中小と3種類。銅は色が変化するけど、ステンレスはしない。色変化を楽しむなら銅だし、ふだん使うにはステンレスが便利かなと、迷っていたら「ステンレスなら漂白できますよ。」とのお店の方の言葉が決め手に。店頭に中サイズのステンレスの完成品がなかったので、その場で網に持ち手をつけてもらい、もうひとつ、これも欲しかった「あくとり」をいただいて、どちらも繊細な作りで美しい。

| | コメント (0)

2008年11月22日 (土)

銀閣寺

銀閣寺
京都は朝から快晴!先ず南禅寺へ。絶景を見ようと、日本三大門のひとつである三門に上がったのですが、階段が急で降りたら足がガクガク。それから永観堂へ。「もみじの永観堂」と言われるだけあって見事。お寺の入口の売店に置いてある「三鈷の松」(持っていると3つの福が自然に備わるといわれている)を頂くことができてニッコリ。更に進み銀閣寺へ。珍しい修復中の銀閣寺をパチリ。お昼は尾張屋で利休そば。金閣寺に着いてタイムアウト。これから新幹線で帰ります。

| | コメント (0)

2008年11月21日 (金)

東寺

東寺
三連休前、一日早く休みを取り、昼近くの新幹線で秋の京都に来ました。新幹線の車窓から、東寺の「五重塔」が見えると、あぁ京都に来たなぁと実感しますよね。偶然にも今日21日は空海の月命日。東寺で弘法市が開かれる日。500軒程の露店が境内に並び賑やか。骨董品や呉服、食品、植木、小物等の露店をのぞいて行くと、眼前に荘厳な五重塔が。記念にパチリ。

| | コメント (3)

2008年11月20日 (木)

空也の最中

_mg_2857いわずと知れた「空也」の“最中”。予約して買いに行くのも久しぶり。銀座6丁目・並木通りにあるこじんまりとした店構えは、江戸の粋を感じさせます。この一番小さな化粧箱(10個入り)は、値段も1,000円と手ごろで、手土産には最適。小ぶりの最中は、ちょっと小腹が空いた時に手が伸びます。小豆のつぶし餡はもちろん、_mg_2882焦し皮も香ばしくて美味しい。同封のしおりによると、密封容器に入れて冷蔵庫で保存しておけば、1週間以上良い状態で保存ができ、又、硬くなった最中は、5~6個まとめて手なべに入れ、水を加えて、お汁粉にしても美味しいと。と言っても、硬くなるまで残ることなんて、まずないと思うけど…。 

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

センチメンタルテリトリーの冬じたく

_mg_2862 この季節「冬じたく」という言葉に敏感に反応してしまう。といって、今年はまだ冬物のあったかい衣類を買っていない。だから、そろそろ冬じたくの準備をしませんかという「ほぼ日ストア」のうすくて、かるくて、しかもあったかい「カシミアのTシャツ」に即反応しちゃいました。この焦げ茶は「ホットチョコレート」。他に「ブルーベリーソース」や「バナナオレ」「ピーチスープ」など、“テリトリーの冬ごもりのごちそう”にちなんだという美味しそうな色が揃っています。「11月のラッコの店」と「12月のウサギの店」(12月3日~)で、同じ品を2回に分けて販売。

| | コメント (0)

2008年11月18日 (火)

TITI COLLECTION

_mg_2965 atatさんの作品は、革小物も好きだけど、羊の毛でできたTITI COLLECTIONもまた可愛らしくて好き。その中のお皿シリーズは、形によってHESO(へそ)一番小さなまんまる、MAME(まめ)定番のまんまる、COME(こめ)だ円形、NANN(なん)たんこぶつき、なんて面白い名前がついています。写真のフェルトお皿の赤は“まめ”で、ブルーは“こめ”。時計や指輪などアクセサリーをはずしてちょっと置いたり、コースターにしたり、そこにあるだけでも、ほっこりとした気分になりますねぇ。ちなみにヒナタノオトでは、この“こめ”をおつり銭のトレイとして使っていましたよ。

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

イイダ傘店の折畳み傘

_mg_2927 9月に行われたイイダ傘店さんの東京での受注会のとき注文した折畳み傘が届きました。柄は「コショウ」。色はキイロとベージュがあってこれは「キイロ」。傘を広げた時に花畑ならぬ実畑が広がるように、コショウの実がたくさんつらなっている様子をモチーフにプリントで表現し、自由にのびる枝は鉛筆で描き、実の部分は水彩で描いたそう。折畳み傘のサイズは50cmと60cmの2種類があって、これは小ぶりの方。これからは、雨が降りそうな天気のときも、この折畳み傘を持てば、気分が明るくなって、逆に、雨降りを心待ちしてしまうかも。それくらいステキです。
11月26日~12月2日にかけて、新宿伊勢丹・呉服売場での催事に参加し、企画に合わせた傘を販売するそうです。

| | コメント (0)

2008年11月16日 (日)

zucca×HELLO KITTY

_mg_2901 zucca20周年を記念して、HELLO KITTYをモチーフにしたスペシャルアイテム(TシャツとSTRAP)が14日から発売中です。KITTYは、とうの昔に卒業したし、今さらねぇ~と思っていたのに、現物を見たら、ついお持ち帰り(笑)。STRAPは、ミニサイズモデルとビジュー付888個限定モデルの2種類。これ、結構大きくて、携帯につけるにはちょっと…。さぁどうしよう。ひとつはレアものKITTY好きの友達にクリスマスプレゼントにしようかと。つい先日、作り手の見えるモノが好きと言っていたばかりなのに、こういうモノにも惹かれてしまう分別のなさ。マズイなぁ。

| | コメント (0)

2008年11月15日 (土)

HIGASHIYA man

_mg_2454 参道駅A4出口から、根津美術館の方へ向かい、ISSEY MIYAKEの角を曲がったところに「HIGASHIYA man」があります。出来たての饅頭が湯気を立てて、見るからに美味しそう!饅頭3種類の他に、定番のひと口果子、干菓子や昔懐かしい駄菓子も並び、楽しい雰囲気。饅頭を巾着型の白い包装紙に包み、持ち手をキュッと結んで渡してくれる姿も可愛い 。この黒糖饅頭、中のこし餡はもちろん、黒糖の入った皮まで美味しい!青葉台や西麻布のHIGASHIYAは、駅から少し歩くので、そうそう行けないけど、表参道店なら駅から徒歩3分。ここなら気軽に手土産できそう。

| | コメント (0)

2008年11月14日 (金)

赤木明登さんの茶托

_mg_2525今日でこのブログ更新も1,000回。自分でこれいいなぁと思って選んだモノ、食べ物、興味があることなどを、少しずつ書き続けたらいつの間にか1,000日。1日も休まず、なんとか続けてこられたのも、私の拙い文章を読んでくださる皆様がいてくださるから。本当にありがとうございます。赤木明登さんが「できるだけ作り手の顔が見えるものを集めたいですね。自分が一番シンクロするものと出会う事が幸せな事だと思う」と語る記事を読んだことがあります。最近、これいいなぁと思うと、個人の作り手さんのモノがほとんど。作り手さんの思いが込められているモノの持つ力に惹き付けられるということだと思います。これは、その赤木さんの「茶托・日の丸」。fudokiでお茶をいただいたときに、使っていらした茶托で、どんな茶碗とも相性がよく、また豆皿としても使えると聞いて、注文したもの。お気に入りのモノは大切に仕舞いこまないで、毎日の暮らしの中でどんどん使います。

| | コメント (6)

2008年11月13日 (木)

SOZOKOBO

_mg_2832デパートの催事場に置かれた、背もたれが天使の羽のような形の木の椅子と、可愛いイラストが描かれた小さな、小さな家。制作は、SOZOKOBO(京都市)さん。そのとき、気になった家が何軒かあったのですが、ゆっくり選んでいる時間がなく、後でもう一度来たら売り切れ。私の残念そうな顔を見た作者の奥田守保・千珠さんご夫妻。作って送って下さると言うので、希望の形、イラストを伝えて、届いたのが、このクマさんが暖炉にくべる薪を持って立っている家。そばの小さな家はおまけ。SOZOKOBOは、奥田さんが木の風合いを生かした家具を作り、その木片を生かして、家の形に削ったものにグラフィックデザイナーの千珠さんがほのぼのとした絵を描いています。

| | コメント (2)

2008年11月12日 (水)

Love カメラ vol.10

_mg_3068 最近、優しい雰囲気の写真を見かけることが多いなぁと思っていたら、どうやら、ややハイキー(適正な露出よりもオーバー状態の写真)で、ピントを浅く合わせることで奥行きとやわらかさのある写真が撮れるらしいと、この本を読んでやっとわかりました。(今頃遅い?)雅姫さんは、暮らしの中で見つけた“シアワセの瞬間”を、毎日欠かさずデジタルカメラで残し「撮った枚数でその日の充実度がわかるんです。」と語っています。エッセイストの柳沢小実さんは、心が動いた風景を大切にしたいからこそ、構図を考えてポイントを絞るようにしていると言います。「何が撮りたかったのかあとからもわかるように、全体は写しません。そして写真をあとから見返すと、『自分はこういうことに興味があったんだ』と思い出す。それも写真の楽しみだと思うんです。」と。毎号Loveカメラは、写真を撮る楽しみとステキな写真の撮り方のコツを教えてくれます。

| | コメント (0)

2008年11月11日 (火)

横山煎餅本舗

_mg_2730「横山煎餅本舗」は、羽田にある老舗の塩せんべいのお店。京浜急行「穴森稲荷」の改札を出て、踏み切りを渡り、まっすぐ進み、広い通りに出たら左に曲がるとすぐ。半分シャッターが下りているように見えるのは、予約しなくては買えない(一枚一枚丁寧に手焼きしているので、1日の生産枚数が限られているため)おせんべい屋さんだから。販売しているお煎餅もこれ1種類のみ。焼いているお煎餅の形が面白いなぁと思ったら、穴森稲荷に由来しているそう。お醤油の香ばしい香りと、薄焼き煎餅に近い厚さでもしっかりかための食感は、今まで食べたお煎餅とは一味違う美味しさ。食べ終わったら、また予約しなくちゃ。

| | コメント (5)

2008年11月10日 (月)

無印良品のミニクロック

_mg_2602 洗面所で使っている時計が壊れてしまい、小さくてシンプルな時計を探していて、見つけたのが、この無印良品のミニクロック。マグネット付で、冷蔵庫などに貼り付けることもできるし、自立スタンドも付いているのでテーブルの上に置く事もできるのでとても便利。洗面所に時計?なんて思うでしょうが、朝、一分一秒を争う私。横目で時計をにらみつつ、顔を洗い、歯磨きしている私にとって必需品。こんな時間に追われる生活まずいなぁ、もっと余裕を持てるように早起きしなくてはと思うのですが…。当分この時計はずっと洗面所に置いたままでしょうねぇ。

| | コメント (2)

2008年11月 9日 (日)

EOS 5D MarkⅡプレミアム発表会

_mg_2851品川にあるキヤノンSタワー3階で、開催している「EOS 5D MarkⅡプレミアム発表会・特別体験会」へ、のこのこと(自分の腕前も忘れ、恐れも知らず、ただ触ってみたいだけ)行って来ました。お昼前に着いたので、会場はさほど混雑しておらず、ゆっくり、プロ写真家による風景写真(すごい迫力!)のギャラリーを見てから、実写コーナーへ。和服姿のモデルさん二人をEOS 5D MarkⅡで撮影体験。それから撮影した画像をプリントしてもらい、製品ラインナップコーナーや、フルHD動画体感コーナーを回って出口へ。記念品のスペシャルBOXの中身は、写真家・石橋 睦美氏、十文字 美信氏、米 美智子氏による限定プリントや、Lレンズのカタログ、EOS 5D MarkⅡのDVDなど。来週の土日も開催(土曜日は14:00~18:00、日曜日は10:00~18:00一般公開時間)

| | コメント (4)

2008年11月 8日 (土)

浅草雷門

_mg_3408_2 今にも雨が降りそうな天気のなか、11月の一眼レフ撮影実習は、浅草で。いつ来てもすごい賑わい。まず、雷門を中心に撮ってみようというので、どういうアングルで撮ればよいのかウロウロしていたら、先生がローアングルでシャッタースピードを落として撮ってみると面白い写真が撮れるよと。小さな三脚を借りて、地面すれすれの低さでシャッタースピードを1秒にして撮ってみたら、人は動いているけど、提灯は動いていないゴーストが現れたような不思議な?写真が撮れました。これがいい写真かどうかはわからないけど…。ちなみに、お土産は、浅草寺本堂落慶50周年記念小判(1枚300円)。

| | コメント (2)

2008年11月 7日 (金)

日日ギャラリー

_mg_2674_2渋谷区富ヶ谷にある「日日ギャラリー」は、一見、ごくフツウの家で、ギャラリーには見えないけど、中に入ると、日本とドイツの職人の手仕事を紹介している場所だけあって、_mg_2690漆器や、陶器、竹製品がずらりと並んでいます。見せて頂いた箱の中に、この伏見眞樹さんの竹に漆を施したデザートスプーンが並んでいて、ひと目ぼれ。ヨーグルトを食べるとき、使ってみたら(漆のスプーンは初めて!)、唇に心地よい、なんと滑らかな感触!いつものヨーグルトもひと味美味しく感じられる。

| | コメント (4)

2008年11月 6日 (木)

かもめの玉子

_mg_2801 デパートで開催している東北の物産展に行くと、ついのぞいてしまう「さいとう製菓」の「かもめの玉子」。今度は「ばなな」味。外は黄色いバナナ味のチョコでコーティングしてあり、中は、完熟バナナのペーストが入っていてちょっと面白い味。皆で食べたら、これは好き!という人も、やっぱりフツウの「かもめの玉子」の方が好きという人もいて、人の味覚ってホントそれぞれだなぁと思う。ばなな味の他に、季節限定の栗味もあり、次は何が登場するのか楽しみ。

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

エル ナチュラリスタ

_mg_2418 今日はこの秋一番の冷え込み。ブーツを履いている人が多くなってきましたね。このブーツはスペインのシューズメーカー「エル ナチュラリスタ」の「NASCA」。雑誌で知り、とても履きやすそうに見えたので、メーカーに問合わせたら、都内で扱っている店舗はないとの返事。でも横浜にある“Oromina”というお店で扱っているというので、ネットで検索したら、オンラインストア以外に駒沢公園通り店もあるではないですか!行ってみたら、最初思っていたサイズよりひと回り大きい方がしっくり馴染む感じ。やっぱり靴はネットでは買えないなぁ。ちなみにブランド名は自然主義者という意味で、「自然こそが幸せをもたらす全ての中心である」からきていると。革の発色にも合成素材を使わず植物性の発色液と樹液を使い、素材、履き心地もこだわったエコなブランド。「NASCA」という名前のとおり、靴底はナスカの地上絵モチーフのトカゲのような絵!

| | コメント (2)

2008年11月 4日 (火)

東京散歩

_mg_2717 雅姫さんが案内する東京近郊お散歩ガイド。ポイントはきっちりおさえつつ、レアなとっておきのお店も紹介していて、なかなか面白い一冊(写真が素敵!)。始まりは、吉祥寺の「4ひきのねこ」と「サンクプリュス」から。「青梅線で昭島まで。農家の一家が営むパン屋さんに行ってきました。」とか、「西麻布のギャラリー桃居まで 陶芸家・花岡 隆さんの個展を見に行きました。」の話も楽しいし、ちょっとおでかけで、「紅葉を探しに御岳山まで足をのばしました。」や、鎌倉情報、F.O.B COOPオーナー益永みつ枝さんと、とっておき雑貨トークも。初版限定の特別付録として雅姫さんデザインの「ハグ オー ワー」の“オリジナルお散歩バッグ”(縦23cm×横46cm×マチ13cm)がついています。

| | コメント (2)

2008年11月 3日 (月)

ネスレブライト日付ダイヤル付き容器プレゼント

_mg_2746お気に入りの作家さんモノに囲まれた暮らしが好き、と思っても浮気な私。たまにはこんな可愛いイラスト付きの容器も欲しくなる。休日にスーパーのはしごをして、お得なものはないか、変わったものはないか、ぶらぶら、キョロキョロしていると、あるのですねぇ~こういうおまけ付きが。ネスレブライトにおまけが付いて、それもイグルー ダイニングさんのほっこり暖かいイラストが描かれている日付ダイヤル付き容器が。コーヒーが苦手な私、インスタントコーヒーは飲まないけれど、ブライトなら、ミルクティーに使えるので、いいよねと、自分に言い訳。

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

佐野

_mg_2770  「佐野ラーメン」を食べに行こうと、友達と一緒に佐野に行ったのですが…。まず、「佐野市駅」を「佐野駅」と間違えて、駅前に佐野ラーメンのお店がない???と、駅前の交番で聞く始末。やっと「佐野駅」に着いて、入ったのは、駅から徒歩1分のところにある「じゅん亭」。手打ちの細麺にしょうゆ味のスープという昔ながらのラーメン。_mg_2783あっさり味で美味しい。それから、せっかく佐野に来たのだから、関東三大師のひとつ「佐野厄よけ大師」へお参り。境内でキラキラ輝く「金銅大梵鐘」にびっくりしてパチリ。佐野みやげは、「ナカダ」の「桜あんぱん」。米こうじで発酵させた生地は、しっとりモチモチ。半分に割ってみると、自家製のこしあんがぎっしり。ほのかに桜の香りがして、これも昔なつかしい味。1袋5個入り。

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

Zakkaのカレンダー

_mg_2476今日から11月 。一年経つのが早い!早い!今年のZakkaカレンダーも残り2枚となりました。もちろん来年のカレンダーもちゃんと用意しましたよ。毎月、終わったカレンダーをZakkaから届くDMと同じサイズにカットして、カードを作るのも楽しみ。表紙も小さくカットして、これもメッセージカードに再利用。ちなみに来年の1月は、大好きな“鍋つかみ”の写真。嬉しいなぁ~

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »