« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

デザイン物産展ニッポン

Img_2196不安定な天気が続いている中、「チケットがあるので、行ってみない?」と友達に 誘われて、松屋・銀座8階で開催中の「デザイン物産展ニッポン」へ。パンフレットよると「デザインというフィルターを通して、47都道府県が自分たちらしさを持っているか、また、ひとつひとつの場所で日本らしさをどう表現しているかを、物産展のスタイルを引用したこの企画展を通じて感じて頂きたい」と。47のテーブルの上には、その土地らしい個性的なデザインの物産が並んでおり、たとえば、東京のテーブルには、大橋歩さんが企画・編集している雑誌Arne、HIGASHIYAの羊羹(きりっとひもを結んだパッケージが実に印象的)、江戸切子等々。混雑している会場内をぐるぐる歩き回り、たくさんの作品を見て「日本らしいものづくり」を考えるよい機会でした。Img_2203_2一部の展示物は、実際に購入できる、購入券がテーブルの脇にあるので、気に入ったモノがあれば、それを購入できるのも嬉しい。写真のお菓子は、 福岡の創作和菓子の店「鈴懸」の「tatamize」(黒胡麻と南瓜)。

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

竹炭

Img_2179 この竹炭もババグーリで。もちろん「竹のモノ」展のモノではありません。別のコーナーに並んでいた、この竹炭がとても綺麗だったので、一袋購入。そばにあった説明文によると、これは高知で作られている竹の炭で、炭には水を浄化する作用があり、やかんなどに入れてしばらく置くと、水道水に含まれる塩素、カルキを吸収して、水がおいしくなり、炊飯時に鍋に入れると、ご飯が美味しく炊き上がるとか。炭は、除湿や防臭にも効果があると聞いていたので、以前から小さな欠片を靴箱や、部屋の隅に置いていましたが、これは水道水に使ってみるつもり。

| | コメント (0)

2008年8月29日 (金)

「竹のモノ」展

Img_2178 ヨーガンレール本社1階にある「ババグーリ」で、グラフィックデザイナー・佐村憲一さんの「竹のモノ」展が9月1日まで開催中です。佐村さんの作品は、煤竹といって、古い茅葺屋根の家屋で、長い間使われ、煙で燻された、今では数少ない貴重な竹を使っています。展示されている指輪、バングル、かんざし、帯留、アクセサリーなど、竹とは思えない洗練されたデザインにすごいなぁと思ってしまう。少し奥の方には、様々な大きさの箸が並んでいて、自分の手に合ったモノが選べます。その中に箸と箸箱、それを包む布(佐村さんがその箸のイメージに合わせ、ババグーリのシルクの布の中から選んだもの)のセットがありました。5セットあって、そのうち3つが売約済。残り2つの中から選んだのがこのセット。携帯用マイ箸としてこれを出したら、友達がびっくりするかも。

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

レモン牛乳

Img_1766 栃木県内でしか販売していないという「レモン牛乳」(正式名称は、関東・栃木レモン)。先日、宇都宮駅構内で、レモン牛乳を買おうとしたら、レモン牛乳クッキーやキャンデーはあるのに、肝心の牛乳が置いていない!ちょっと焦ったら、隣の土産物店にあり、お持ち帰り用に保冷パックもちゃんと用意してありました。レモン果汁は入っていない、レモンの香りをつけた牛乳。でも、レモンの香りといっても、ほのかにバニラっぽい?、バナナアイスキャンデー?のような味と香りがして、子供の頃、お風呂上りに飲んだ乳飲料の味にも似ているような。なんだか懐かしい味。

| | コメント (0)

2008年8月27日 (水)

undoseのコインケース

Img_2151 「ほぼ日」のサイトの中にある「ほぼ日ストア」で、明日28日から「undoseのおしゃれなバッグ」が発売になります。今回、私のお目当ては、コインケースなのですが、もしかすると買えないかもしれません。(60点を抽選販売で明日午前11時から9月4日午前11時まで受付。詳細は明日。)で、先週末、一足先に南青山にある「undose」のギャラリーへ。コインケースは3個あったけど、どれも好きな配色で選ぶのが難しかったこと!コイン入れ以外に、常備薬を入れるピルケースにしたり、アクサリーを入れるジュエリーケースにしたり、使い方はいろいろ。「undose」の革製品は、見れば見るほど、使えば使うほど、どんどん好きになる。

| | コメント (0)

2008年8月26日 (火)

めざましマガジン

Img_2173 今朝、駅前で配っていたフリーペーパー「めざましマガジン」。出がけに見ていた「めざましテレビ」で、今日、首都圏の駅で配っていると聞いたばかり。運良く手にすることができて嬉しい♪今回の内容は「お仕事スキルアップ特集」とか、どちらかといえば“L25”に近いかな。スペシャルインタビューは、木村カエラさん。面白かったのは「きょうのわんこ」公認企画「あのわんこは今?」と、高島彩アナと中野美奈子アナの沖縄トーク。 こういうほんのちょっとしたことで、一日気分よく過ごせるのよねぇ。

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

REAL SIMPLE

Img_2130 今月発売の「REAL SIMPLE」の表紙に「センスよく暮らす人に学ぶ 片付く収納、美しい収納」と書いてあったので、中をペラペラ見ると、6人のスペシャリスト(スタイリスト・吉野美鈴さん、DEE’S HALLオーナー・土器典美さん、キッチンジャーナリスト・本間美紀さん、スタイリスト・田中美和子さん、イラストレーター・網中いづるさん、スタイリスト・鈴木順子さん)のお宅訪問など、まるで「天然生活」のページのよう。土器さんの部屋の棚の上に置かれているのは、辻 和美さんの大きなガラスボウル。リモコン入れにしているけど、洗ってサラダボウルとして使うこともあるそう。バスタオル入れは、井藤昌志さんのシェーカーズボックス。キッチンに掛けたトートバッグはリサイクルのペットボトルとトレイ入れ。皆さんの住まいじっくり眺めてしまいました。土器さんは“物を捨てるのがもったいないんじゃなくて、不要な物のために使っているスペースや労力の方がもったいない”と。

| | コメント (0)

2008年8月24日 (日)

今め菓子

Img_2167新宿・伊勢丹本館地下1階にある、和菓子の「今」を知る“今め菓子”のコーナーに、あさって26日まで中目黒・HIGASHIYAが特別出店しています。それも限定の「ひと口果子」が。白い果子“仙人掌”は、仙人掌(さぼてん)を原料としたテキーラに、スダチを合わせ、白餡で包んだもの。茶色の果子“檸檬茶”は、紅茶入りの白餡に檸檬(レモン)の酸味をきかせたもの。ふだん販売している「ひと口果子」Aセット、Bセットもありましたが、お目当ては、今だけしか食べられない限定の「ひと口果子」。「ひと口果子」の賞味期限は3日。贅沢なおやつが連日楽しめます。一緒に買った「麩まんじゅう」も絶品でした。HIGASHIYAは、中目黒と西麻布店以外に、南青山にも蒸し立ての饅頭屋「HIGASHIYA man」を出したそうなので、次回はそちらへ。

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

さじ展

Img_2136“スプーン”でなく、”さじ”と表したところが“粋更”らしい「さじ展」。「たべる、すくう、はかる、まぜる、もりつける。食卓や台所で使われる「さじ」。素材も大きさもいろいろなさじを集めました。」という企画展。8月15日から始まっているので、もう残り少なくなっていました。その中に、荒井智哉さんのこの小さなステンレスのスプーンが。もっと大きいサイズは売り切れで、残っていたのはこれのみ。でも、私は小さなスプーンを集めているので、嬉しい。木、漆、陶器、ガラス、金属の“さじ”は、それぞれ表情が違って楽しく、見ていて飽きないなぁ。

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

サイコロオブジェ

Img_2121 Zakkaの「アジア・アフリカの生活具 展」を見て来ました。たくさんのアフリカのカゴ、カゴ!そしてスプーンなどの生活雑貨が並んでいて、とても楽しい企画展。でもね、カゴは今年の夏は、これ以上増やさないようにしようと思っているので、我慢、我慢。代りに、奥のテーブルにそっと置いてあった恩塚正二さんの「サイコロオブジェ」を。黒と白があり、迷った末、白を。店頭のディスプレイを真似て、小さなスプーン(三谷龍二さんの薬味用スプーン)をのせてみました。

| | コメント (0)

2008年8月21日 (木)

モンシェール

Img_6887 所用で、南砂町にある事業所を訪問したら、一つ先の東陽町にとても美味しいパン屋があるので、連れてってあげると誘われ、のこのこと。東西線・東陽町駅を過ぎ、深川高校の先をずんずん進む?曲がる?(方向オンチなので覚えていない)と、デニュッシュパンを直売しているパン工場の前に出ました。「門(モン)シェール」と、看板があり、販売しているのは、プレーンデニュッシュ2斤のみ。他の商品(メイプル、シナモン、チョコレートなど)は、予約販売らしい。バター、生クリームをたっぷり使用しているデニュッシュパンは、スライスすると、手に溶けたバターがついてしまうほど。そのまま食べても美味しいけど、ほんのちょっとレンジで温めると、焼き立ての風味が甦って、なお美味しい♪ちなみに、モンシェール東陽町工場/江東区東陽5-24-10(TEL:03-3615-5811)は、年中無休、24時間営業!

| | コメント (4)

2008年8月20日 (水)

ピリッと甘するめ

Img_1738 昨年、「はなまるカフェ」でとりあげられた山栄食品工業の「ピリッと甘するめ」。糸井重里さんの“おめざ”ということで、一度は食べてみたいと、コンビニやスーパーでずっと探していたけど、見つからず。とうとう、山栄食品工業のネットから注文してしまいました。ちょっとつまんでみたら、結構甘く、辛い。ふだん薄味に慣れていると、味が濃いなぁと思ってしまうかも。でも、おやつに出したら、あちこちから手が伸びて、一袋(35g入り)は、あっという間。糸井さんは、なかなか売っていないから、ダンボールでまとめ買いしているそう。

| | コメント (0)

2008年8月19日 (火)

茶托

Img_1631 少し前に、蔵前のin-kyoで見つけた、一見素焼き煎餅???お化粧していない素のままの茶托。一枚一枚表情が違って、とても新鮮に見えました。聞けば、デッドストックになっていた、漆を塗る前の木地に、オイルを塗って仕上げしたそう。作家さんの湯呑みをのせると、ほのぼのとした味が出て、とてもいい感じ。ちなみにin-kyoは、9月1日まで夏休み。ちょっと羨ましいなぁ。

| | コメント (2)

2008年8月18日 (月)

もみじまんじゅう

Img_2086 広島といえば「もみじまんじゅう」。宮島に行ったら、「もみじまんじゅう」をお土産にしようと決めていました。でもね、厳島神社の参道には、「もみじまんじゅう」を売っているおみやげ屋さんがずらり。みんな“元祖”や“老舗”云々の看板を掲げ、どのお店も同じような形の「もみじまんじゅう」が並んでいて、選ぶのがムズカシイ!!で、何となく記憶していた「藤い屋」に。「藤い屋」の小豆餡は、皮をむいた小豆を煮て作るので色が黒くならず、豆本来の美味しさが生きているという。確かに餡の色はうすい紫色で、甘さも控えめ。会社でおやつに配ったら「『にしき堂』が有名だよ」なんて声も。広島の人のオススメって、どこのお店の「もみじまんじゅう」なのでしょうねぇ

| | コメント (4)

2008年8月17日 (日)

やまぐち号オレンジカード

Img_2097今度の旅行で自分へのお土産は、神社のお守りと、SL「やまぐち」号に乗車したとき、車内販売で記念に買ったこのオレンジカード。黒煙をあげて走るSL「C571」の雄姿。確かにSLに乗ったのは、初めてでとても面白かったけど、でも一番楽しかったのは、2回あった5分間の停車時間にSLを間近に撮影したこと。発車ぎりぎりまでシャッターを押し続け、走って車輌に戻ったこと。車窓から、SLを撮影するカメラマンをあちこちで見たとき、自分も走るSLを撮りたいなぁと思ってしまいました。乗りモノ撮影は、シャッタースピードやピント合わせなど、難しいイメージがあるけど、力強く走って来るSLを撮影できたら、どんなに気持ちよいことか。あぁ、一度挑戦したいなぁ。

| | コメント (4)

2008年8月16日 (土)

安芸の宮島

安芸の宮島
萩を出発し、日本最大のカルスト台地・秋吉台を展望台から眺め、その下に無数に点在する鍾乳洞の中で最大級の秋芳洞へ。洞内の温度は四季を通じて17度というので、快適。でも凄い湿気で洞の外へ出た途端、カメラのレンズが曇ってびっくり。山口県内の高速道路を除く道のガードレールは全て夏みかん色。その山口県から広島県へ。宮島口からフェリーに乗り、日本三景の一つ安芸の宮島へ。小雨降る中、世界文化遺産に登録された厳島神社に参拝し、潮が引き始めたシンボルの大鳥居をパチリ。平和記念公園を見学して帰ります。

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

SL「やまぐち」号

SL「やまぐち」号
旅の二日目は、山口の瑠璃光寺から。国宝の五重塔を拝観して、いよいよ今回の旅の目的の一つ、湯田温泉駅から津和野まで「貴婦人」の愛称で親しまれている「C571」SLやまぐち号に乗車!全席指定で5つの客車に明治風、大正風、昭和風などの名前がついており、なんとクーラー付き!途中の仁保駅で5分停車。早速下車してSLを間近にパチリ。それから津和野、萩の古い町並みを散策。お天気に恵まれたのは嬉しいけど、暑過ぎる!

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

錦帯橋

錦帯橋
JRの「おいでませ山口・デスティネーションキャンペーン」にのったわけではないけれど、今年の夏休みは、広島、山口へ。東京から広島まで新幹線で約4時間。それからバスに乗り換え岩国へ。「錦帯橋」は日本三名橋の一つで木造五連の太鼓橋。橋を渡り5分程歩くと、お金が貯まるという御利益のある白い蛇がいる観覧所があると聞いたので、これは行かねばと。側の白蛇神社で白蛇の脱皮した皮を入れた白いお守り「白蛇袴」を頂いたので、少しはお金が貯まるかも。

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

ゆとりの空間

Img_1295_2 夏休み初日、どう過ごそうかと思っていたら、友達から、栗原はるみさんプロデュースの「ゆとりの空間」に行って、水曜限定の「栗原さんちのランチビュッフェ」食べない?とお誘いが。栗原はるみさん自慢のレシピを実際に食べられるチャンス!恵比寿駅西口改札から徒歩5分。駒沢通りをまっすぐ進み、恵比寿南交差点を過ぎ、右折したところに「ゆとりの空間・恵比寿本店」がありました。「健康サラダ」「揚げ鶏のねぎソース」「ハヤシライス」「トマトときゅうりのスプーンサラダ」「さばの香味焼き」等々、おなじみのレシピのフードメニューに、「クリーミーごまゼリー」「 シフォンケーキ」などのデザートも。どれも丁寧に作られて、とても美味しい。特に、デザートの「クリーミーごまゼリー」は絶品!おかわりをしてしまったほど。90分の制限時間、しっかり食べて満足、満腹。

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

今村順子 作品展

Img_1764 ”ゆらぎ”とでもタイトルをつけたいような、今村順子さんの白い器。ろくろで成型してから、削って、削って、このゆるやかなカーブを描く形を作り、素焼きして、本焼き。そして、雲母をのせて再度焼くという手間と時間をかけて、創り上げた作品と聞きました。雲母のキラキラが桜貝のように繊細で美しく、透けてみえるくらい薄く、軽い。「恵那寿や」の栗納豆を一粒置いたら、まるで一輪の花。今村順子さんの作品展は、17日まで銀座・日々で。

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

アイス抹茶

Img_1690 時々、スーパーの棚で、変わったネスレ製品を見つけると、コーヒーが苦手な私でも飲めるかな?と、つい手に取ってしまう。これは、期間限定の「2FLAVORS ICE あずき抹茶ラッテときなこ抹茶ラッテ」。二つの味が楽しめるように各2本入り。冷たい牛乳に溶かして飲むので、オフィスでは使いにくいけど、家で飲むならOK。あずき、きなこ、抹茶味は、結構好き。単なる抹茶ミルクでないところがネスレらしい?

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

「きれい をかなえる、暮らしの手わざ・道具展」

伊勢丹・新宿店本館5階の「ザ・ステージ#5」で、田中敦子さんがセレクトした品々が並ぶ「きれい をかなえる、暮らしの手わざ・道具展」(19日まで)を開催中。伝統的な職人の逸品から人気作家、新進の工芸作家の作品まで、並ぶという。銀座・日々や原宿・粋更の企画展で知った作家さんの作品(荒川尚也さんのお香立てやグラス、加藤 財さんの急須、ポット、Img_1746坂野友紀さんや宮下敏子さんの作品など)を、デパートで見るのは初めて。なんだか、ちょっとワクワク、ドキドキして旧友に会ったみたい。企画展や、こういう機会でもないImg_1745_2と、なかなか出会えない作品ばかりの中で、選んだのは、坂野友紀さんのティースプーンと菓子切り、そして、バスケタリー作家・宮下敏子さんの「まきの葉の土瓶敷き」。

| | コメント (0)

2008年8月 9日 (土)

塩キャラメルのアイスクリーム

Img_1700 こう暑いと何もやる気が起きないけど、“ほんのり塩味がきいた甘いキャラメルアイスクリーム”のレシピを見たら、市販のアイスにも飽きてきたし、作ってみる気に。作り方は、片手鍋に砂糖100g、水大さじ1を入れて、混ぜずにそのまま中火にかけ、全体が褐色になるまで煮て、火からはずし、ぬれ布巾の上にのせて色を止める。人肌に温めておいた生クリーム(乳脂肪分40%以上の動物性のもの)1カップを少しずつ注ぎながら溶かし、再び火にかけて一度煮立たせ、自然塩小さじ1/2、牛乳1カップを加えたら火を止め、粗熱をとる。金属の容器に入れて冷凍庫で冷やし固める。まわりが固まってきたら泡立て器でよく混ぜて空気を入れて、さらによく冷やし固めて出来上がり。一番心配したのは、焦げないように気をつけてキャラメルを作ること。ほんの少し、火から下ろすのが早かったかもしれないけど、何とかうまくいったみたい。出来上がりは、甘い濃厚なミルクにほんのり塩味、粘り気もあってメチャクチャ美味しい!!でもね、全量で1461カロリー。少しずつ食べないと大変なことに。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

zuccaのポケッタブルバッグ

Img_1733ファッション雑誌って滅多に買わない。なのに、InRed(インレッド)9月号の特別付録が「zuccaチェック柄・ポケッタブルバッグ」!と知ったら、もうそのままレジへ直行。それも数年前、奮発してzuccaでコートを買ったとき、販促品としてもらったバッグと同じ形!ポーチ(zuccaのロゴの部分)のチャックを開くと、大きめサイズ(36×22.5×10cm)のお買い物バッグが出てくるというスグレモノ。コンパクトに収納できて、重宝したのに、もう手に入らないなぁと思っていたので、すごく嬉しい。ただ、ただ付録が欲しくて買ってしまったぁ…ちなみに来月号の付録は、「ツモリチサトMYはし&猫キャップ付きケース」。

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

homspunのクロス

Img_1248 「homspunでもクロスを扱っているの?」って思うでしょう?このクロス3枚セットが、ショップの片隅にそっと置いてあったので、聞いてみたら、homspunでは服以外に布バッグも制作していて、その残り布で作ったとか。綿麻素材3枚セットで、この微妙な色のセレクトがいかにもhomspunらしいと思う。クロスは、何枚あっても困らないので(むしろ嬉しい)、ついつい財布の紐もゆるみがち。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

女子カメラ vol.7

Img_1694 最近、全く一眼レフを持って外出していない。平日は無理でも、週末くらいは撮影に行こうと思っても、この暑さ。気分は萎えてしまう…。で、カメラのイメージトレーニング??というわけでもないけれど、写真の本を眺めて自己満足。それも技術的な解説本でなく、全くラフな本。この「女子カメラ」は、女の子が好きなスイーツやお料理、雑貨、ペット、お出かけ写真など、ゆるーい、ほんわか、かわいい写真がいっぱい。でも、わんこにゃんこ写真の撮影テクニックや、レンズの選び方なども丁寧に説明しているので、ちょっとはタメになるのです。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

黒船ラスキュ

Img_1671カステラのオーブン焼き「黒船ラスキュ」。カステラの風味をそのまま焼き菓子にしたもの。カステラを切ってオーブンで低温焼して、ラスクにするっていう発想が面白い。サクサクして、軽く、冷たいミルクといっしょに食べると、口の中で溶けて、カステラを食べたときと同じ風味がして、とても美味しい。カステラ好きにはオススメ。日持ちもするし、カステラと違って、分けやすく、フォークもいらないので、手土産に喜ばれると思う。ギフト用の缶入りや紙箱入り以外に、家庭用に1本から量り売りしてくれるのも嬉しい。

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

atatボタン

Img_1717 暑いですねぇ~。もう毎日カゴバッグ。5月に鎌倉のnugooさんで見つけたtakanecoさんの手編みカゴ。上にふわっとガーゼ素材のハンカチをかぶせて、端と端を革の持ち手に結び、そこにatatさんの革のボタンを留めてみました。このリメイク???自分としては上出来?だと思うのですが、いかがでしょうか?友人やショップの人に可愛いと褒められ、ニンマリ。

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

AED講習会

Img_1285住んでいる集合住宅のエントランスホールに、AED(自動体外式除細動器)が設置され、居住者向けの講習会があったので、出席しました。東京消防庁の方の指導を受けて、人形を使って救命手当を体験してみましたが、いざ緊急のとき、うまくできるかどうか不安。でも、一度でも人工呼吸と胸骨圧迫、AEDを体験すると、できるから大丈夫と言われたので、講習を受けてよかったなと。救命手当の要領を、メモしておきます。1.肩をたたきながら声をかける。2.反応がなかったら、大声で助けを求め、119番通報とAED搬送を依頼する。3.気道確保と呼吸の確認。4.普段どおりの息がなかったら、人工呼吸を2回行う。 5.人工呼吸が終わったらすぐに胸骨圧迫30回(胸骨の位置は胸の真ん中) 6.AEDが到着したら、まず電源を入れる。 7.電極パッドを胸に貼る(パッドに書かれた絵のとおりに) 8.電気ショックの必要性をAEDが判断する 9.ショックボタンを押す

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

玉村クニコさんのふきん

Img_1581_2Img_1575相変わらず布ものフリークが続いています。ふらりと立ち寄ったファーマーズテーブルの壁にかかっていたのは、「玉村クニコさんのふきん」。このミシンステッチがなんともいえずオシャレでしょう?よく見ると、表糸と裏糸が色違いで、ちょっとめずらしいなぁと思って、裁縫の得意な友人に話したら、表地と裏地の色が違うときによく別色の糸を使うよと、あっさり言われてしまいました。でも、ふきんに使うのは、シャレていると思 いません?

| | コメント (0)

2008年8月 1日 (金)

クウネル vol.33

Img_1544今回の特集は、「イギリスの庭」と「小さな庭の大きな発見」。付録に「ばらを植えよう 鉢植えで育てるオールドローズ」(挿絵がとても素敵)も。でも、一番面白かったのは、ずっと後ろのページに出ていた「井上由季子さんの紙ラブ。その紙、その箱、捨てるの待った!」私たちが見向きもしない紙(缶ビールのパッケージ、ペラペラの組み立て箱など)を、ひっくり返し裏返ししてもう一度使うのです。ペラペラのお菓子箱を裏返して、小さな紙切れをコラージュすれば、わざわざラッピング用品を揃えなくてもりっぱなプレゼントボックスになり、切りためておいた紙にメタリックグレーのインクでスタンプを押し、ドーナツシールを貼ると、「裏紙コースター」の出来上がり。資源ゴミにしていた紙も「切れ端メモパッド」に。「定規よりフリーハンド、きっちりより適当。巧まず力まずの再利用」ならなんとか私にもマネできそう。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »