« 平岡あゆみさんのリネンの鍋つかみ | トップページ | in-kyo「シェーカーBOX展」 »

2008年5月31日 (土)

Ekoca

Img_0574 布作家・石川ゆみさんのお店は、恵比寿駅西口を出て、坂道(結構急!)を上り、角を曲がったちょっとわかりにくいところにあります。目印はビルの1階に置いてある小さな看板。階段を上り、2階のドアを開けると、石川さんがセレクトした作家さんの陶磁器や木製品、ガラスなどが並んでいます。すべてひとつひとつていねいに作られた作品や道具。でも、一番先に目に付いたのは、大きな木のラックに掛けられた布もの。石川ゆみさんがデザインしたオリジナルの台ふきんや、ハンカチ、エプロン、巾着など(今、私は、作り手のぬくもりが感じられる布ものに夢中)。台ふきんは、赤い縁取りにステッチがしてあり、台所仕事も楽しくなりそう(色違いの黒もあり)。雑貨のお店のラッピングは、店名をスタンプで押したごくシンプルな紙袋に入れてくれることが多いけど、それでもいろいろこだわりがあるようで楽しい。このEkocaさんは、袋の口を閉じるのにリネンの小さな端切れを一緒にホチキスで留めていました。それがなんともオシャレ。

|

« 平岡あゆみさんのリネンの鍋つかみ | トップページ | in-kyo「シェーカーBOX展」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平岡あゆみさんのリネンの鍋つかみ | トップページ | in-kyo「シェーカーBOX展」 »