« 封緘印 | トップページ | しょうがジャム »

2008年2月29日 (金)

むすび梅

Img_4838 3月8日まで湯島天神は「梅まつり」。その天神下交差点にある和菓子のお店「つる瀬」周辺は、湯島天神へ行く人で連日大賑わい。和菓子が並ぶショーウインドウの上に、「ぶらり途中下車の旅」や「はなまるマーケット」で紹介された「むすび梅」が並んでいます。「むすび梅」は、もち米と大豆を蒸し、切り昆布を挟み梅干しをのせたおこわで、昆布と梅干しのほどよい塩加減が美味しく、桜が咲いたらお花見に持っていきたい一品。Img_1031_2 「むすび梅」の由来は、湯島天神内にある樹齢190年の古木で、幹が雌雄二枝に分れ、先の部分で結び合った珍しい白梅「むすび梅」にあやかり、かたちは、白梅に隣接する石碑「奇縁氷人石」を模したそう。写真は、その「奇縁氷人石」。境内の白梅は5~6分咲きで、紅梅は、開花間近。

|

« 封緘印 | トップページ | しょうがジャム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 封緘印 | トップページ | しょうがジャム »