« 成田理俊さんの鍛鉄 | トップページ | 昔ながらの暮らしの知恵 »

2008年2月26日 (火)

とろりんとう

Img_4468 疲れたとき、無性に甘いものが欲しくなる。そんなときに食べたら美味しくて、やみつきになったのが、この「浅草むぎとろ」の“とろりんとう”。最初、口に入れると、黒砂糖そのものを食べているような甘さにとまどうけど、噛むと意外に柔らかく、口の中でじゅわーっと広がる感じ。それは、やまいもを練り込んでいるから、しっとり柔らかな食感になるそう。とろろ懐石料理のお店がつくったお菓子だから“とろりんとう”?ネーミングがうまいなぁ。

|

« 成田理俊さんの鍛鉄 | トップページ | 昔ながらの暮らしの知恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成田理俊さんの鍛鉄 | トップページ | 昔ながらの暮らしの知恵 »