« 開拓おかき | トップページ | 爾比久良 »

2007年10月 3日 (水)

グスタフスベリのSPISA-RIBB

Img_3439 以前に本で、このグスタフスベリ社のSPISA-RIBB柄を見て以来、ずっといいなぁと思っていたら、復刻版を手にすることができました。SPISA-RIBB(スピサ・リブ)柄は、1955年にリンドベリがデザインしたもの。復刻版スティグ・リンドベリシリーズは、当時のままの設備で、昔ながらの手作業による製造方法を採用しているとのこと。チョコ茶と手描きの黒のストライプがとても新鮮で、50年以上前のデザインとは思えません。SPISAとは“食べる”、RIBBとは“棒”という意味だそう。今回イルムスに入荷したのは、このティーカップとコーヒーカップと18cmプレート。

|

« 開拓おかき | トップページ | 爾比久良 »

コメント

toytoyさんのお宅にも続々と北欧食器が〜!!
スピサリブの意味、初耳です、フムフム。
プレートを1枚だけ持ってて
何とあわせても相性いいのでとっても使いやすいです。
カップもいつか欲しいです♪

投稿: うた | 2007年10月 4日 (木) 16時39分

北欧熱、一向に冷めません。
イルムスに行くのをセーブしようとしているのですが、ついつい足が向いてしまいます。
ちょっとマズイ…

投稿: toytoy | 2007年10月 4日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開拓おかき | トップページ | 爾比久良 »