« パッションフルーツ | トップページ | かりんとうチョコレート »

2007年9月 7日 (金)

一田食堂

Img_2893 インテリアライター・一田憲子さん家の食卓は、いろんな場所で出会った人が集まり、家族のように食卓を囲むことから「一田食堂」と呼ばれているそう。古きよき時代の日本家屋を思わせる一田家の食卓は、リンゴ箱の上に伊勢型紙を作るときに使ったという古い板をのせたもの。そこに並ぶのは、一田さんがひとつ、ひとつ集めた作家さんの器に盛られた手づくりのお料理の数々。器と料理の取り合わせが素晴らしく、実に美味しそう。最初、さっとページをめくってしまい、後からもう一度じっくり読んだら、ちゃんと作家さんの名前と購入先も紹介してありました。実際に、友人(エッセイストの中川ちえさん、アンティークショップ「ラウンダバウト」店主小林さんご家族)を招待したときの楽しい食卓の様子も。

|

« パッションフルーツ | トップページ | かりんとうチョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パッションフルーツ | トップページ | かりんとうチョコレート »