« エコエコぼうる | トップページ | SPOONFUL »

2007年5月11日 (金)

坂野友紀+堀 仁憲 二人展「食卓の風景」

Img_1887 今、銀座「日々」で金属工芸作家・坂野友紀さんと陶芸家・堀 仁憲さんの二人展「食卓の風景」が開催されています。このバターケースは、真鍮の蓋を坂野友紀さんが、白磁の器を堀 仁憲さんが作っているまさに共同作品。バスケットに入った“エシレバター”を入れるのにぴったりのサイズで、この形のものをずっと探していました。同じ真鍮で作られたバターナイフも添えて。真鍮のスプーンは、堀井和子さんの著書「こんなふうに食べるのが好き」で、スタイリストの岡尾美代子さんとカメラマンの公文美和さん、二人ともシリアルを食べるときは、大きめで、ずしっと重さのある、格調を漂わせているような銀のスプーンを使う、というのを読んで(これは真鍮ですが)ずっとこんな感じのスプーンが欲しいなと思っていました。

|

« エコエコぼうる | トップページ | SPOONFUL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エコエコぼうる | トップページ | SPOONFUL »