« 和のおかず | トップページ | ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展 »

2006年12月12日 (火)

SUWADAのつめ切り

Img_0152「天然生活」のコラム、“大人になって知った楽しみ”「おとなの時間」に、「おとなっぽい、と感じるもの」という特集があり、「くちなしの花の香り、青い山椒の香り」とか「薄いグラス。先の細い箸。磁器」などの中に「気に入ったつめ切りを持っていること」というのがありました。そう!私は気に入ったつめ切りを持っています。「SUWADA」のつめ切り。もうこれ以外では爪は切れない!と思うほど。私は“eyeco”の通販で買ったのですが、同じものが原宿の「粋更」でもありました。SUWADAのつめ切りは、爪本来のかたちに徹底的にこだわっているそうで、この形も一見使い難いようですが、使ってみると、何のストレスもない切れ味にびっくりします。まさに一生ものに値する道具。

|

« 和のおかず | トップページ | ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和のおかず | トップページ | ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展 »