« LeTAO | トップページ | 低塩だし醤油 »

2006年11月 9日 (木)

岩田 圭介 陶展

Img_4302 ずっと欲しかった岩田 圭介さんの器。やっとZakkaの「岩田 圭介 陶展」で出合えました。「粉引」のマグカップとお皿。マグカップは、カップの部分と持ち手の色が違っている。お皿は真ん中にまるでおへそのように赤い点がついている。両方とも遊び心がたっぷりで、すごくいい感じ。「粉引」の器を水に浸すと、シミがあらわれるのは、釉薬の下の白の粘土に水分が染み込むせいで、水だけだと、時間が経って乾くと消えるけど、お醤油や食べ物の汁が入り込むと、消えないシミとなってしまう。使う前に水に浸しておくと、さきに浸透した水が、食べ物の汁などの浸入をある程度ふせぐそうなので、使う前15分の水浸しと、使ったあとのしっかり乾燥、等、「粉引」の器は、ほんのちょっと手がかかるけど、使うたびにそういう手入れをすることが、また楽しく思える器です。

|

« LeTAO | トップページ | 低塩だし醤油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LeTAO | トップページ | 低塩だし醤油 »