« ごろすけ家族 | トップページ | 水切りバネット »

2006年9月 4日 (月)

池の尾

Img_3622この田畑茶舗の「池の尾」は、今発売中のクロワッサン(692号)の「手みやげをひとつ」でパトリス・ジュリアンさんが「信州で作られる、斬新な味の緑茶。」と紹介していたお茶です。お茶好きなので、すぐにネットから取り寄せてみました。まずその鮮やかな色にびっくり。そして微かにトロミと甘みを感じるような濃厚な味にもびっくり。煎茶と抹茶の中間のような感じ。玉露の粉茶、かぶせ芽茶をブレンドし、固形茶(粉茶、海苔)入りなので、和菓子と一緒にいただくとぴったり。普段飲んでいる煎茶に少し混ぜてもいいかも。パトリスさんは、「手みやげは、心遣い。好きな人とは、幸せな気持ちをシェアしたい、と思うでしょう。それが形になったもの。何かを渡すことって“気の交換”なんだ、と思います。」と語っています。

|

« ごろすけ家族 | トップページ | 水切りバネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ごろすけ家族 | トップページ | 水切りバネット »